河沼郡柳津町 久保田の棚田+etc

14日、昨年とほぼ同時期に那須塩原市板室の乙女の滝へ行く。前日、結構強い雨が降ったので濁流になっていないかと思ったが、雪解けで水量のある今の時期の流れだった。

滝名の由来は若い女性が髪を洗っていた、滝の流れが乙女の髪に見える為と云われるが、果たして如何なものだろう。

下に昨年の動画をupするが、今年は滝左手前の樹木が芽吹いていないことに気付く。本来なら川の中から滝に迫りたいのだが、この時期は水量及び勢いがあって入ることは無理のようだ。


轟々ト若夏滴ル ①」~ F8・SS1/10・ISO160・C-PL ~


轟々ト若夏滴ル ②」~ F10・SS1/6・ISO160・C-PL ~


昨年は飛散した飛沫がフィルター効果をもたらしたが、今年は先に書いたように滝前の葉々もなくちょっと寂しい感じがした。併し周囲の葉は水流で生じる風で常に動きがあり、それらが収まるタイミングを見計らいながら撮影する。


水流撮影のSSだが、個人的に水の表情表現のため例外はあるがそれほど低速とすることはない。つまりこの程度であればNDフィルターを使わずC-PLで撮影可能だった。またそのC-PLの効果だが、最大に効かせると水の煌きが失われ濡れた岩が真っ黒になってしまうなどなど、その場に適した対応を心掛けている。


那須塩原市から国道400号線(一部121号線と併走)で大沼郡金山町へ向かう。撮影云々ではなく新緑と只見線の状態を確認したかったからだが、ついつい第四橋梁を見下ろす場所に来てしまった。

大沼郡金山町大字水沼字沢東の山中からの第四只見川橋梁俯瞰。車を停めて鬱蒼とした杉林を歩くため、今年初めて剣ナタを腰に下げた。作秋以来になるが、矢張りここは清々しく良い所だ。次回は盛夏の川霧立つ時に訪れたい。


風と光と萌葱色」~ F8・SS1/160・ISO400・C-PL ~


私的に主題は山々の新緑なのだが、一目見ればどうしても只見線が主になってしまう。それを避けるために広めのフレーミングを行ったのだが、なかなか思い描くような画像にならなかった。
車両は会津中川駅12:37発、上り428D。この時期はまだ陽射しが優しいのか、昼時であってもコントラストや影部がきつくならず穏やかな色合いだった。それにしてもいい加減なタイトルというか、適したものが思い付かなかった。


昼食の後、第三橋梁も撮ってはみたがイマイチだった。この時点でまだまだ日は高く、どうしたものか思案していると、ふと河沼郡柳津町大字久保田字下居平甲にある久保田の棚田を思い付く。実は三年前の夏に一度訪れており、再tryしようと思いつつそのままになっていた。

久保田といえば映画「ジヌよさらば~かむろば村へ~」のロケ地である。劇中の”スーパーあまの”の店舗は柳津にあるが、主人公の松田龍平が演じる高見武晴(タケ)が購入した空家は棚田近くの山中にある。ロケ前から人は住んでおらず、廃れ具合が進行している。

棚田とはいえ有名地をイメージする景観ではなく、猫の額のようなちょっとしたものだが、福島には棚田が無いので貴重といえば貴重だ。到着した頃は良かったのだが、風が収まらず夕暮れを待つ間にかなり冷え込み車からダウン持ち出し着込む。


夜がそろり降りてきた」~ F10・SS1/20・ISO200・C-PL+HALF ND8 ~


夕焼けが期待できる空模様であったが、肩透かしの結果となりました。いつも表情のある雲の出現を待つのだが、今回はちょっとイメージと違う形状となりなかなか思うようには行かないものです。それでも陽が落ちる前に幾らかはそれらしき光景となり、ボツにならずに済んだといった内容だ。時間的にもうちょい暗くなるまで待っても良いのだが、背後の山々からカサカサと音が聴こえ始め、更には細い棚田の道が分かり辛く足元が明るい内に撤収する。


間も無く田植えが始ると思うが、稲が伸びるまえにもう一度撮ってみたい場所だ‥と言いながら、翌日は腰が痛くなってしまった。そして格好つける訳じゃないが、気持ち的にも最近は神経をすり減らしながら撮ってる感が強かったりする。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。



風に語りて - Talk to the Wind -

石川郡石川町 ”天山”

いわき市から石川郡石川町を結ぶ県道14号線、通称御斉所街道。石川町と同郡古殿町の間には数件のラーメン店がある。

中でも前々より気になっていたのが、”県下一の手創りラーメンここにあり!”と銘打った天山。撮影などいつもは早朝に通るので、今回初めて入店してみた。

店内は四人席テーブル三卓、小上がり四人席三卓、そしてカウンターが十席。

メニューは様々な種があり、餃子や炒飯などのセットメニューが充実しているのだが、個人的にオーダーの際に迷うのが面倒だったりする。

という訳で、初めての店ではチャーシュー麺を頼むことが多い。化学調味料を一切使わないとの通り最初の一口は物足りなさを感じたが、次第に身体に染み渡るようなまろやかさに脳が目覚めてくる。
メンマはラー油の香りがあり、ちょっと少なく感じるスープであるが、抵抗無く飲めてしまう。ただばら肉チャーシューは味の染み具合というか、調整が整っていないような感じを受けた。

白河ラーメンと同じ手打ち手揉み麺。モチモチした感触はないが、キラキラと輝きコシがあって喉越しもよい。後から知ったのだが三種の太さから選べるようで、おそらくこれは中太麺になると思われる。


さて安かろうまずかろうでは話しにならないが、先に書いたように化学調味料を一切使わず、更に食材を全て手作りしている内容としてはかなりリーズナブル、且つ美味しく頂ける一杯であり、機会があればまた食べてみたい。


月曜定休 (月曜日が祝日の場合は次の平日)


石川郡石川町大字谷沢字榎町15-1


風に語りて - Talk to the Wind -

いわき市田人町 クマガイソウ群生地

私の知る限りでは福島県内にクマガイソウの群生地が三箇所ある。その内の二箇所、二本松市(旧東和町)戸沢字柏久保「羽山の里クマガイソウ群生地」、そして福島市松川町水原鎌倉山「クマガイソウの里」は家から近いこともあり何度か尋ねたことがあり、今回はいわき市田人町石住字綱木の群生地へ行ってみた。


約三万株のクマガイソウは日本最大級とも云われており、「羽山の里クマガイソウ群生地」と同様に個人宅の裏山になる。実は三ヶ月前に場所の確認で来ていたのだが、舗装は成されているものの綱木集落までは細い山道になり、混み合う休日、及び時間帯を避けたいので平日の朝にお邪魔した。

集落まで対向する車はなくスムーズに到着。開園は09:00からだが既に第一駐車場は満車となっていた。クマガイソウは平子(たいらこ)氏宅裏山の杉林にあり、住宅脇の案内所で協賛金の300円を支払う。

クマガイソウを育ててきた平子長男氏は昨秋亡くなり、その意思を家族や集落の方々が引き継いでいる。

母屋の裏手にある最初にクマガイソウを育てた場所。さて”平子”と書いて”たいらこ”と読むのは珍しいと思われるが、いわき市にはこの姓の方が多い。因みに綱木集落の九戸十一人は全て”平子”姓になる。
失礼な言い方だがこのような辺境な土地に住む人々は先祖が落ち武者、山賊、狩人などの場合が多く、集落の方の話しでは平家の流れとのことだ。

入り口から左へ行くと、生育に適した環境下に驚くほどの光景があった。片手間に撮ったものだが下の動画も参照して下さい。


私の声が聴こえますか ①」~ F10・SS1/20・ISO200・C-PL ~


私の声が聴こえますか ②」~ F10・SS1/10・ISO320・C-PL ~


話しは前後するがクマガイソウと対峙すると、何かから見つめられ、そして語りかけられているように感じるが、そんな感覚をタイトルにした。


到着前は部分部分を切り取るようなイメージであったが、広大に咲く様を見て風景として捉えることにした。下の動画をご覧頂くと周囲は人が歩いており、従って人の切れ間と射しこむ陽光を待っての撮影を行う。②に関してはフラットな光線の元での撮影。


以前も述べたかもだが私は花を綺麗に撮ろうといった思考は無く、単に風景の中の物体として捉えている。併しながら人出もあり同じ場所で長露光撮影なども出来ず、後のレタッチの際にそんなイメージを表現しやすい露出での撮影を行う。



@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


風に語りて - Talk to the Wind -

西置賜郡飯豊町 白川ダム湖岸公園

七日の日曜になるが、04:00出発で山形県西置賜郡飯豊町大字数馬の白川ダム湖岸公園へ行ってきた。同地はほぼ一年前に続き二回目になる。

以前も書いたが、日が長くなると暗い内に家を出ても遠い所は日の出前に着くことは難しい季節となった。

雪解け水でダム湖が満水になり、浸水する芽吹いた木々がこの季節の風物詩。既に多くの方々が撮影に訪れている。上画像、北西側の湖岸はキャンプ場になっており、彼方の尾根は福島県と新潟県そして山形県に跨る飯豊山。

撮影を終え、県道四号線を北上すると猿の集団が多数出没していた。ある程度距離を詰めるとサッと逃げてしまう‥というか、絶対食料などを与えてはいけません。


時こそ今は新樹萌ゆ ①」~ F8・SS1/25・ISO100・C-PL ~


時こそ今は新樹萌ゆ ②」~ F5.6・SS1/80・ISO200・C-PL ~


昨年は曇り空だったため、色彩が優れずBlogには一時upし後に削除していた。と言いつつ、到着時は朝の斜光線が射し込む訳でもなく、なかなか難しい被写体だと改めて実感。今回の二枚は何れもC-PLを使用、反射を抑えるのではなく加算する側の効果としている。撮影は湖岸道路から、①は光が横、②は太陽が60°位の角度になる。


レタッチは水面に写る木々のコントラストを+補正、①の水面の色合いのブルーを+補正。全体に明暗調整を行い、加えてボカシ、彩度などを適度に+補正する。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


風に語りて - Talk to the Wind -

南相馬市小高区 ”双葉食堂”

昨年末以来となる双葉食堂。11:00前に到着したが既に開店しており、ほぼ満席状態で賑わっていた。

食堂とはいえメニューはラーメンとうどんのみ。因みにもやしラーメンは辛いようだ。

小さめの四人テーブル四卓、二人テーブル一卓、小上がりは四人席が四卓。他に自宅玄関から入る座敷席がある。

空腹につき今回もラーメン大盛り。ブレの無いすっきりとした鶏ガラスープは言い換えるとこれといって特色のない内容なのだが、昔ながらの街角のラーメンを食べているという味わいで飽きずに食べれる。
前回は香味のような匂いがあったが、今回はそれを感じなかった。また四枚乗っていたチャーシューが二枚になっていたが、これはコスト削減なのだろうか‥。

細麺ながらスープに絡みます。手の込んだラーメンって運ばれて来るまでに冷めてしまうこともあるが、フーフーと冷ましながら食べるラーメンってやっぱ美味いです。特に冬の寒い時期などは最高のご馳走になる。


南相馬市小高区東町1-96-1 木曜定休


風に語りて - Talk to the Wind -