いわき市四倉町 ”中華そば 島風”

四倉町上仁井田の住宅街にある島風、私のあまり好まない節系のスープということだが、果たしてどんなものか今回初めてお邪魔しました。

国道六号線から入って凡そ150m程だろうか、道の細い住宅街になるが大きな看板が道沿いに立っているので直ぐに分かった。

苦手というか嫌いな食券方式。その理由は以前も書いたように、初訪問の際は何があるのかかなり迷い時間がかかる。時間がかかると後の人を待たせることになるからだが、島風は醤油と味噌の二味+つけめんになり、思ったよりスムーズに選択できた。
店内はカウンター五席、テーブル十席。昨年三月にオープンしたばかりなので綺麗です。

上 チャーシュー中華そば 980円 、下 味玉中華そば 780円。


魚粉が入り濁ったビジュアル。まずはスープを啜るとカツオやサバ節に加え、鶏ガラの濃厚な味わいが口内に広がります。そしてそれらは複雑に絡み合っているのか、奥深い味わいを感じる。先に節系は好まないと書いたが、見え隠れせずこのように前面に押し出してくればまた話しは異なる。
チャーシューはとろけるタイプではなく、適度な噛み応えがあり旨味が広がる。因みに魚粉はザラザラ感が残る程の量ではなかった。

自家製、低加水ストレート細麺。節系の麺はストレート細麺が多いように感じるが、確かにスープとの相性や喉越しはチヂレ麺より勝るかも知れない。

上 味玉みそ中華 850円、下 チャーシュー丼 200円。


味噌は中太麺になり、辛し味噌を混ぜながら食べる。ちょっと味見をしたのだが、ちょい辛さがある味わいは良かったです。
細かく切ったチャーシューにたっぷりネギのチャーシュー丼。タレは少なめだが七味と肉の味だけで十分美味かったです。これで200円は安いかも。


さて魚介系は好き嫌いがあり、全ての人が美味しいと思うことはないかも知れないが、私のようにあまり好まない人間でもOKだったことを記しておきます。


いわき市四倉町上仁井田字南浜46-4 木曜定休


風に語りて - Talk to the Wind -