大沼郡昭和村 ”やまか食堂”

昭和村の役場、商工会、分遣所、そして小中学校と官公署が立地する国道400号線沿いにある老舗店。但し店舗が奥まった所にあり少々分かり辛い。

国道には上画像の看板が立っているのでそれが目印になる。また駐車場はないので、店の向かって右の保育所駐車場に停めるのが暗黙の了解ようだ。因みに訪れたのは平日なのだが、保育所は静まり返っていた。

店内は昔ながらの佇まいでテーブルも昔ながらの小さいサイズになり、小上がり四人席が二卓、四人テーブル二卓、二人テーブル一卓。平日の昼時ということもあり、お客さんはほぼ先に書いた官公庁の人達のようだ。

メニューは一般的な丼もの、定食、ラーメン。国道沿いの看板に自家製手揉み麺と書かれているが、店内には一切その表記はない。

やまか食堂のソースカツ丼は予てより話しを聴いていたの迷わず注文。

家人はチャーシューメンを注文。チャーシューメンの650円ってとても安いと思う。


カツ丼の肉は厚みがありビジュアルも良いです。スジっぽさはなく適度な噛み応え、そしてコロモの具合と相俟って美味いのだが、食べ進むに連れソースのしょっぱさが口に残るのが残念。また後から知ったのだが、味噌汁ないしスープは別料金50円になる。


ラーメンの麺は適度な弾力があり至ってシンプル、チャーシューは味が染み込み美味しいとのことだが、スープがちょっと油っぽいというかくどさが残るようだ。


さて田舎の食堂で困ること、それは全てではないが営業形体が不定休であること。行き慣れた店が二回続けて休んでいたりすると意気消沈、田舎ゆえ別の店を探す、ないし行くのが大変だったりする。


大沼郡昭和村大字下中津川字中島1618 不定休


風に語りて - Talk to the Wind -