大沼郡金山町 ”ひょっとこ亭”

いつも店の前を通りながら気になっていた金山町のひょっとこ亭、今回はちょうど昼時と相成り初入店。

店舗はちょっとレトロっぽい外装ながら、店内は明るく広々としておりました。客席は四人テーブル×三卓、小上がり十席、カウンター五席。

今になって気付いたのだが、土・日・祝日メニューとなっておりました。となると、どうしても平日メニューが気になります。

特製ソースかつ丼 980円。基本的に煮込みカツ丼派とか言っておきながら、最近は何故かソースかつ丼ばかり食べている。メニューに記載されているように良質国産ロースは柔らかく脂身が少ない。肉厚は1cm程、会津ソースかつ丼特有のしょっぱさはなく食べやすい味だった。


キャベツはかなり細い千切りでとても食べ易いのだが、丼から溢れそうな盛り付けはちょっと多過ぎか、こうなるとご飯を食べているのかキャベツを食べているのか分からない。また味噌汁がかなりの薄味で、個人的には物足りなさを感じなどなどあるが、次回、私はバラ・モモWチャーシューめんを食したい‥と、既に心に決めました。


大沼郡金山町横田居平640-1 不定休 火曜定休


風に語りて - Talk to the Wind -

本宮市荒井 ”食の工房 大観”

ある飲食店でいつも同じものを食べる、そんなことってないだろうか。サマオクからすれば全く面白くない行為だと云うけれど、放っておいてくれ‥と、いったところだ。

そんな訳で久々の大観であります。そして決まって五目焼きそばを頼む。

店内は中央の12席ある大きなカウンターを中心に、小上がり席とテーブル席に分かれる。席数は多いものの、昼食時などは埋まってしまうこと多々あり。

五目焼きそば 870円。あんは醤油と塩系の二種あるが、大観はあまじょっぱい醤油になる。麺は一部が焦げてパリパリ状態だがこれが美味いのです。皿脇に乗せられたからしをあんに混ぜ、そのパリパリ麺にふ~ふ~と息を吹きかけ口に運ぶ。時折りからしの分量を間違え、頭につーんとくる辛さに目が潤むがこれも美味さの内か。


そうです冒険心が無かろうがつまらなかろうが、好きなものを飽きるまで食べたい私であります。決して浮気はしません‥飽きるまでは w


そういえば今日はウズラの卵が二個だったけど、これって当たりかな‥。


本宮市荒井字青田原209-5 無休


風に語りて - Talk to the Wind -

おっさん写真道

カメラマン伴貞良氏の「YouTube チャンネル」に”おっさん写真道”なるシリーズがある。現在はその5までupされており毎回見ている。内容は写真の撮り方というより気構え的なものであり、賛同したりちょっと違うかな‥などなど、色々と思うところがある。


という訳で、下記に貼るので興味のある方はご覧下さい。(1.3.5はYouTube内での再生)







さて相原正明氏著「ランドスケープ・フォトの極意」という本がある。これも露出や構図などの撮影方法に付いて書かれたものではなく、撮影に望む意気込みなどが記されている。

いちいち御尤もといった内容に鼓舞され、私のような凡人も被写体に向かえば少なからずテンションが上がります‥いや、上がったような気がします w


風に語りて - Talk to the Wind -

安達郡大玉村 杉田川のホタル

安達太良山を水源とする杉田川、以下はWikipediaよりの引用。


・・・安達太良山東麓に端を発し、「遠藤ヶ滝」や「三ケ月の滝」等の多数の渓流を形成し「安達太良温泉」上流で一旦止水された後、「苗松岳」(498.2m)山麓を迂回し東北本線杉田駅下流で阿武隈川に流入する・・・


その途中、安達郡大玉村大山字象目田と二本松市舘野四丁目の境を流れる杉田川近辺に毎年蛍が舞う。とはいえ保護された公園などではなく、自然発生なので数は少ない。実は家から車で2~3分の場所でありながら、久しく行くこともなく夕食後に出掛けみた。

背景は安達太良山の左尾根、右側の光跡は東北自動車道。闇と共に輝き始めるが、寒いからか動きが少なく長い時間飛び交うことがなかった。薄明かりで構図の確認は出来るものの暗さでピントが合わない。従ってほぼ同距離であろう街路灯でピントを合わせる。また一般道での撮影になるため、時折り通行する車のヘッドライトを避ける必要がある、


涼夜に舞う」~ F6.3・SS92.3+74.8+83.4・ISO400・3Composite Photo ~


蛍の撮影は大きく分けてBulbによる長露光、適度な露光画像を数枚重ねるなどの二通りがある。各々に一長一短あり、蛍の数や撮影環境で何れかを選択しているのだが、今回は通過する車両のライトを避けるためいつでもシャッターを閉じられるBulb撮影と、数の少なさから合成の両方を選択した。合成画像数は三枚、いつものように「比較明合成フリーソフト SiriusComp」を使用。


露光時間は90秒を目安にしたが、先に書いたように車が近付く前に露光を終えたので時間はマチマチになった。RAWデータの時点で明暗、色調、コントラストを補正、川岸のゴミなども取り除く。
RAW現像後”SiriusComp”で合成、全体の明暗を整えノイズを除去するが、撮影時にピントを明確に合わせられなかったのが残念。蛍撮影はセオリー通り明るい内から準備をするのが正解だ。


風に語りて - Talk to the Wind -

大沼郡金山町 霧幻峡+etc

17日、03:00起きで大沼郡金山町へ向かう。最近どうも写欲が湧かず、逆療法とでもいうか久々に暗い内から出掛けてみた。最初の目的は大字水沼の第四只見川橋梁、川霧にはまだ早い時期だが、霧が立っているいないで撮影場所を決めておいた。

川霧は所々で微細に立ってはいるが画になるような景観ではなく、水沼橋から始発422Dを撮影。準備中は青い色調が綺麗だったが、次第に左側に射し込む陽光で生じた輝度差により思うフレーミングが叶わなかった。


朝笛響く」~ F8・SS1/160・ISO400 ~


思うフレーミングとは昨年も撮ったように橋梁を中央に置きたかったのだが、陽射しの当たる左部分を外し右部を多く取り込んだ。今回は車両にブレや全体のノイズが生じたように見える。本来ならSS1/200秒を確保したい所だが、夏とはいえ日陰の05:35頃は結構暗かったりする。
WBは5000k、試し撮りを行い場の雰囲気が伝わる色合いを選択した。また独特な色調空間を崩さないよう後の補正を行う。


先月末に撮影を行ったのだが、中川集落を走る只見線目的で水沼橋より大字中川字居平へ向かう。その際の失敗を踏まえ今回は立ち位置を右側に変えてみたのだが、424D走行時の07:05頃はご覧のように陽射しが悪く画にならない。HALF NDも使用してはみたが、次の機会をと一旦撤収する。

写り込み目的で沼沢湖に登る。透明度の高いカルデラ湖である沼沢湖、詳しくは「此方」。上画像は沼沢湖の乙女像だが、どんなイメージなのか凡人の私には不明。湖面には幽かな靄があり陽射しが輝いていた。


六月の朝」~ F8・SS1/60・ISO200・C-PL ~


何ら変哲のない内容だが、霞と淡い陽光に助けられた。湖面に水鳥でも居れば尚のこと良いけれど、こればかりは致し方ない。露出は相応、レタッチはコントラストの調整を行うに留まる。


今日モ明日モ明後日モ」~ F9・SS1/200・ISO200 ~


雲が出てきたので中川集落へ戻る。その雲のお陰でフラットな光具合となり426Dを撮影。撮るには撮ったがとても平凡な内容であり、それに準じたタイトルになってしまった。この状況では効果がないのでC-PLは使っていない。またSSはISOを上げることなく1/200秒を確保できた。


先に書いたように先月末に訪れた尻吹峠からの大志集落俯瞰、今回は再開通した金山小学校からの道を登ってみたが極端に細い、且つ急傾斜部分もあり個人的には行きも帰りも太郎布高原からの方が楽だ。先客が一人いたが、これからの季節、三脚が並ぶ様を多く見るようになるだろう。


眺 望」~ F8・SS1/200・ISO320・C-PL ~


眼下に雲や霧がなく、間も無く通過する425Dを主に撮ってみる。とはいえ毎度悩むのが車両と集落、そして只見川の配分だが、そもそも撮り鉄ではなく、更にはタイトルのように適度に引いた構図としてみた。


「今日モ明日モ明後日モ」と同様、今日は陽が昇ってからの色彩がイマイチ宜しくない。砂っぽいというか黄色系に色かぶりしたような雰囲気があり、やや寒色系に色調補正。


昼食後、大字大栗山字雨沼の霧幻峡で一休み。沼沢湖から落ちる滝が只見川に流れ、車の窓を全開にしているとかなり涼しい。シートを倒してウトウトしていると、いつも周辺の情報を教えて貰っている翁がやってきた。観光客を渡し舟に乗せ三更集落の案内の為だ。
早戸温泉郷の裏側を流れる只見川周辺は「霧幻峡」と呼ばれる。今まで何度か川霧の光景を撮影しているが、予約で渡し舟が運行されている。


風の行方」~ F8・SS1/80・ISO200・C-PL ~


さて早朝ないし夕方でないと川霧は発生せず、先に書いたように日中は休憩で訪れるのだが、時折り川面の写り込みにハッとすることがある。この日は中望遠レンズまでの持参だったので、川面を多く取り込んだフレーミングとなった。
各ダムにせき止められているとはいえ、緩やかな流れがあるため鏡面にはならず、加えてその表情は長く続かずシャッターチャンスは一瞬だ。


撮影目的ではないが、大字大塩字上ノ山の天然炭酸水に行ってみる。此処はいつも通っているのに、寄るのはかなり久し振りになるかも知れない。

詳しくは「此処」をご覧頂くとし、既に水量は少なくサビというか鉄分が強い味になっていた。雪解け時は溢れるほどになるのだが、その時の美味さは格別であります。

さて夕暮れに川霧が立たないかと僅かな望みを抱くものの、湿度も気温も低く霧の発生は無かったが、三島町大字早戸字小沢巻の早戸駅で上り最終列車434Dを撮影。撮影準備中はまだ明るさが残るが、やがて夜の帳が少しずつ降りてきた。


夕帳なぞって終列車」~ F8・SS1/5・ISO500 ~


ホームに停車した列車を撮る。それまではどの位置に停まるか分からず、凡その構図を決め停まった瞬間に車両先端にフォーカスポイントを合わせる。停車時間は30秒ほどあったのか、余裕でピントを合わせ撮影が行えた。数枚撮った中から運転室内の明かりが灯ったものを選択。またヘッドライトに浮かび上がるレールをイメージしていたのだが、ほぼ思い描くような様子になりました。


暗いので色合い的に芳しくなくモノクロを選択、部分部分の明暗とコントラストを補正する。昨秋は紅葉時に撮影を行い、雪景色も良いかもと思いつつ、この立ち位置はかなりの積雪になり入ることが出来ない。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。



風に語りて - Talk to the Wind -