耶麻郡磐梯町 磐梯吾妻レークライン

今日は仕事なのだが、裏磐梯の紅葉は如何なものかと久しぶりの03:30起きで行ってみる。行き先は耶麻郡北塩原村大字桧原”磐梯吾妻レークライン”からの秋元湖俯角、昨年の10/18は見頃だったので大いに期待するも、今年はかなり送れているのかまだまだといった景観だった。

暗い内から構図を決め明るくなるのを待つが、今朝の朝陽は天気が良すぎるというかどうもイマイチ。雲があればドラマティックな表情になったかも知れない。

早朝は何処かの湖岸で撮影していたのか、泊ったペンションのオーナーが案内し団体様がやって来た。でもここまで陽が昇ってしまうとちょっと遅いですよ。


「秋になる朝」~ F10・SS1/5・ISO200・C-PL ~


撮影時間は06:04、太陽が昇り始めC-PLの効果が現れ装着する。雲海が手前の山に登って来るといい感じになるのだが、今日は此処まで。また太陽が昇るとその手前の山々にも陽が当たってしまい、あまり景観が宜しくなくなる。


レタッチはちょっと寂しい手前の山々を暖色化。空の赤色をやや強調し全体的に明暗を整える。来年は山々が綺麗に色付いた頃に訪れたいのだが、早朝の放射冷却現象による雲海の発生タイミングを見極めることが重要となってくる。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。