いわき市川前町 宇根尻踏切り周辺

田村郡小野町よりいわき市四ツ倉に向かう県道41号線は磐城街道と呼ばれ、小野町の夏井川千本桜や紅葉の名所となる夏井川渓谷を始め、背戸峨廊、籠場の滝、鹿又川渓谷などなどが点在し、各所に田舎の風情を残す街道だ。但し道幅が狭く、且つ駐車スペースがないためゆっくり眺めることが出来ないのが残念である。

磐城街道と夏井川の傍らにはゆうゆうあぶくまラインと称される磐越東線が走り、踏み切りの多い街道となっている。

個人的にいわき市四ツ倉に出る際は磐城街道を使うことが多く、夏井川には東電の水力発電所が数箇所ある。


福島県は太平洋側から浜通り、中通り、そして会津の三地方から構成され、会津と中通りの境には奥羽山脈、中通りと浜通りの境には阿武隈山系が連なる。県道41号線はこの阿武隈山系を横断するようになるのだが、山間ということもあり春の訪れは遅い。


春ハ未ダ」~ F8・SS1/3・ISO320 ~


15日の早朝、私用で県道41号線を使う。途中いわき市川前町川前字宇根尻の宇根尻踏切りで霜が降りた風景に足が止まった。この日はたまたまカメラを積んであり、短い時間ではあるが撮影を行う。


先を急いでいたので手持ちによる撮影はSS1/3秒などなど、露出は目茶苦茶で等倍で見ると小屋脇の枯れ草にややブレが生じている。従ってBlogへのupを考慮していたのだが、ブレがある部分にハイパスを施し、全体にモノクロ加工を行い彩度を落とす。加えてコントラストと明暗の調整を行い良しとした。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


風に語りて - Talk to the Wind -