いわき市小名浜 ”支那そば 一力”

一月以来となる支那そば 一力、開店前に到着し一番乗りとなった。

四月になったので味噌ラーメンは終了、秋まではラーメンと塩ラーメンのラインアップ。

入店時に食券を購入。販売機の上には佐野実氏の写真が飾られている。個人的に食券方式は好きではない。食べたいメニューやトッピングなどがどのボタンかを探すのに時間がかかり、特に始めての店やお年寄りは戸惑うのである。

厨房や店内は綺麗です。客席は四人及び六人席テーブルが二卓ずつ、他は十席のカウンターになる。

チャーシューメン 950円。私は本家支那そばやの味を知らないが、例えば食べログなどを見ると開店時から使われる食材が変化、徐々に味も変わってきているようだ。併しながら個人的には好きなラーメンの一つだったりする。


鶏、豚、煮干からなるトリプルスープはクセや匂いがなく、あっさりしながらコクがある。大きくて厚みのあるチャーシューは口に入れるととろけるタイプではなく、しっかりとした噛み応えがあり肉を食べているといった食感がある。

前回に比べ小麦の香りが感じられなかったが、中太ストレート麺はスープに絡み歯応えが良い。気になるのは値段。開店直後並びに佐野氏のように食材に拘るのであれば、相応の単価になってもおかしくないのだが、ビジュアル的にも現在のチャーシューメンは少々お高く感じる次第だ。


いわき市小名浜中町境4-11 月曜・第三火曜定休


風に語りて - Talk to the Wind -