大沼郡三島町 会津西方駅周辺+etc

昨日は先週の大沼郡三島町、第二只見川橋梁の撮り直しを目的に出掛ける。先週は下り始発423Dだったが、今朝は上り始発の422Dを待つ。第二橋梁通過時刻は06:00頃、次第に数人のカメラマンが集まってきた。

撮影位置は先週と同じ大字川井字天屋原の歳時記橋から。立ち方は少ないが川面を這う川霧が良い感じです。下流は第一橋梁になりその方面の川霧はだいぶ少ない。


山繁リ何レニ行クヤ夏ノ日ヨ」~ F7.1・SS1/160・ISO500 ~


先週と同じタイトルなので、その画像は削除した。422Dは423Dより凡そ90分早く通過するのだが、霧の量も多く先週よりSS及びISOは一段から二段明るめの設定になる。また構図はやや寄ったフレーミングとした。レタッチは明るさと色合いの補正を若干行った程度に留まる。


続いて第二橋梁すぐ近く大沼郡三島町大字名入字根岸居平の会津西方駅へ向かう。前々より頭に描く絵柄があり、今回はロケハンも兼ね撮影を行う。車両は先週撮った423D、西方駅着は07:25。

上り方面へカメラを向け待機するが、夏草がどうも邪魔になる。更に初めての場所なので車両をどこへ配置すればよいものか考えがまとまらなかった。


故郷はもうすぐ」~ F10・SS1/200・ISO200 ~


上記のようにイマイチな内容ながら取り合えずup、雑草が消える秋などに撮り直すかも知れない。空模様がころころ変わり、露出設定が追い付かず全体的にアンダーな画質になってしまった。


従ってレタッチは明度補正が主になった次第だが、絞りはF8でも良かったように思う。また下の動画を見ながら、車両はどの位置が良いかなど検討したい。付け加えると動画を撮る理由のひとつに位置関係の確認などもある。


会津西方駅からの下り方面、大沼郡金山町大字越川字中屋敷の会津越川駅へ行く。現在会津川口駅から只見駅までの27.6kmは2011/07の新潟・福島豪雨で不通になっており、会津越川駅は会津川口駅より二つ目の無人駅。

不通区間の駅は全てこのような状態。再開通の目処が立ったが、駅周辺の点検整備でさえかなり大変そうだ。


あしたぼくはどこかへいきたい」~ F10・SS10・ISO100・C-PL+ND400 ~


前々よりイメージが出来ており、構図やタイトルなどはほぼ頭の中にあった。流れるような秋空を長露光で撮れるならカラー選択したが、曇天模様の重い雲なのでモノクロとした。またそれに伴い空の面積を少なくフレーミングする。


此処のところ只見線を撮ることが多く、長露光撮影は久しぶりのためか些か感覚を忘れてしまった。例えば波や水流、そして雲はその形状、更風が吹けば止むタイミングなどを見計らうのだが、今回はそれらを思い起こす撮影になった。


モノクロなのでコントラストと明暗の補正が主となり、明暗は例えばホーム下の白い花を暗くするなどなど、各所部分的に補正を行っている。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。



風に語りて - Talk to the Wind -

レタッチは是か非か 其の二

一年前「レタッチは是か非か」の記事をupした。その中でレタッチは補正、最終仕上げが目的であり、撮影時から前提にすることを個人的結論としたが、今回はもうちょい具体的な事柄を記しておきたいと思う。


さて夏は只見線の川霧を追っている次第だが、ある朝、隣で撮っていた年配の方が露出で悩んでいた(傍から見れば私も年配 w)。話を聴くと鉄道撮影のSSは最低でも1/500秒と教わり、その通りに撮ると暗くなってしまうということだった。
確かに鉄道撮影のSSは1/1000秒が基準と云われるが、これは日中の明るい状況下であり、夏とはいえ霧が立ち仄暗い只見線の始発では話しが異なる。


何かで読んだか聴いたかしたが、時速50kmで動く物体を1/500秒で撮ると、その物体は1/500秒の間に2.8cm移動するようだ。因みにWikipediaに拠ると只見線の時速は65kmと記されているが、おそらくこの速度は平坦部であり、各橋梁はかなり遅く目測で30km位と思われる。つまりこれらを考慮し2.8cmの動きをどう捉えれば良いかだが、車両が目の前を通り過ぎて行くならいざ知らず、遠く離れている場合ならそれほど厳格に捉えなくても良いのではなかろうか。

上は三島町の只見線ビューポイント上段からの第一橋梁俯瞰、等倍画像になる。距離は直線で凡そ500m、露出はSS1/80・絞りF8・ISO500。暗いのでISOを上げ、且つSSは1/80秒とかなり遅い。遅いながらも動体ブレはないように見えるが如何なものだろうか。
当然SSを稼ぐため絞りを開けたりISO感度を上げることは大前提ながら、これは各レンズやカメラの性能差があり全てが同じではない‥と、レタッチとは異なる話が長々と続いてしまったが、これらのことを先程の年配の方に説明し、要は露出も含め車両との距離間などなど、試し撮りやネット上の画像を参考に自分也の許容範囲を決める必要がある。


という訳で只見線の始発は暗いのであります。前出したように霧が立てば尚更であり、SSを開けられない撮影なのでどうしても後のレタッチが必要となる。

これは以前upした「色淡き朝は夢む」 F5.6・SS1/125・ISO400だが、下は無修正画像。

絞りをやや開け、ISOをそこそこ上げてもこの暗さだ。下記文書はup時のもの。


・・・霧及び雨模様で全体的に暗めであり絞りはやや開けている。それでも画像は暗く後のレタッチで明るさの補正を前提で撮影。
撮影時WBは5800kを選択したがレタッチの際に5200kに変更、同時に明るさと色合いの調整を行う。また霧部分にノイズがあり除去する・・・


言葉でレタッチ内容を述べても分かり辛いのでBefore・Afterの画像をupしたが、付け加えるとコントラストも強調、その効果の結果で明るさ補正の度合いを決めた。レタッチの方法は各ソフト毎に違うので触れないが、カメラの性能・特性などで表現出来ないものを再生・再現するのがレタッチであり、撮影時以上に撮影者の表現力、及びその時の光や色彩の記憶力が必要かも知れない‥と、相も変わらず素人の独り言でありました。


風に語りて - Talk to the Wind -

大沼郡三島町 第二只見川橋梁+etc

三週間ぶりに撮影に出た。とはいえ行き先が浮かばず毎度の只見線だ。まずは今季もう一度、大沼郡金山町大字水沼字沢東から霧の第四橋梁俯瞰を撮りたく向ってみる。

到着時、川霧はさほど立っていなかったが、車両通過時に合わせ濃くなってきた。見下ろす国道252号線の水沼橋には数名が三脚を立て待機している。


静 瞰」~ F8・SS1/100・ISO500 ~


いつもの上り422D、今朝はラッピング車両ではなかったものの霧が濃くその甲斐が無い。その濃さゆえファインダー内の車両を一瞬見失い、シャッターを切るタイミングがワンテンポ遅れてしまった。露出は絞りをもうちょい開け、SSを稼げば良かったかも。


毎度のことだが霧の出方で横ないし縦の何れの構図を選ぶかとても悩ましい場所、且つ今日は川霧というより単に霧といった光景で、尚のこと悩み縦構図を選択した。
霧でコントラストがかなり甘い画質となり、明度と共に+補正する。WBはこの時間帯特有の色合いを考慮し5800kで撮ることが多い。


今日は仕事があり、帰路の途中になる大沼郡三島町大字川井字天屋原、歳時記橋から第二橋梁を撮ってみる。場所は道の駅”尾瀬街道みしま宿”の裏になる。赤丸は第一橋梁を見下ろす鉄塔。因みにこの周辺は只見川の中央部で住所が異なり、立ち位置である北側は大字名入になる。

到着時は霧が川面を蠢き良い感じであったが、下り423Dの通過が近付くに連れ、次第に薄くなってしまった。思えばこの第二橋梁、並びに423Dを撮ることってあまり無い。


山繁リ何レニ行クヤ夏ノ日ヨ」~ F8・SS1/250・ISO320 ~


時刻は07:26頃、既に太陽は高いが薄い雲に隠れフラットな光具合。第二橋梁の撮影は橋の向こう側からが多いが、歳時記橋からの撮影は始めてとなる。


露出はSS1/250秒をキープし明暗はISOで調整。撮影時のWBは5000kであるが、青味が残りレタッチで5400kに変更。こうして見ると全体を覆い尽くす程の川霧があれば、幻想的になるように思う。従って機会があれば始発422Dを撮ってみたい。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。



風に語りて - Talk to the Wind -

第一只見川橋梁 & 桧原湖

五週続けて03:00起きの撮影が続いたためか、カメラを持つ気持ちがちょっと萎えてしまった。暑いこともあり尚更だが、今回は昔々撮った画像をupすることにした。


その五時起きは只見線の撮影なのだが、何度か書いてるように昨年から川霧がなかなか良い形状にならず、2015/07/04に撮影した画像をupする。

当日は小雨模様で湿度が高く打って付けの状態であり、只見川ビューポイントのある大沼郡三島町大字川井字天屋原、道の駅 尾瀬街道みしま宿の裏を流れる只見川は かなりの霧が立ち、この位じゃないと第一橋梁俯瞰は面白くないのである。

只見川ビューポイントの案内板。最上段のD地点に登ると左手には遠く第二橋梁も見えるが、第一橋梁の撮影は此処が適している。下画像、D地点から眺める会津西方駅周辺も霧にすっぽり覆われている。


山ノ彼方ノ空遠ク」~ F8・SS1/80・ISO500 ~


始発の上りは06:03頃に第一橋梁を通過するが、霧の覆われると結構暗い環境になる。明るく撮るにはISOとSSの設定に寄るが、ISOを上げすぎると霧の光景はノイズが際立ってしまうこともあり、SSをぎりぎりまで下げる。それでも暗さが残り、レタッチは全体の明暗のバランスとWBの数値を整えた。


この年の07/25に撮影したものが現在Main Blogにupしてあり、同じ画像が重なるので載せなかったが、先に書いたように昨年からイメージする霧に出会えずupした。


宇宙ノ片隅ニテ」~ F8・SS8・ISO200・C-PL+ND400 ~


夏になると定期的に通う耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯の桧原湖。東岸から眺める夕焼けが目的なのだが、upした2012/08/04の光景はその後見たことが無い。


空の青さがまだ残る日没、高度のある雲に落陽が反射し独特の景観になった。通常露出で撮ると湖面の波の表情が気になり、ND400を装着した長露光撮影。またCP-Lの効果で四隅が暗くなり、ドラマティックな印象、且つタイトルのように宇宙の中の一角に思えた。


この画像も「山ノ彼方ノ空遠ク」と同様、同じような光景に出会えず在庫を引っ張り出した次第だが、写真は一期一会と云われるように一瞬を逃がさないのは当然ながら、あの時に見た光景を知らず知らずの内に追い掛けている‥再現したいのかも知れない。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


風に語りて - Talk to the Wind -

七年ぶりの薄磯海岸開設

塩屋崎灯台や海景色などなど、撮影でよく行く薄磯海岸が勿来、四ツ倉に続き今年から海水浴場が開設された。そんな訳で昨日は撮影目的ではなく家人を伴い出掛けてみる。

その前に干潮のタイミングに合わせいわき市久之浜町田之網字舟門の蟹洗海岸へ行く。バイパスが出来たので現在は旧六号線の道路沿いになるが此処は穴場です。遊泳禁止の看板が立っているが、皆さん自己責任で水遊びを行っている。

時折り撮影を行う場所でもあるが、未だ良いものが撮れずにいる。奥の赤い橋と鳥居は波立海岸の弁天島。この頃は午前中だったので風もあって涼しく爽やかだったが、次第に海岸特有というか、身体にまとわり付くような湿度の高い陽気に変わって行った。

四月以来となるいわき市平薄磯の薄磯海岸、震災前は住宅街であった一帯がかさ上げされ広々とした駐車場になった。その震災以降の工事で行く度に景観が変わり、車を停めることも出来なかった海岸沿いがこんな風に造成され、妙に感慨深いものがある。

海の家は一軒、まだまだ人出は少ないが、灯台と海水浴の光景は震災前の様々な思い出が甦ってきました。天候や潮の満ち干きを考慮しまた撮影に来よう。

帰路はいわき市四ツ倉の道の駅 よつくら港に寄る。たまたまだが22(土)23(日)はよかっぺ市が行われており、私は詳しく分からないが和太鼓疾風と御諏訪太鼓の演奏が行われた。二階テラス席から↓動画を撮ってみました。



風に語りて - Talk to the Wind -