水戸市谷田町 ”喜多方坂内ラーメン 水戸東店”

茨城県に行った際、県道51号線沿いに見える喜多方ラーメンの看板がずっと気になっていたのだが、漸く念願叶い入店してみた。

福島にはないので私は全く知らなかったのだが、それは喜多方の坂内食堂が展開するチェーン店、喜多方坂内ラーメン 水戸谷田店だった。他には首都圏46店、東日本9店、西日本7店、海外4店と多数出店されている。仔細は「サイト」を参照。

メニューは醤油のみの本店とは異なり、塩ラーメンを初め各種トッピングやチャーシュー丼、そして餃子と各セットメニューがある。

店内はテーブル二人席×ニ卓、四人席×五卓、カウンター八席からなり、昼時ということもあり客足が途絶えることはなかった。

焼豚(チャーシュー)ラーメン @940円


喜多方の坂内食堂の肉そばとほぼ同じビジュアル。個人的な坂内食堂の食感だが、醤油とはいえ塩味がベースとなるあっさり系にコクというか深みというか何かが足りず、脳裏を刺激するインパクトが感じられない。という訳でそんな記憶を辿りながらスープを啜れば、適度に効いた醤油の味が本家より美味いと感じた。


チャーシューは15枚だと思うが、噛み応えがあり味の浸透具合もなかなかのもので、先のスープも含めチェーン店以上の味わいがある。同じ喜多方ラーメンのチェーン店としては超メジャーな幸楽苑がある。価格的に大幅な開きがあり比べようはないが、味的にも格段の差がある。

麺は本家と同じ多加水平打ち縮れ麺だが、こちらはキラキラと輝いていた。喜多方の製麺所で打ったものか否かは分からないが、矢張り自家製手打ち麺とは異なり、どうしても一歩後退する風味と食感だ。


さて食べ終えた感想だが、先に書いたようにチェーン店のラーメンとしてはとても美味いです。併しながら福島県人はこの味に慣れているというかデフォというか、好んで次回も訪れるか否かは難しいところだ。というのも以前も書いたが、チャーシューメンの平均は多くの店で900円前後、それを考えるとお気に入りの店の選択肢が優先されると思う。


水戸市谷田町969番地 無休

石川郡玉川村 乙字ヶ滝+etc

20日土曜、石川郡玉川村の乙字ヶ滝から東茨城郡茨城町の涸沼と、今年になって一日中の撮影は始めとなった。

・・・乙字ケ滝(おつじがたき)は、福島県須賀川市と石川郡玉川村の間を流れる阿武隈川にかかる滝。日本の滝百選の一つにも選ばれている。


名前の由来は水が乙字の形をして流れ落ちることに因んでいる。また、乙字ケ滝周辺では阿武隈川が「Z」もしくは「乙」の字に大きく屈曲して流れている。滝幅の広さから「小ナイアガラ」とも呼ばれている。


落差6m、幅100m。滝の近くには、松尾芭蕉がこの滝を訪れたときに詠んだと言われる「五月雨の滝降りうづむ水かさ哉」の句碑がある。滝不動尊や聖徳太子石像などがあり、公園として整備されている。


江戸時代には、白河藩により、滝の下で村民が鱒や鮭、鮎などを捕ってよいとされたが、初漁の魚は殿様に献上することになっており、初漁近くなると藩士が近くに詰めた。その滞在費を持つ代わり、他の賦役は免除されていた・・・


以上はWikipediaよりの引用。日本の滝百選とは云うけれど、生活排水が流れ込み夏は濁流と化し異臭を感じることもある。従って撮影は毎年冬季と決めている。

滝不動尊、芭蕉と河合曾良の像。例年だと積雪があるのだが今年は全く無し。寒い寒いと云われるわりに中通り地方は降雪がとても少なく、故に水量もやや少ないように見える。因みに乙字ヶ滝周辺は滝を境に北側が須賀川市前田川字深田、南側が石川郡玉川村大字竜崎字滝山になる。


寒 瀑」~ F8・SS1/20・ISO160・C-PL+ND8 ~


いつもは滝不動尊の脇から撮るのだが、雑草や伸びた樹木の枝が邪魔になり、立ち位置を変え中望遠でフレーミングする。この時期は08:30頃になると川の奥側に陽が当たり水面が赤くなってくるが、これ以降になると太陽が高くなり撮影が出来なくなる。毎度のことだが水量がある滝は無闇にSSを落とさず、水流の表情を残す露出を選択している。


水流の躍動感や音のイメージを頭に置き、色かぶりとコントラストの調整を行う。中央の流れが濁っているが今回は補正することなくそのままとした。また先に述べたように写り込んでしまう雑草などは除去する。


乙字ヶ滝より東茨城郡茨城町大字上石崎の涸沼へ向う。目的は夕景だが天気予報によると夕方からは晴れるとのこと。その前に東茨城郡大洗町磯浜町の神磯鳥居に寄る。到着時は干潮で鳥居の俯瞰はあまり良い景観ではない。従って海岸に降り、鳥居の横側から引き波の様を撮ってみる。


Undertow」~ F8・SS5・ISO100・C-PL+ND100 ~


立ち位置を色々と変えてみる。upした画像のSSは5秒だが、5秒だと次の波が押し寄せてしまい、この日の波は3秒辺りが適していた。何れにせよ波のタイミングが一番の問題であり、20枚ほど撮った中から一枚を選んだ。


海面や空の色合いが芳しくなくモノクロを選択。加えて引き波のコントラストと明度、空と鳥居周辺の明暗などを調整。鳥居の上にはカモメが居たが、長露光撮影により姿がぶれており消去した。


予想以上に神磯鳥居での撮影時間が長引き、ギリギリのタイミングで涸沼に着く。この日は宇都宮から年配のカメラマンが三人きていた。天気予報通り晴れるには晴れたが、遠くの筑波山には雲が残るも沈む太陽は撮影できた。
晴れていれば上画像の赤丸部分に筑波山が見える。02/03が所謂ダイヤモンド筑波になるようだが、撮影日現在はかなり左側に陽が沈む。


夕暮なんぞを見てゐた」~ F8・SS1/125・ISO200・C-PL+HALF ND8 ~


涸沼での夕景撮影は何度目だろう、季節毎に異なる太陽の沈む場所を考慮し構図を決める。更には置きっ放しになったボートが風向きによって位置が異なり、とても悩ましいのである。太陽が沈む前はHALF NDを使用、暗めの露出で撮影する。


現像は全体的な色合いとボートの明度を+補正。「昨年の三月初旬」、筑波山のやや右側に沈む太陽を撮影したが、個人的にはその景観が好みかも知れない。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。

耶麻郡猪苗代町 天神浜しぶき氷

耶麻郡猪苗代町大字金田字砂浜の天神浜しぶき氷へ行ってみた。ここのところ寒い日が続き氷の成長に期待するも、何故かこの日に限って暖かい日となってしまった。

大字中小松字西浜、小平潟天満宮向かい、または横の駐車場から平坦な道を20分ほど歩く。震災前は湖岸沿いのルートもあったが、危険なので現在の林を横切るルートがメインとなったようだ。

いつもなら一人分のわだちだが、寒い割りに積雪は少ない。下画像、到着してみれば思った通りというか、湖面に氷片が浮かび冷たい強風に煽られるくらいじゃないとしぶき氷は育ちません。


冬ざれ」~ F8・SS10・ISO100・C-PL+ND400 ~


しぶき氷を主題にするほどの大きさはなく、風景として構図を練る。良い感じに雲が流れており、更に風がないので長露光撮影を試みる。レタッチは氷の汚れた色合いが芳しくなく、全体を一旦モノクロ化の後に色合いを加える方法を行う。


結果として何の変哲もない内容となってしまい、先日のあづま総合公園のライトアップ共々upを迷う ← ニ画像とも後に削除する可能性大です。尚、下の動画は2013年に撮影したものです。


流 々」~ F6.3・SS1/2・ISO140・C-PL+ND8 ~


下の動画を撮影した際に撮った画像を追加でupする。お蔵入りになっていた理由としては構図と露出設定。磐梯山に掛かる雲の形状を全く意識しておらず、更に手前の枯れ木は不要だったかも知れない。また露出は変態的というか、何故に絞りをF6.3にしてISOも中途なのだろうと疑問が残る。おそらくは明暗調整を兼ねた絞りだとは思うが、それにしても変な数値だ。但しSSは適しているというか、これ以上遅くなると湖面に浮かんだ氷の固まりが単に雲のようになってしまうと推測する。


upにあたり現像を最初からやり直す。一番の調整箇所は全体的なカラーバランス・色かぶりの見直しであり、氷の固まりなどのコントラストをやや+補正する。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


福島市佐原 あづま総合運動公園

13日(土)の夜、福島市佐原字神事場、あづま総合運動公園の「光のTREEページェント」へ行ってみる。昨年は公園内が工事中ということもあり規模が縮小されていたが、例年通りの内容を期待する。

併しながら期待は外れ規模は昨年同様に縮小されていた。例えば上画像の奥側は一切ライトアップはなく、下画像の樹木の間に提げられていた丸型の照明機材も無かった。その様子にカメラを携えて来た人々は落胆、且つ翌日でライトアップが終わるというのに寒さもあって訪れる人自体が少ない。

個人的には規模が小さくても一向に構わないのだが、ライトアップの色使いのセンスのなさにはガッカリする。黄色や緑はまだしも赤や紫はちょっと頂けない。毎年撮るお気に入りの樹木があるが今年は赤色に照らされ撮るのを止め、上画像の樹木に決める。


冬の木」~ F8・SS10・ISO100・Interval Focus Out ~


この木々は「震災の翌年」にも撮ったのだが、枝々が伸びすっきりした印象が無くなってしまった。撮影はいつものワンパターンで露出中にピントリングを回す方法を使う。本来なら樹木下部もフレーミングしたいのだが、投光機や植え込みのイルミネーションを避ける構図とした。


ピントをずらす撮影なので希薄となる繊細感をコントラストで補う。その効果によって生じる明度を-補正。加えて樹木に当たる色彩を強調した。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。

大沼郡金山町 会津川口駅周辺

8日、午後から天候が崩れそうなので朝より大沼郡金山町へ向う。目的は国道252号線沿いにある”かねやまふれあい広場”から眺める大志集落と只見線。夏は川霧で幻想的に集落が浮かび上がる場所だが、今回は只見線がメイン。実は年末に訪れた際、只見川には大きな浚渫船が浮かんでおり、そのままであれば別な場所を考えていた。

到着が早かったので会津川口駅08:40発、上り426Dを撮影する。赤丸部分が駅と待機中の426D。撮影地は大沼郡金山町大字川口字中山、只見川に掛かる上井草橋から。


凍 朝」~ F8・SS1/200・ISO400 ~


冬木などの色彩感があまり好みではなく、現像時にモノクロを選択した。下に動画をupしたが、雪景色に響くキハの鼓動音は矢張り良いです。


撮影に関しては特に何もないが、露出がやや明るかったのか積雪がカメラ内では白トビ表示になった。レタッチはモノクロ化にあたりコントラストと明暗を部分毎に施す。


お馴染みの大沼郡金山町大字大志字掛橋の大志集落。川面のあちこちには標識が立っており、先に書いた浚渫船による作業はまだまだ続くのかも知れない。また関東からのカメラマン数人が下段に居り、標識共々レタッチによる削除を考慮、オレンジのジャンバーを着た方には線路に頭が被らないよう50cmほど後ろに下がって頂き、そのお礼に冬は行けないが大志集落の俯瞰場所をご伝授した。


寒色の朝」~ F8・SS1/320・ISO400 ~


車両は会津川口駅09:39着、下り425D。昨夏は下段で撮ったが、今回は”かねやまふれあい広場”から撮影。雪はこれからが本番か、広場はまだ雪に埋もれておらず、立ち位置を決めるのは容易であった。先の「凍 朝」同様、撮影に関して特記することはないが、白トビを発生させない露出を選択した。


灰色に支配された曇り空であり、現像はやや青味を加え寒い朝を表現してみた。加えて先の川面に立つ標識や人物は消去する。


さて撮影時の気温は-4℃程であったが、風がないためそんなに寒くは感じなかった。厚手のジャンバーを着込んで動いてると汗が出てきた。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。