郡山市菜根 ”餃子とタンメンの店 大三元”


一年半ぶりとなる「餃子とタンメンの店 大三元」、昼は混むので13:30過ぎに行ってみたのだが、店舗入り口に数人が待つ満席状態だった。

店舗前に数台駐車できるが、メイン駐車場はちょっと離れた場所になる。店内はカウンター六席、小上がり四人席三卓、テーブル四人席四卓と記憶するが、混み合っていたので店内の画像は撮らなかった。

餃子とタンメン専門店と名乗るだけあり、メニューは他に飲み物があるのみでいつもながらとても潔い。値上げ前は大盛と餃子でちょうど1.000円だったこともあり、オーダーは毎度決まっていたものだった。

今回は並盛と餃子をオーダー。タンメンは塩ラーメンと異なり塩で味付けした野菜炒めにスープを加え麺にかけるのだが、一口啜ればすっきりした塩味と野菜類の程よい甘さ溢れる熱々スープが胃袋に吸収され、イメージ通りのタンメンの味わいを堪能、加えてシャキシャキしたキャベツの食感が伴う逸品であります。


大三元のHPでは中太縮れ麺と記されているが、見た目ストレートの麺は程よい硬さを保っており食べ応えがある。以前も書いたが個人的にはキクラゲの量、及び動物性のコクがもうちょいあっても良いように感じる。つまり一日一回食べられるあっさり感があるものの、反面飽き易いと言い換えることも出来る。

餃子もまた逸品であります。最初にお断りしておくが、食後のニンニク臭を気にするなら食べない方が良い。店オリジナルのラー油があり、パンチの効いた辛味とニンニクの二重奏に、大三元の餃子を食べると他の餃子はちょっと・・・と、いう気分になってしまう。


郡山市菜根3-12-12 年末年始休み


風に語りて - Talk to the Wind -