河沼郡会津坂下町 会津坂下駅+etc

目は覚めるが早朝より出掛ける気力が湧かない今日この頃、只見川の川霧も終わりなので早朝から出掛ける用もないのだが、そんな訳で昨日の土曜は06:30に家を出た。

まずは国道252号線沿い、河沼郡柳津町大字細八字大巻のソバ畑に向う。小規模なソバ畑ながら背後には只見線が通っている。予定では会津坂本駅上り09:41発の426Dを撮るつもりであったが、到着すると踏み切りの警報音が鳴り出し下り08:40発の425Dを手持ちで撮影する。因みに下の動画は426D。


新涼爽花」~ F8・SS1/250・ISO200 ~


先述したように到着間も無く車両が近付き手持ちによる撮影であった為、構図や露出を即座に決定した内容。装着しいていたレンズが標準ズームであり、本来は中望遠域が適していたかも知れない。


天候が良すぎで車両に輝度差が生じレタッチにてその差を解消、また全体的に刺々しさがあり弱めにソフト加工する。WBは4600kに変更、加えてソバの花の彩度を-補正し白味を出す。


続いて今日の目的の一つである大沼郡会津美里町八木沢字七窪の蓋沼森林公園へ向う。いつもは田植え間もない景観を撮っているのだが、秋の稲が色付く頃を待っていた。毎度の立ち位置ではススキが邪魔になりちょっと左側に寄る。


秋ヲ見下ロシテ」~ F8・SS1/400・ISO400・C-PL ~


車両は会津高田駅下り13:30発の427D。毎度悩むのが構図、何処まで取り込むかで時間が過ぎる。約30分後の上り14:07発の428Dでは寄ってみたが、個人的には全体を広々と収めた画の方が好きだ。


色付いてはいるもののまだまだ緑色を残す田園、従って稲の色合い補正を行う。空気にクスミがありC-PLを使用、加えてコントラストをやや+補正し見通し感を改善する。


田園地帯となる会津美里町の只見線沿いをロケハンの後、河沼郡会津坂下町字五反田の会津坂下駅へ向う。幾度となく訪れてはいるが、車両の撮影は初めてのこととなる。

近くには堀部安兵衛誕生の地や中野竹子殉難地がある。駅の左側には春日八郎像が立っており、春日八郎&会津坂下駅といえば”赤いランプの終列車”であります。注:下の画像は春先に撮ったものです。

単線である只見線だが、会津坂下駅では以前上下線のタブレット交換が行われていた。また高校が二校あり通学などの乗降客が多い。画像は上り16:36発の430D。前々より冬季の撮影を行うつもりでいたが、今回はロケハンも兼ねた内容。


下 ル」~ F8・SS1/200・ISO400 ~


線路上の歩道橋から撮影。個人的には下り方面の風景が好みであり、その進行方向の車両となる下り17:36発の431Dを撮る。農家の方が焚き火を行っているのか、良い感じで煙が漂っていたが車両通過時にはだいぶ薄くなってしまった。


夕刻なのでセピア色っぽい画作りを行うが、WBを色々変えてみても思うような色合いにならず、レタッチでオレンジ色のフィルターを使用。もしかすると先の焚き火による青い煙が影響していたのかも知れない。後になって絞りをもうちょい開け、背景をもっとぼかした方が良かったかもと気付く。


夕闇が迫り、前々より稲が実る頃と思っていた場所に向う。それは帰路の途中になる会津若松市河東町八田字漆沢、国道49号線沿いから眺める会津村。田んぼの奥に会津村の旧家を模った家々があり、「新涼爽花」同様ロケハンなしのぶっつけ本番。


ぢいつと黄昏の中」~ F8・SS1/3・ISO200・HALF ND4 ~


初めからHALF NDを装着しての撮影。当初は田んぼと家々を撮っていたが、どうしても会津慈母大観音像のインパクトが強く構図に取り込む。立ち位置の直ぐ後ろは大型トラックなどが次々と通る国道であり、かなりのブレ写真を量産した。


全体の輝度差を補正、夕空の状況がイマイチであり、グラデーションによる明暗を施す。ここからでは観音像の顔の表情が分からず田んぼに降りて行く選択肢もあるが、そうなると全く別の構図となり、田んぼと家々を無視した内容となってしまうようだ。



@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


風に語りて - Talk to the Wind -

センサークリーニング

日曜日、海での撮影の際にセンサーの汚れに気付く。日記を読み返すと昨年の10月に清掃して以来なので、今回は長期間汚れなしで使うことが出来ていたようだ。

上画像、絞りF10でも目立つ。下画像は絞りF16で空をバックに撮った左上部の等倍、全体的に軽度な薄い汚れのようだ。

カメラのセンサーをアップ後、まずはエアーで埃を飛ばす。続いて先を細く平に削った割り箸にシルボン紙を巻き付け、無水エタノールを浸し円を描くように軽く拭き取る。汚れが酷い場合、一度二度の拭き取りでは汚れかえってがシミ状となり驚くが、焦らずシルボン紙を交換しながら綺麗になるまで繰り返します。詳細は下の動画を参照。動画ではAC電源を繋いでいるが、十分に充電を行った電池で対応できます。

レンズ交換式のデジカメを使う以上、これらの作業を自分で行うか否かが難題であり、メーカーのサービスセンターでも清掃を行うが、持ち込んだり田舎であればカメラを送ったりと手間がかかる。何より直ぐに使えないというのが厄介であり、それらを考慮し自分で行うようになった次第だが、やってみればとても簡単な作業だ。

清掃後、絞りF16で撮影。汚れのあった左上部の等倍。今回は三回の拭き取りで綺麗になった。コツという程ではないがシルボン紙は一回毎に交換、またサービスセンターでも完全に汚れを除去することは難しいようなので、通常使う絞りで写っていなければそれで良しとする。神経質にゴシゴシ擦ればセンサーを壊すことになり兼ねない。



風に語りて - Talk to the Wind -

いわき市好間町 ”麺屋 海山”

旧国道49号線沿いにある海山、桜エビが乗ったラーメンは如何なものかと初訪問。同じ敷地内の接骨院と共用の駐車場はとても狭いのだが他に二箇所ある。

一見するとこじんまりした店構えだが、中に入ると画像の右奥の方にもスペースがあった。客席は確認に至らず仕舞いだがカウンター15席、四人テーブル五卓、ちょっとしたカフェのようにお洒落な空間です。

開店前に並んだ際、常連客から個人的に醤油、そして炒飯が美味しいとの情報を得、醤油海山ラーメンと半チャーハンを注文する。

醤油海山ラーメン 715円、半チャーハン スープなし380円。

カイワレの緑と桜エビの赤が映え、ビジュアルは良好です。スープは見た目通りエビの味わいが口内に広がり、続いて二番手を期待するがこれといった変化がない。エビの味をカイワレが抑えてしまうので尚更だが、肩透かしを食ったような感覚。
早い話しあさっりしていてコクが感じられない。メニュー表に味の濃さなども調整できると書かれているが、次回はそれらを大いに活用したい。


チャーシューは程よく煮込まれややとろける形状、併しながらスープと同様といってよいのか味が染みておらずイマイチ感が募る。ストレート中太麺は適度にスープに絡み、これで味がもうちょい濃かったら言うことなしだ。
半チャーハンとはいえご飯茶碗くらいの量はあり、一般的チャーハンのイメージ通りで美味かったです。この味ならチャーハンと餃子といったオーダーも良いなと思いつつ、味濃い目の塩海山ラーメンも気になるところだ。


いわき市好間町下好間字鬼越89-3 月曜定休


風に語りて - Talk to the Wind -

いわき市小名浜 工場夜景+etc

03日の日曜、晴れたら久し振りに海の撮影に行こうと予定していた‥と、いう訳で出掛けてきました。撮影は夕方頃からなので、その前にあちこちロケハンを行いました。

まずはいわき市三和町合戸字内畑にある水石山公園。由来は山頂近くにある巨岩の頂に大きな窪みがあり雨水を湛えている。併しその水が枯れるといわき一帯に大雨が降るという雨乞い信仰の山とのこと。山頂には展望台がありなだらかな傾斜を登る。

展望台からいわき~太平洋を望む。夜景スポットとのことで来てみたのだが、市街地まで距離が遠いです。つまりレンズは望遠になるが、夜景の望遠って色々な意味で弊害があるものです。更にこの場所へ夜に一人で来るのはちょっと気が引けます。

続いて双葉郡楢葉町大字山田浜の岩沢海水浴場へ向う。此処はJ-VILLAGEアリーナの奥にある海水浴場だが、現在は閉鎖されており車を置いて徒歩で下るようになる。海水浴場は双葉郡広野町、東京電力広野火力発電所と接している。
朝ないし夕景で撮りたいシチュエーション、併しながら此処も水石山公園同様、暗い時間帯に来るのは気が引けるものの何れ撮ってみたい場所だ。

さて時間が良い頃となり、まずはいわき市久之浜町田之網字舟門の蟹洗海岸へ向う。先々月の末に訪れてはいるが、撮影でいわき方面へ来るのは五月以来になる。干潮は20:33となるものの夕方には潮溜まりに行けるかと思っていたが、台風15号の影響か波・風とも強く潮位が引かないので予定変更、駐車場からの撮影に切り替えた。


仄 景」~ F8・SS10・ISO200・C-PL+ND400 ~


ND400を使う撮影は久々になる。押し寄せる波のうねり感を表現したいのだが、なかなか思うような波がやって来ない。岩肌など暗い描写となり、レタッチで白トビを起こす手前までのハイキー処理を行う。
この構図では夕暮れを待つことはないと判断し次の場所へ移動したが、掴み所がないというのか、何の主張性も感じられない内容から”仄”の文字をタイトルに使った。


続いていわき市中之作字勝見ケ浦の竜ヶ埼鼻灯標へ向う。夕刻が近付くに連れ風は尚強くなり、気温がグッと下がりだした。毎度馴染みの場所だが思うような夕焼けは現れず、その代わりに月が昇っていたので構図に取り込むことにした。


月の位相」~ F8・SS2.5・ISO400 ~


構図は月の移動と共に立ち位置も変えた。暗くなると海面に月明かりが射し始め、且つ水平線上には赤味が残る空があり両方を捉える露出を模索する。
雲及び波の形状を考慮しながら数枚撮るものの、なかなかイメージする内容にはならないものです。色彩は空の赤と海面上に反射する月明かりをやや+補正、全体的に明暗の調整を行う。


最後はこれまたお馴染みのいわき市小名浜字渚で工場夜景を撮影する。車の光跡は近付いて来る車種やタイミングを見計らいながらの撮影になるが、これがなかなか面白く久々に楽しみました。

ただ風景として撮っても単調になってしまい、高い場所にある月を利用する。レンズを中望遠に交換し月の画像とカメラ内合成を行うのだが、交換時にカメラの電源をOFFにするため二重露出を使えない際の方法。


じをらま」~ F8・SS25+1・ISO200・2 Composite Photo ~


合成で使う月は一例としてファインダー内のグリッド線を使い、凡その位置を決める。撮影後すぐに合成を行い位置を確認、芳しくない際はその繰り返しになる。時間を要する作業だが、可能な限り現場で行った方が間違いない。合成及び二重露出の色調的利点として、内容にも寄るがエッジ部などの刺々しさが緩和されると思うのは私だけだろうか。


工場夜景の白トビは避けられないものであり、光跡を撮るので一層露出時間は長くどうしてもその表情は激しくなる。従ってレタッチはその部分の色調や明暗の調整を行うことになる。HDRのソフトを所持していないのだが、それらを使うのが良策かも知れない。
この構図と撮り方は「2014/01」の温習になるが、煙の表情や通り過ぎる車二台分の光跡などなど、その時々の現象に左右されるものの前回の方が良かったと思う。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


風に語りて - Talk to the Wind -

東茨城郡大洗町 ”浜乃納屋”

下の動画で以前より知っていた浜乃納屋、大洗に行く機会は多いものの要約入店してみました。サンビーチ通りと云われる県道2号線と国道51号線の交差点からちょっと入り込んだ場所にあり、車などで走行中この店に入ろうといった感覚ではなく、客層は私のように事前に知っていた、ないしリピーターになると思う。

店内へは階段を登るようになり、お年寄りや車椅子のお客さんに適した作りではないようです。昼時だが平日なので席は空いており、入って直ぐの四人席テーブル四卓~五卓の他は広々とした座席形状の客席になる。

メニューは単品を含め釜飯や丼ものと選択肢が多いです。個人的に多過ぎると面倒だと思ってしまうタイプでもあり、ランチメニューから選んだ。

ランチメニュー画像。他の客席を見渡すと下動画のジャンボかき揚げをオーダーする率が多く、その殆どは食べ切れず持ち帰りでした。因みに肉料理は一切ありません。

店内からは大洗フェリーターミナルに入港するさんふらわあなどが見渡せ、なかなかよいロケーション。今日は私も含め四人連れなので窓際の座敷に座ったが、腰の悪い人にはちょっと辛い w

上から私がオーダーした海鮮かき揚げ丼、かき揚げ定食、カキぞうすい、刺身定食。


味、内容、単価などなど総合的に良いと思うが、例えば刺身定食は小鉢を減らして刺身を増やすなどの工夫が必要かも知れない。海鮮かき揚げ丼の具材はえび、ホタテ、イカに玉ねぎやにんじんなど油のくどさはなく、あっさりした食感だった。味噌汁はかき揚げ定食及び刺身定食のカニ入り味噌汁と異なり一般的なものだが、カニの味噌汁を好まない私には適しており、シジミの味わいが旨かったです。


ご飯の量が少なく、空腹の男子は大盛りを頼んだ方が良いと思われる。実は海鮮かき揚げ丼は大盛りなのだが、私的にはこれでちょうど良い腹具合、かき揚げ定食をオーダーした女性はかき揚げを1/3程を残しました。


東茨城郡大洗町大貫町256-418 月曜定休(祝日の場合は翌日)



風に語りて - Talk to the Wind -