南会津郡南会津町 ”恋路茶屋”

恋路茶屋は国道352号線沿い、野岩鉄道会津鬼怒川線と会津鉄道の接続駅になる会津高原尾瀬口駅に隣接する”会津高原駅プラザ 憩の家”内にある食事処。

この駅は鉄道を利用した際の檜枝岐村や尾瀬への玄関口になり、此処からは路線バスに乗り換えるのだが、檜枝岐村まで凡そ50kmと随分離れており、田舎の駅ながら利用客の待ち時間消化なども兼ねプラザが設置されているのでは‥と、勝手に想像している。
個人的には前沢の前沢曲家集落や高杖のソバ畑、そして桧枝岐村などなどいつも駅の前を通っているのだが、立ち寄るのは今回が初めてとなる。

上画像、左側の階段はプラザ屋内からの駅舎入り口。下画像、土産店の一角が恋路茶屋。

恋路茶屋の店内とメニュー。メニューは至って普通の内容であるが、多くは仕入れの形態となっていると思われる。注文などはカウンターに行って支払いを済ませるセルフ方式。

という訳で前々より話しを聞いていた、ソバ・うどん・ラーメンからなる三種合体麺を食べてみる。気になるのは通常ソバとうどんはツユ、ラーメンはスープであり、三種合体麺はどちらになるかだ。

結果はツユの方でした。ラーメンをツユで食べるのはどんなものかと思いつつ、これが慣れるとそんなに違和感はない。言い換えると食べ進む内に三種の麺の違いが気にならなくなっている。因みに量はやや多めになり個人的には嬉しい。
ソバにはかき揚げの天ぷら、うどんはわかめ、ラーメンはチャーシューとメンマ、そしてコーンと一通り乗っている。併しながら先に書いたようにチャーシューやメンマは仕入れ品となり、ラーメンの茹で加減が少ないのかちょっと硬かった。


価格が短期間で850円 ⇒ 950円 ⇒ 1.000円と上がっており、もしかして利益率は宜しくないのかと思いつつ、その満足感は食べた人によって大きく異なると思われ、機会があれば話しのネタに是非一度お試し下さい。


南会津郡南会津町滝原字夏井1086-1 無休


風に語りて - Talk to the Wind -