田村郡小野町 ”卸食事処 伽羅”

いわき市へ向かう際、往復路に国道349号線を使う。そして田村郡小野町から国道49号線、ないし夏井川沿いの県道41号線の何れかを選択するのだが、町内の国道349号線沿いに立っている羅漢らーめんの看板が前々から気になっていた。

いつもは店の前を通過するのが朝もしくは夜になり、立ち寄る機会がなかったのだが今回初めて入店。因みに店名は伽羅(きゃら)と読む。

外観に反し中はかなり広い。入って左側は小上がりが数席、右側は四人席テーブルが六卓とカウンターがある。

年季の入ったメニュー冊子を広げると一般的な食堂の内容となるが、麺は細麺・細ちぢれ麺・ストレート麺・中太麺・太麺が選べ、ラーメンが主となるラインアップのようだ。


聴けば羅漢らあめんは中国で漢方薬等で使用される羅漢果(ラカンカ)をすり潰してスープに加えるとのこと。また近くには400体以上の羅漢像が奉納された東堂山満福寺があり、ラーメンの名称はそこから名付けられた。

という訳でさっぱり&中太麺の羅漢らあめんを注文。まずはスープを一口、最初に魚介系の味がするが何時までも口に残ることはなく、続いて程よいしょっぱさが口内に広がる。
薄味が多い中、人によっては塩辛く感じるかも知れないが、個人的には単にしょっぱいだけではなく独特の味とコクを感じる。
おそらくそれは羅漢果によるものかもだが、なかなか奥の深い味わいだ。また羅漢らあめんには角煮が具材として乗っているが、トロトロで大変美味しゅう御座いました。


田村郡小野町大字小野新町字美売56-13 木曜定休


風に語りて - Talk to the Wind -