那須郡那須町 堂の下の岩観音+etc

昨日は知らず知らず長距離を走った。まずは那須郡那須町芦野にある堂の下の岩観音へ向かうべく04:00に家を出る。

一昨年は04/09、昨年は04/06に訪れたが、矢張り何処でも10日前後は遅れているようだ。此処の桜はエドヒガン、ソメイヨシノ、山桜などの数種となり、同町周辺のソメイヨシノはまだ咲いていないように、全てが咲き揃う様を見ることは難しいかも知れない。因みに22日迄はライトアップもされている。


下に動画をupしたが、そのライトアップの写り込みなどを考慮し、農家の方が田んぼの水量を調整していた。また朝から数人のカメラマンが訪れ、何時の間にか情報交換の場となり、茨城県大子町にある山桜の群生地を教えて頂きました。


冬は疾風吹きました」~ F10・SS1/60・ISO100・C-PL ~


東向きになるため太陽が昇るとコントラストと輝度差が激しくなる。日の出前に到着はしたが、構図・画角を思考する内に太陽が昇ってしまい、太陽が少しでも薄い雲に隠れるタイミングを待って撮影する。
その構図だがお堂と桜の配置、そして上下のバランスを毎年悩む。今年は縦1/3分割の左側にお堂を配し、桜を多めにフレーミングしてみる。WBは当初5000kであったのだが、暖色系の色かぶりが気になり4000kで撮影した。


レタッチはコントラストを-補正、明るさを下側から段階的に-補正する。お堂に各案内板が設置してあり、目立つのでそれらは削除した。田んぼの写り込み、並びに菜の花などを撮る場合、曇りなど光がフラットな状態が個人的には良いと思う。


続いて耶麻郡北塩原村の桧原湖へ向かう。北岸の鳥居の状態が前々より気になっていたのだが、湖岸の残雪は相対的に半分くらいになってはいるものの、湖面は未だ冬のままでおそらく来週辺りは撮影出来るだろう。


さてアクシデントという訳じゃないが、先々月に残量2mmと聴いていたブレーキパットがいよいよ異音を発生、急遽喜多方市のディーラーで交換した。その行き帰り、耶麻郡北塩原村大字大塩字桜峠のラビスパ裏磐梯入り口に水芭蕉を発見、雨が降る中での僅かな時間だが撮影する。


早春賦」~ F8・SS1/40・ISO200・C-PL ~


C-PLで水面の照り返しをコントロール、内容的にモノクロ及び低彩度のイメージが浮かぶ。時が経った残雪はあまり綺麗ではない。従ってレタッチで雪を40%ほどモノクロ化し、更に奥の雪を中心に微細にボカシを施し白トビを抑える。


車の修理などがあったのだがこの時点でまた10:55、早朝より動いていると一日が長いです‥と、行き成りひたちなか市磯崎町へ向かう。行く目的が無ければ無謀な行動だが、前々より中生代白亜紀層での構想があったからだ。

日立市のひたち海浜公園付近を走行中、急激な暴風雨に遭遇。今日は安定しない空模様だが、折角咲いた桜の花が風に飛ばされていた。にわか雨なのでその内に止むだろうとの予想通り、次第に晴れ間が広がってきた。

船舶の光跡、本来なら速度が早く、加えて波により上下の動きもある漁船が良いのかも知れない。併し現在の福島県沖では見れない景観でもある。


わたしは夜に海をみる op.4」~ F8・SS317.9・ISO400 ~


左は常陸那珂港、右は大洗港となり大型船舶の往来をいつも目にしているが、常陸那珂港から出航した船舶は目の前を横切るのではなく、次第に外洋に舵を切るということに初めて気付く。つまり灯りが遠のいてしまう訳だが、矢張り地道なロケハンの必要性を改めて実感、今回は次回への布石とする。


地層の形状から今回は縦構図にする。手前から奥まで深度が必要と判断、絞りはF8に固定。個人的な露出設定だが、肉眼で水平線が確認可能な時間帯であればISO200でも良いと思う。SSは実際にファインダー内を通過する時間が必要になる。
帰宅後PCで確認するとノイズが目立つ。露光時間はそれほど長い訳ではなく、且つISOもそんなに高めではない。また車のヘッドライトが岩々に当たり色合いが宜しくなく、色調補正とノイズ除去を行う。


さて今日は桜咲く暖かい春の様相から冷雨降る冬、そして突然のゲリラ豪雨と様々な季節を足早に巡ったような一日となりました。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。



風に語りて - Talk to the Wind -

Windows Vista サポート終了 Part 2

先日の続きになるが、ケースに組み込み一応の完成となりました。組み立て中のCPUクーラーはトップフロー型であったが、サイドフロー型に変更した。

以前の電源を上部に搭載するPCケースは最近の電源下置き型と異なり、各配線の取り回しが乱雑になり易いが、それを綺麗にまとめるのが自作erの腕の見せ所でもあります。

製作費は先日書いたように在庫のパーツ及びOSを使ったため、サイドパネルにファンを固定するミリネジ代(106円)のみで済みました。

古い17型モニターが使わずにあり、今回はデュアルモニターにしてみた。画像編集などで使うPCは以前よりデュアルモニターとなっており、例えばサブモニターに資料やネットを表示させ、それを参考にしながらブログの記事を書くなどなど、何をするにもとても楽でスムーズであります。


無印のWindows 7は二日ほどネットに繋いでいるとアップデートが大量に入ってくる。七年分になるので昨夜は一挙に200件以上もありなかなか終わらないが、今のところ安定して稼働中であります。


風に語りて - Talk to the Wind -

Windows Vista サポート終了

四月でサポートが終了するとは聴いていたが、それが今日だと朝のラジオで知った。仕事でVistaを使っており、昨年辺りから何とかしようとと思いつつ当日になってしまった。


という訳で、Vistaは色々と使い道があり取り合えずは温存、ネットを繋がず使う予定。たまたまWindows 7、32bit版のディスクが一枚残っており、手持ちの古いパーツで一台組み立てることにした。古いとはいえ当時としてはそれ也のパーツで、文章データなどを主とする仕事用PCには十分過ぎる性能だ。

久々の組み立てはマザーボードに繋ぐ電源周りの文字が見えなかったり、勝手を忘れたりと些か難儀する。文字は虫眼鏡を使って確認したけど、因みに私は老眼じゃなく近眼であります w


そのマザーボード、BIOSのボタン電池を新しいものに取り替え、凡その組み立ての後に電源を入れてもモニターに何も表示されない。対処としてはまずメモリー交換 ⇒ グラフィックボード交換 ⇔ モニター交換の順で試しても変わりなかった。結局マザーボードを別のものと交換し再度組み立てを行い、要約上画像のBIOS起動まで漕ぎ着けました。


BIOSの設定後OSのインストールとなったのだが、今度はインストールの途中で”ドライブが見つかりません”と表示され進行がストップ。従って今度はDVDドライブを交換したところすんなりとインストールは終了した。


自作PCは故障やパーツ同士の相性問題などなど厄介であります。それでも昔は買うより組み立てた方が安かったけど、年と共に不具合を解消する探求心も気力もなくなり、昨今はBTOパソコンなどを買った方が安いし何より動くという保障があるし、Windows 7のサポートが終了した際はそうするか‥。


さてそんなこんなで最低限のドライバとソフトのインストールを行い、アップデートを適度に行い今日は終了。アップデートがまだまだ続くので暫くはケースに入れずこのままで様子をみることにする。


それにしてもVistaが発売されてからもう10年か。当時、動きが鈍重で騒がれたが、XPのスペックのまま乗っければ当然というか、RAID0組んでメモリを増設すればかなり快適で堅牢なOSであり、個人的には好きなOSでありました。


風に語りて - Talk to the Wind -

久慈郡大子町 ”屋台ラーメン 醤家”

個人経営のコンビニ”KONISIYA”内にある”屋台ラーメン 醤家”大子店、ガツンと来る醤油ラーメンを食べに約一ヶ月ぶりに再訪。

開店の11:00に到着、先客が二名いました。店作りは屋台風でカウンターが10席ほど。

今回は醤家チャーシュー三枚のせをオーダー、出来上がるまで店内のガルパン模型を見て過ごす。個人的には1/48の航空機に興味がある。

竹岡式と云われるチャーシュー煮汁を麺の茹で汁で割るスープは色濃く、醤油の香りが漂う。そして見た目同様、一口目はしょっぱさが口内に広がるが、次第にスープに浮かぶ玉ねぎの甘さが上手く調和する。
チャーシューは厚みがあり実に良いです。適度な噛み応えがあり、肉を食べているといった感触が残る。因みに前回と比べスープやチャーシューにバラツキは感じられず、味は一定していた。

中太麺は見た目はそれほどちぢれてはいないが、舌の上に乗せるとちぢれ具合が確認でき噛めばプツっと切れスープがよく絡む。ストレートでキレのある醤油味は別の捉え方をすれば、スープの他の味に気付かないとも言えるが、こんなシンプルな醤油ラーメンもあるのだ‥と、改めて気付く個性的な一杯だ。


久慈郡大子町下野宮1589-2 月曜/第2・4火曜定休


風に語りて - Talk to the Wind -

東白川郡矢祭町 戸津辺のサクラ +etc

矢張り昨春は暖かかったのか、一昨年そして昨年の今頃は咲いていた桜が咲かず、更には裏磐梯の残雪が消えることもなく週末の予定を変更、三部咲きと聞いた東白川郡矢祭町大字中石井字戸津辺の戸津辺のサクラへ行ってみる。

国道118号線からの入り口付近はいつも通っているものの、実は初訪問。小雨降る中なかがら途切れることなく見物の人が訪れる。

個人の土地及び持ち物のようだ。協賛金等の徴収はないが、駐車場設置や誘導員などなどある程度の徴収はあっても良いと思った。

祠と彼岸花の葉っぱがフォトジェニックなのだが、桜の枝々を支える柱が邪魔になってしまう。北側から南を眺めると花々の間からJR水郡線の線路が見える。


春 霖」~ F10・SS1/250・ISO400・DUTO ~


桜の撮影は苦手だ。全体像を撮れば在り来たりの画像になってしまい、一部分を切り取れば何処で撮っても同じというか、○○○の桜といった意味が無くなってしまう。そこで今回は雨を活かす色調と露出、そして人物を配してみようと思い付く。


色調と露出は後のレタッチ前提であり、撮影時は空の上部が少々白トビを起こす露出となっている。Kenkoのソフトフィルターの中では効果が一番薄いDUTOを使用、空と桜に僅かながら滲みが生まれた。人の流れを眺めているとピンクの傘を持った女性が立ち、このカットをupすることにした。


雨模様なので何処へ行く予定もなかったが、茨城県に入り久慈郡大子町や県道205号線で栃木県大田原市などを散策する。

県道205号線沿いは久慈茶の産地になる。広大な茶畑がある訳ではないが、所々に原風景を思わせる景観があり、天気の良い日に改めて来てみたい。

大田原市、旧黒羽町北野上小学校跡に咲く枝垂桜。この桜は満開だった。竹林を背景として撮影を試みるが、構図的に建物が入るなどちょっと難易度が高かったです。

国道118号線、久慈郡大子町大字盛金の久慈川に掛かる橋を走行中、遠くの山間に咲く桜を見つけ撮影を行う。因みにこの橋の中央が常陸大宮市との境界になる。

正に山烟るといった景観。実のところ桜が咲く頃はまだまだ山々の色合いは芳しくなく、綺麗とは云えない状態だ。従って霧が発生すると上手くその辺りをカバーしてくれる。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


風に語りて - Talk to the Wind -