田村郡三春町 ”とらや分店 村田や”

近くなので何時でも行けると思いつつ、気付けば昨年の三月以来となる”とらや分店 村田や”。久々なので味を忘れてしまったかも‥と、到着すれば、店舗前には七人ほどが開店待ちだった。

紺色の暖簾は浅緑色のものとなっていた。”白河とら食堂より”の文言は以前と同様に明記されており、分店などには定期的に寄贈されるものなのだろうか。

メニューは醤油味のラーメンのみとなり、その内容及び価格に変わりは無いようだ。店内は中央に大きな十人席テーブル、二人席テーブル×二卓、小上がり四人席×三卓、カウンター五席。中央の大きなテーブルや天上の高さはミニとら食堂といった印象。人気の程は相変わらずといったところで、あっという間に満席となり店舗外には人が並ぶ。

焼豚メン 大盛り @1.070円


バラ、モモ、カブリと三種のチャーシューが乗ったビジュアルはいつ見ても良いです。そして鶏ガラのスープにキラリと輝く油が綺麗です。


さて昨春の記憶を思い出しながらスープを啜る‥あれれ、かなりしょっぱい。記憶ではカドのない丸みのあるすっきりした味わいであったが、昨春のスープとは全くの別物であり、舌のせいにしようかとするが同行した人間も同じ感想だった。
おそらくしょっぱさの原因は醤油ダシの濃さだと思うが、もしかしてこれは夏季仕様なのか‥などと色々想像するが、チャーシューは以前と変わらずに噛めばジュッと味が染み出す肉々しい食感が良いです。

白河ラーメンの特徴である中太ちぢれ麺。白河ラーメンはピロピロした食感と例えられるようにやや柔らかめであるが、こちらは硬めに茹でられプツプツとした歯切れ感がある。


つまり食べ終えるまで伸びることはないのだが、しょっぱいスープと相俟って白河ラーメンと一線を画す内容になってしまったような気がする。但し先述したように夏季だけの味付けなのか否か、機会があればまた食べてみたいと思う。


田村郡三春町大字斎藤字場上田242-1 火曜定休 (祝日の際は翌日休み)

大沼郡三島町 ”みしま宿味処 桐花亭”

昼食のタイミングを逃し14:30頃に金山町や三島町の飲食店を周るが、早目の店仕舞やそもそも休みなどなどで開いてない。夕方の撮影があり柳津町のコンビニで食料を買おうかと思ったが、また戻ってくるのも面倒であり大沼郡三島町大字川井字天屋原の”道の駅 尾瀬街道みしま宿”内の”みしま宿味処 桐花亭”でかなり遅めの昼食とした。

実のところ道の駅で食べることはあまりない。というのも単価と内容が伴っておらず、セルフサービスでありながら一般の店舗と変わりない価格がどうも納得いかない。更に最近の道の駅は食べるシステムがイマイチ分からず、足が遠のいてしまう。

食券を購入、厨房で食券を渡し番号札を受け取る。三島といえば会津地鶏やソバが有名だが、親子丼など鶏系料理は好まず、後からソバを頼めば良かったと後悔する。

店内は四人席テーブル×七卓、カウンター五席。カウンター席からは只見川が眺められる。遅い時間なので閑散としているが、観光シーズンになると先に書いたソバ類は早い時間で売り切れてしまう。

ソースカツ丼 @850円


ライスが食べたかったのでソースカツ丼を注文したが、如何にも道の駅といったビジュアル。肉は一部に固い箇所があるが適度に柔らかい。併しながらコロモや肉そのものに手作り感がなく、更にソースは単にしょっぱいだけで何等かの拘りはないようだ。


そして閉口したのがお盆が濡れたままだということ。水だと思うがそれ也に液体の量が多く右に左に移動する。この状態のままで客に出す心境が分からないが、親方日の丸とでもいうのか、オープンから時が過ぎた道の駅の接客ってあまり良い印象がない。

大沼郡金山町 霧幻峡+etc

06/30(土)、03:00起きで大沼郡三島町・金山町へ向かう。途中の河沼郡柳津町の只見川は良い感じに川霧が立ち期待が膨らむが、第一・第二只見川橋梁、そして霧幻峡から大志集落と足早に見て回るがどこも期待外れだった。

上画像、大沼郡三島町大字川井字天屋原、歳時記橋側からの第二只見川橋梁。下画像、大沼郡三島町大字川井字天屋原からの第一只見川橋梁。何れも撮るには撮ったがイマイチなのでupは見送る。因みに下動画の内容は第二只見川橋梁 上り422D、第一只見川橋梁 下り423D、そして夕方の第四只見川橋梁 下り431D。

大沼郡金山町大字大栗山字雨沼の霧幻峡もご覧のような状況。思えば土日の度に天候が良過ぎるというか、暑くて気温と水温の温度差が少ないのかも知れない。


さて此処で大失態に気付く。おそらく手に持った触感のみで判断したためか、カメラバックに入っていたのは標準ズームではなく広角レンズだった。加えて撮影状況も芳しくなく一気に気力を無くし帰宅することにしたが、先日のホタル撮影ではクイックシューのネジが緩んでいたなど、撮影に対してちょっと緊張感が足りないのだろうか。

帰宅し天気予報を見ていると午後から会津地方に強い雨が降るとのこと。これはもしや川霧が出るか‥と、霧幻峡まで片道凡そ100kmをまた出向く。到着時はまだまだ晴天だったので大沼郡金山町大字大塩まで足を伸ばし会津大塩駅を撮影する。今現在は閉鎖されており、昨年はその閉鎖された駅である会津越川駅、本名駅、会津横田駅を撮影した。


あしたぼくはどこかへいきたい op.4」~ F8・SS1/160・ISO100・C-PL ~


昨年に続く四作目、何れもモノクロで表現、且つ夏の暑い陽射しの下で撮っている。雑草に埋もれてしまったレールを少しでも構図に撮り込んできたが、本駅ではほぼ雑草に隠れてしまいレールの存在を意識しない構図とした。


現在不通となっている会津三島駅と只見駅間の未撮影駅は、これで会津塩沢駅と会津蒲生駅の二つ。この区間は電源開発専用線を旧国鉄が買い取ったものだが、一両分しかないホームや簡易的な待合室など、如何にも専用線を流用しましたのという雰囲気があり、駅というより停車場といった趣だ。因みに住所は大字大塩字沢ノ目になるのだろうか。


会津川口方面へ戻るに従い、会津地域の大雨竜巻警報がラジオから聴こえ始める。空は黒い雲が広がり、やがて大粒の雨がバタバタを車体を叩くように落ちてきた。


一時間程で小降りになり、上画像の大志集落を眺めるが川霧発生の様子はない。尻吹峠へ登り見下ろすと上流から山霧が流れては来るが、特に変わった景観ではなかった。

雨が強すぎて却って川霧が立たないのか‥と、考えながら第四只見川橋梁に来ると状況は一変かなりの川霧が出ていた。下流の早戸駅方面も霧が立っており、帰路の途中となる霧幻峡も期待できそうだ。


白 雨」~ F6.3・SS1/200・ISO500 ~


撮影立ち位置は大沼郡金山町大字水沼字沢西、国道252号線の水沼橋から。次第に三脚が並び始め最終的にはかなりの数となっていた。橋梁通過が18:38の下り431D。通過時の川霧はだいぶ少なくなってしまったが、こればかりは致し方ない。それより何よりラッピング列車は私も含め殆どの人がガッカリしていたようだ。


この時間帯の只見線はあまり撮ったことがなくかなり暗いです。絞りをやや開けISOもあげたが、それでも暗いので明度の補正は必要。


雨上ル ①」~ F8・SS1/3・ISO200 ~


雨上ル ②」~ F9・SS1/3・ISO200 ~


大沼郡金山町大字大栗山字雨沼の霧幻峡も川霧が出ていた。併し全て覆い尽くす景観とは異なりMAX状態には及ばない。昨年辺りから観光客を乗せる為の道具類を積んだままとなっており、それこそ昔ながらの風情ある姿とは異なる。また繋ぎ止めるロープに遊びが少ないためか舟の動きはあまりない。


時刻は19:00を過ぎ、霧に邪魔されるとAFが効かない状況。本来ならISO感度を上げ、舟がぶれないSSを選択するのがベスト。今回は様々なSSで撮影し、ぶれてない画像を選択した。色温度が高い時間帯なののでややアンバー調に仕上げる。


霧幻峡」~ F8・SS1.6・ISO200 ~


国道252号線から雨沼集落及び沼沢湖へ向かう早三橋から撮影。秋の紅葉時などの眺めも良いが、只見川の面積が多くなり霧が出てないとフレーミングが難しい。今回は風景を大胆に切り取ってみたが、これは霧と夜陰があって成り立ったものかも知れない。


さて今日はレンズを忘れ、そして出直すなど色々とありました。結果としては出直して正解だったけど当然走行距離も延びる。とはいえ奥会津は今夏も度々通う予定であり、通い慣れたというか既に億劫な距離感ではない。また今日は身体も機材も雨でかなり塗れました。折からカビの季節でもありメンテをきちんと行わなければならない。


そういえば以前、川霧とはどんな感じか聞かれたことがあった。一言でいうと身体はベタベタになり不快指数は100%です。海風と違い潮気がないぶん良いけれど、幻想的なイメージとは異なり居心地は良くないです。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


はまなかあいづToday ”ふくしま五七GO!”

NHK福島のローカル番組「はまなかあいづToday」。放送時間は月~金18:10~17:00。その番組内に”ふくしま五七GO!”というコーナーがあり、季節や行事の話題を「五・七・五」の17文字で投稿、同時に写真や絵画なども添付できる。


私は何気に昨秋から投稿を始め、昨年は「四作品」が採用された。今年も投稿を続けてはいるもののボツになる方が断然多い。それでも上半期は現在のところ五作品が採用され、備忘録的に記事にまとめておく。


03/06放送 「温(ぬぐ)い朝 松川浦は 春兆し


03/28放送 「おらが春 土と梅花(うめか)の 香り立つ


04/19放送 「ガタンゴトン 桜花ゆらして 季(とき)はこぶ


05/25放送 「蛙(かわず)鳴き 夜がそろりと 降りてくる


06/22放送 「短夜に ロマンス囁く 蛍かな


05/25の画像は昨年の同時期に撮ったものだが、その他はリアルタイムで撮影したもの。採用されるか否かだが、ちょっとずつ分かってきたことは行事や季節毎の景観が優先されるようだ。例えると春から夏は草花類、春の節句や子供の日はそれに準じた内容のものが採用され、心境的なものは当然ながら採用率は低い‥というか、ほぼ0だと思われる。


写真のタイトルを考える際、五七五調の文列が自然と出てくることがあるのだが、捻り出そうとすると却って難しいものであります。

耶麻郡西会津町 ”えちご家”

会津野澤宿味噌ラーメン


・・・ひき肉にたっぷりの野菜を加えてじっくり煮込むことで、ひき肉と野菜の旨みを余すことなくスープに引き出します。ちぢれ麺に絡むスープが特徴です・・・


町おこしの一環として味噌ラーメンを売り出す耶麻郡西会津町、白河ラーメンや喜多方ラーメンのようにその知名度は如何なものか、個人的にはこちら方面にあまり来る機会がなく今回が初訪問となる。

当初、元祖ともいうべき大山ドライブインを予定するが、色々と調べて磐越西線野沢駅前のえちご家にする。行列のできる店ということで開店30分前に到着、店舗入り口の腰掛に二名が座っていた。

テーブル毎にメニュー表はなく、横壁と厨房上の壁メニューになる。ラーメンの種類、並びにご飯ものも選択肢が多岐ながら、この方式は客側からするととても見辛い。とはいえ多くの注文は味噌ラーメンということになり、別にこれでも構わないのだろうか。

店内はやや狭く、テーブル二人席×ニ卓、四人席×ニ卓、小上がりニ人席×一卓、四人席×ニ卓になる。テーブル間のスペースがあまり無く、移動の際に隣の割り箸立てを引っ掛けてしまいました。

みそ焼豚メン @900円


ノーマルな味噌ラーメンにしようかと悩んだがこちらを注文。野菜はよく確認しなかったがモヤシ、ネギ、玉ネギが目に付いた。野菜をスープで煮込むということだが、シャキシャキした食感が残っている。スープは個人的イメージと異なり、甘味噌のマイルドな味わい。おそらく煮込まれた野菜もその味に一役買っていると思われる。


残念だったのは固めに仕上げられた豚バラロールチャーシュー。肉々しさなどの食感は良いのだが、味というか何らかの匂いがあって宜しくない。

中太のやや縮れ麺。ネット上では自家製ないし喜多方産との意見があるが、多加水麺特有の舌触りと弾力が味噌ラーメンの王道的食感。色合いから察するとつなぎは玉子を使用しているのか、これがまた美味しいです。


食べてる最中は然程の印象ではなかったが、後日こうして記事を書いてるとスープのまろやかさと縮れ麺の絡み具合が脳裏に思い出されます。願わくば味に些か刺激があっても良いように感じる。そんな時は辛みそラーメンを食べれば‥と、云われそうだが、それとはまた別次元の話しであります。


耶麻郡西会津町野沢上原乙2431-1 木曜定休