いわき市岩間町 岩間海岸+etc

毎年五月、いわき市常磐藤原町の川上渓谷で新緑の写り込みを撮るのだが、昨日の日曜に行ってきた。撮影は14:00頃なので、その前に茨城県常陸太田市折橋町で新緑の下滝を撮影、それからいわき市に入る計画。
到着は09:20、既に陽射しが入っていることは予測通りだが、この輝度差というか混沌とした光具合をどうまとめるか思案する。いつもは紅葉時に撮っているのだが、この数年葉の数が少なく感じる。


この滝は露出時間が遅いと水流が団子状になってしまい面白くない。従って1/10秒前後で撮ることが多く、今回は輝度差もあり1/13秒に決め明暗は絞りとISOで調整、周囲の暗さからNDフィルターは必要なかった。構図としては輝く新緑が主題となり、滝上部の木々を多く取り込む。

時間を見計らい川上渓谷へ向かう。急激な気温の上昇で些か気分が悪い。里山の湿気が多い場所はマムシが生息しており、ここも然りなので足元をよく確認しながら歩く。

ここは湯の岳山頂への登山道でもあり、第二の木戸の不動滝(奥滝)が見えてくる。

太陽が届かなくなると色彩がはっきりしてくる。赤丸部分を望遠で切り取るのだが、今回はどうも思うような写り込み、形状にならなかった。


渓 流」~ F8・SS1/8・ISO200・C-PL ~


昨年は細かな紋様になったのだが、かなりの枚数を撮ったものの今年は大振りのままだった。水量があり若干濁ったような感じだったが、それらが影響しているのだろうか。


明度及びコントラストを+補正、色調は緑の部分を+補正。


夕照を撮ろうと久し振りに勿来火力発電所、及び岩間町岩下の岩間海岸を見下ろすいわき市小浜町台を訪れる。海岸沿いの堤防工事はほぼ終わり、堤防と同じ高さにかさ上げした道路が出来ていた。震災から間もない頃に何度か訪れているが、当時の荒んだ光景が頭に浮かぶ。「四年前の画像」。

さて夕照は太陽がかなり右側に沈み、更には霞がかかり冬季でなければ撮れないのかも知れない。従ってかさ上げされた道路と発電所の夜景を撮ることにしたが、ここは道幅が狭く、車が来れば三脚毎一時退避するようになる。
つまりその度に構図とピント合わせを行うようになり、更に夜なので調整にかなりの時間を要す内タイミングを逃したような感じだ。

撮影を終えるまで三回車が通りその度に調整をやり直す。色彩及び光跡の具合などなど良いものがあるが、以上の理由から露出や構図が宜しくなくupした画像を選択する。


車の通行時間を計ると凡そ50秒、つまり露出時間は50秒前後で各調整を行う。当然のことながら照明には白トビが生じるが、それを気にしては撮影が出来ないので後のレタッチは想定内だ。この先様々な整備がされ更に良い景観になると思うが、夜景の撮影としては難しく感じた。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


風に語りて - Talk to the Wind -

喜多方市豊川町 ”まつり亭”

国道121号線沿いのまつり亭にお初の訪問となりました。

店内は中央に四人席テーブル×六卓、店の両側に小上がり四人席×四卓のように見えたが、奥側の小上がりは六人席もあったかも知れない。

ラーメンは醤油、味噌、塩があり、ネギ系ラーメンは辛さを選択できるようだ。他はカレーとカツ系の丼ものになる。

私はいつものように上画像のチャーシューメン、家人はメンマラーメンをオーダー。まずはスープを一口啜った際の第一印象はしょっぱさだった。次第に慣れてくるがこのしょっぱさは醤油と異なる塩のしょっぱさだ。
チャーシューは大振りで食べ応えのあるものだが、これも味が濃くスープのしょっぱさを加速させてしまう。言い換えるとこのしょっぱさが表に立ち、他の食材の質感が希薄でひねりが足りない味わいだと感じた。因みに家人のメンマラーメンも同じ内容だった。


ちょっと頂けないなぁ‥と、感じたのがネギ。今の季節は花が咲き芯があって硬くなる。よって硬い箇所は使わない、芯を取り除くなどの手間がかかるが、ガリガリと硬いままの刻みネギが乗っていた。

麺は朝日屋製麺のようです。中太ちぢれ麺はツルっとして適度なモチモチ感がありました。さてコスパについてだが、チャーシューメンの950円は高いと感じた。この辺りは各々の味覚の違いになるが、内容及び価格とも勝る店は他に多数ある。


喜多方市豊川町高堂太字西前田2404-1 木曜定休


風に語りて - Talk to the Wind -

大沼郡金山町 ”民宿食堂 おふくろ”

二月以来となるおふくろ食堂。店前の狭い駐車場はちょうど一台分が空いていた。

この数日無性にカツ丼が食べたかった次第だが、個人的にカツ丼は煮込み時々ソース。

ラーメンとのセットメニューが各種あり、此処のカツとカレーは特に好みです。

昼過ぎであるが、お客さんは入れ替わりやってくる。初めてのお客さんは名物の「カツカレーミックスラーメン」の注文率が高いです。

さて今回のカツ丼、これは今まで無かったことだが、一切れだけだが筋っぽさがあった。更に煮込んだ汁がやや多めにご飯にかかりベチャっとしていた。マスターは気忙しかった
ようだが、それが反映してしまったか。


そうそう毎回思うのだが男の私であっても大きい丼、手で持って食べることがちょっと難儀であります。


大沼郡金山町大字川口字下町601 不定休


風に語りて - Talk to the Wind -

喜多方市熱塩加納町 日中線記念館

喜多方市熱塩加納町熱塩字前田丁にある日中線記念館。詳しくは「Wikipedia」を参照頂くとして、一年前に記念館内にある”オハフ61形2752号客車”の画像をupした後、日中線の記事を掲載しようと思いつつ文章がまとまらない状況だった訳だが、イメージする事柄もあり今回も撮影先行で行ってみる。

この佇まいが何とも言えません。桜の季節はライトアップが行われているようだが、毎年その頃になると忘れてしまい未だ見たことが無い。

記念館内部は自由に見学できる。数年前は淹れたてコーヒーが自由に飲めたが、現在は100円を缶に納めます。私は詳しくないので分からないが、様々な展示物があり記念切符も販売されている。因みに係員は居たり居なかったりだ。

キ287・キ100形貨車(単線用ラッセル式除雪車)とオハフ61形2752号客車。高校の頃はこの客車に乗って通学しており、初めて此処で見た時はとても懐かしかった。


Wish You Were Here ①」~ F8・SS1/30・ISO200 ~


Wish You Were Here ②」~ F8・SS1/30・ISO200 ~


①②とも結果として同露出。内部を明るく撮ると窓の外が真っ白になってしまう為、暗めの露出で撮影の後、内部を明るく補正するレタッチ前提の方法。昨年の作品と同様に客車内部だけだが、先に述べたイメージとは人物を配置することであり、モデルを心の中で秘かに応募したものの、結果として誰の名乗りも無く私もサマオクも嫌々ながらサマオクを使うことになった w


①のカラー画像を見て頂くと偶然ながら座席とモデルのシャツの色合いが同じで、何かしらの物語性が生まれたような気がする。また床に藁のようなものが落ちており、当初はレタッチで削除しようと試みるが、そのままの方が良いと判断した。言い換えると撮影の際に気付いて掃除するのが本当だと思う。構図として②はシンメトリー、①は目線が外にあり、カメラを左に傾け少しばかり窓を残してみた。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


風に語りて - Talk to the Wind -

河沼郡柳津町 久保田の棚田+etc

14日、昨年とほぼ同時期に那須塩原市板室の乙女の滝へ行く。前日、結構強い雨が降ったので濁流になっていないかと思ったが、雪解けで水量のある今の時期の流れだった。

滝名の由来は若い女性が髪を洗っていた、滝の流れが乙女の髪に見える為と云われるが、果たして如何なものだろう。

下に昨年の動画をupするが、今年は滝左手前の樹木が芽吹いていないことに気付く。本来なら川の中から滝に迫りたいのだが、この時期は水量及び勢いがあって入ることは無理のようだ。


轟々ト若夏滴ル ①」~ F8・SS1/10・ISO160・C-PL ~


轟々ト若夏滴ル ②」~ F10・SS1/6・ISO160・C-PL ~


昨年は飛散した飛沫がフィルター効果をもたらしたが、今年は先に書いたように滝前の葉々もなくちょっと寂しい感じがした。併し周囲の葉は水流で生じる風で常に動きがあり、それらが収まるタイミングを見計らいながら撮影する。


水流撮影のSSだが、個人的に水の表情表現のため例外はあるがそれほど低速とすることはない。つまりこの程度であればNDフィルターを使わずC-PLで撮影可能だった。またそのC-PLの効果だが、最大に効かせると水の煌きが失われ濡れた岩が真っ黒になってしまうなどなど、その場に適した対応を心掛けている。


那須塩原市から国道400号線(一部121号線と併走)で大沼郡金山町へ向かう。撮影云々ではなく新緑と只見線の状態を確認したかったからだが、ついつい第四橋梁を見下ろす場所に来てしまった。

大沼郡金山町大字水沼字沢東の山中からの第四只見川橋梁俯瞰。車を停めて鬱蒼とした杉林を歩くため、今年初めて剣ナタを腰に下げた。作秋以来になるが、矢張りここは清々しく良い所だ。次回は盛夏の川霧立つ時に訪れたい。


風と光と萌葱色」~ F8・SS1/160・ISO400・C-PL ~


私的に主題は山々の新緑なのだが、一目見ればどうしても只見線が主になってしまう。それを避けるために広めのフレーミングを行ったのだが、なかなか思い描くような画像にならなかった。
車両は会津中川駅12:37発、上り428D。この時期はまだ陽射しが優しいのか、昼時であってもコントラストや影部がきつくならず穏やかな色合いだった。それにしてもいい加減なタイトルというか、適したものが思い付かなかった。


昼食の後、第三橋梁も撮ってはみたがイマイチだった。この時点でまだまだ日は高く、どうしたものか思案していると、ふと河沼郡柳津町大字久保田字下居平甲にある久保田の棚田を思い付く。実は三年前の夏に一度訪れており、再tryしようと思いつつそのままになっていた。

久保田といえば映画「ジヌよさらば~かむろば村へ~」のロケ地である。劇中の”スーパーあまの”の店舗は柳津にあるが、主人公の松田龍平が演じる高見武晴(タケ)が購入した空家は棚田近くの山中にある。ロケ前から人は住んでおらず、廃れ具合が進行している。

棚田とはいえ有名地をイメージする景観ではなく、猫の額のようなちょっとしたものだが、福島には棚田が無いので貴重といえば貴重だ。到着した頃は良かったのだが、風が収まらず夕暮れを待つ間にかなり冷え込み車からダウン持ち出し着込む。


夜がそろり降りてきた」~ F10・SS1/20・ISO200・C-PL+HALF ND8 ~


夕焼けが期待できる空模様であったが、肩透かしの結果となりました。いつも表情のある雲の出現を待つのだが、今回はちょっとイメージと違う形状となりなかなか思うようには行かないものです。それでも陽が落ちる前に幾らかはそれらしき光景となり、ボツにならずに済んだといった内容だ。時間的にもうちょい暗くなるまで待っても良いのだが、背後の山々からカサカサと音が聴こえ始め、更には細い棚田の道が分かり辛く足元が明るい内に撤収する。


間も無く田植えが始ると思うが、稲が伸びるまえにもう一度撮ってみたい場所だ‥と言いながら、翌日は腰が痛くなってしまった。そして格好つける訳じゃないが、気持ち的にも最近は神経をすり減らしながら撮ってる感が強かったりする。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。



風に語りて - Talk to the Wind -