本宮市本宮 ”金丸本店”

内容も味も忘れたくらいに久しぶりとなるのだが、本宮市本宮字中條68の金丸本店に行ってみた。近くということもあり却って足が遠のいていたのかも知れない。

店舗の前には二台ほどの駐車スペースがあるのみで、正式な駐車場は30mほど離れた所にある。店舗前には車が停まっておらず、空いてるかと思いきや地元の人や近くのサラリーマンでほぼ満席だった。

畳み席は空いているが、腰痛があり苦手なので椅子席が空くのを暫し待つ。席は四人テーブルと二人テーブルが各二卓、小上がりの四人テーブルが四卓。店内がやや狭く、小上がりへの通路が窮屈だ。

一般的食堂的メニューに加え、ラーメン店として県外に知られるようになり、醤油、塩、味噌の種類がある。


金丸食堂と云えば鶏肉専門店、従ってオーダーは迷わず鶏の旨味が味わえる鶏塩チャーシュー麺。スープは最初口に含むとムッとするが、魚介系のスープとは異なり二口三口と進めばその感じはなくなる。表面には鶏の脂が浮いているものの、塩のあっさり感との相乗効果により中和されまろやかな深みがある。


やや黄色い中太麺はおそらく他の製麺所のものだと思うが、癖がなくスープに合う。豚バラチャーシューは適度に噛み応えがあり、ややしょっぱめに味が染み込んでいる。また最初の画像をご覧のように、ゆで玉子や水菜などビジュアル的にも映えております。


次回はさっぱりした味わいと云われる醤油ラーメンを食べてみたいのだが、以前当ブログにUpした安達郡大玉村「鈴木食堂」の主人はこの金丸食堂で修行をしており、味がどのように伝達されているかを知ることも面白い。


本宮市本宮字中條68 月曜定休 (祝日の際は翌日休業)


風に語りて - Talk to the Wind -