大沼郡金山町 中川駅周辺+etc

昨日になるが大沼郡金山町大字中川字大田面、中川駅近くの撮影に行った。昨年の八月同様、国道252号線から只見線を撮る。

目的地に向かうに連れ雪深くなる。国道沿いに雪はないが、ちょっと脇道に入れば踏み切りも見えない程の積雪があり、未だ春遠からじの様相だ。

時間的に逆光となり、更に手前側の積雪の状態が宜しくなく、「昨年八月」の画角は難しいのでテレ側の構図とした。積雪+逆光はどうしても色彩が良くない。影部は青くなり背景の杉林は茶褐色で決して綺麗とはいえず、撮影中からモノクロ化の方向性で露出を決めた。手前側の陽が当たった積雪部の白トビを押さえ、全体的にコントラストを+補正し各々の輪郭を際立たせる。屋根の照り返しコントロールの必要性があり、フィルターはC-PLを使用。
所でこの画角の場合、三両編成の列車でなくて良かったと今になって思う。また下の動画をご覧頂くと分かるが、国道を行き交う車がなくて助かった。

続いて大沼郡金山町大字水沼の第四只見川橋梁へ向かう。先に書いたように雲の出現は全くない快晴となり、土手を降ることなく国道沿いからあまり気乗りせず撮影。陽射しが陰る気配があれば午後の便を待つが、その兆候はなく早めに帰路に着いた。



風に語りて - Talk to the Wind -