耶麻郡北塩原村 桜峠+etc

子供の日、南会津郡下郷町大字戸赤字林下、戸赤の山桜へサマオク同伴で04:00に家を出る。冬が寒かった&遅霜で花数が例年より少ないと聞いていたが、果たして‥。

到着してみれば確かに寂しい景観であるが、咲かず仕舞いであった2013年よりは遙かに良く、ソメイヨシノと異なりオオヤマザクラは気候によって咲かないこともある。

最初は桜の近くから撮影を行い、次に向かい側にある休校を利用した「やまざくら」から撮影。(下動画は2014/05/03撮影)


山覚める ①」~ F10・SS1/20・ISO200・C-PL ~


山覚める ②」~ F10・SS1/20・ISO200・C-PL ~


本来であれば日の出前に撮影を行いたいのだが、先に書いたように04:00に家を出てもこの時期は間に合わない。従って来年は夕方に撮影を行ってみようと思う。つまり毎年ほぼ同じ光線状態での撮影になってしまい、どうも新たな構成が描けない。①は山裾から②は「やまざくら」からの遠景、とはいっても焦点距離の差は10mm程。


この日はちょっと靄がかかっており、ピントが甘く感じられる。従って絞りをF10としたが、結果的にSSも同じ数値になった。その靄の効果でモワッとした描写になり、レタッチでは更にボカシ加工を施す。陽が射して白トビを起こしそうな花の露出を抑え、全体的にコントラストと色調の補正を行う。


戸赤からサマオクが付いてきた理由でもある大沼郡金山町太郎布高原へ向かう。この高原にはアザキ大根の畑がありその花々を見るためであったのだが、畑を耕した様子もなく一月ほど早かったようだ。

金山町から国道252号線を北上、三島町早戸本村にある携帯の基地局付近をロケハン。以前より気になっていた場所だが、これはちょっと駄目かもしれない。赤丸部分が早戸駅になり、これから葉が伸びてくれば何も見えなくなりそうだ。

続いて大林ふるさとの山へ向かう。初めての場所だが山一面カタクリが咲き、その頃に来たいと思いつつ、上手くタイミングが合わずにいる。

近くの西隆寺では鬼子母神例大祭が行われていました。この寺には乙女三十三観音像がありますが、私のような親父の趣味ではありません w


さてこの日の予定はこの後特になく、7日の日曜は耶麻郡北塩原村の桜峠へ行く予定であったが、かなりの暑さに散ってしまうのではと急きょ舵を切る。

到着は昼前、花は予想通り既に散り始めていた。聞けば前日の朝に三部咲き、夕方には七部咲きとなり5日は早々に満開を終え散り始めたようだ。

いつもは赤丸部分からの俯瞰になる。今回はその三段目から夕景を撮るため、昼食や各地散策で時間になるまでこの場を離れる。(下動画は2016/04/24撮影)


惜春の色彩」~ F10・SS1/30・ISO200・C-PL ~


昨年は日中の陽射しの元で撮影を行った。よって朝夕の異なる時間帯を予定していたのだが、先述したように二日後では既に遅かったかも知れない。散り始めで色褪せてきた花々ではあるが、傾きかけた陽光に染まり始めた。
レタッチは色調を+補正し段階フィルターで下側に向かって暗さを加算、更にボカシ加工を微細に施す。


春尽きる」~ F10・SS1/15・ISO200・HALF ND8 ~


上段ではなく三段目から撮影を行った理由だが、夕景を撮る際に足元の雑木がどうしても邪魔になり、幾らでもそれらが入り込まない場所を探した。これは結果論だが、ドラマチックな夕空となれば空の面積を多くフレーミングし、雑木はもっと少なくなったと思う。


HALF NDを使用するが、太陽の白トビを抑え、且つ空の色合いも表現するとなると暗めの露出、つまり下側の桜も暗くなり、レタッチは輝度差の補正がメインとなる。またフレアの修正も行い、全体的にコントラストを-補正する。


さて二箇所桜の撮影を行ったが、個人的に今年の桜はこれで終わりかな。下郷町や裏磐梯にはまだまだ残雪があるものの、春は過ぎ山々は新緑の初夏を迎えたようだ。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。




風に語りて - Talk to the Wind -

モニターキャリブレーション

モニターで見た画像とプリントした画像の明暗や色合いが違う、同様に他のPCで見た際も違って見えるなどなど、写真を趣味とする場合は特に気になるものです。原因はモニター毎の調整が統一されていないからだが、解決するには「i1 display pro」などの高価な機材を使うようになる。

現時点で「i1 display pro」は35.000円ほどすると思うが、とてもとても買えないので私はフリーソフトの上画像「Calibrize 2.0」を使っている。詳細はこの「サイト」をご覧頂くとして、起動直後のモニターは正確な発色になっておらず、いつもは10分ほど過ぎてから調整を行っている。

明るさとコントラスト調整画面。これらの調整は各モニターの調整ボタンを使って行う。調整可能範囲はモニター毎に異なるため、各々適度な状態を選択するようになる。調整を終えると、多くの場合モニターが明るい設定になっていることに気付くが、プリントの際これらが暗い仕上がりの写真になる要因かも知れない。

色調整画面。スライダーを左右し、周囲と丸部の色が同じになるよう調整する。先に書いたようにモニターが冷えた状態と温まった状態ではかなりの差が生じる。


以上、簡単に出来るので是非一度試して欲しい‥と言いつつ、既に「i1 display pro」などを使っている方には余計な話しだけど、定期的に行うのがベストだと思います。因みに私はレタッチ作業の前に色調整画面を確認、ズレがあれば調整を行っている。


風に語りて - Talk to the Wind -

田村郡三春町 ”はし軒”

三春での桜撮影の際、数度寄ったものの臨時休業が続いてたはし軒、今日は開店前に電話で営業か否かを確認してから出掛けた。

国道288号線を走行すると目に入る青い看板があり、もしかするとコンビニを改装したような店舗です。噂では聞いていたが、とても美味しい&開店前から次々と車がやって来るとの逸話に期待が膨らむ。

撮った後に言われたのだが店内の撮影はNGとのこと。その店内は広々として清潔感がありました。座席は小上がり四人席が四卓、四人テーブル席が二卓、カウンターが六席だ。

メニューは醤油ラーメン類に加えごまタンメンと餃子がある。私は毎度のチャーシューメン、サマオクはラーメンと餃子を注文する。

インパクトのあるビジュアルを見せるチャーシューメン。この値段で煮玉子(半分)が乗るのは嬉しい。スープは色濃くそれ也のパンチ力を期待するが、香ばしさは感じるもののあっさりした味に肩透かしを食う。つまり見た目のイメージと実際の味のギャップがなかなか埋まらず、何かが足りないような醤油味の汁物を飲んでるような錯覚に陥る。


チャーシューは分厚く大きい。噛むと燻された香りが口内に広がりとても良いのだが、些か筋っぽく硬いのである。その表現としては如何にも肉に噛り付くといった感覚だ。この肉々しさに先のスープが完全に引けを取っており、今ひとつ協調性が感じられない。

中太手打ち麺はこれも食感が乏しく、特筆して美味いと思うことはなかった。

ご覧の通り乱雑に並ぶ餃子。味はその姿から連想するように、不味くはないが美味くもないといった内容。ニンニクは全く効いておらず、それ也の冷凍餃子の方がよっぽど美味いと思う。


ご主人とおそらくその奥さんの二人からなる切り盛りは、空席があっても先に注文されたラーメンを出し終えるまで案内されず、その様がどうも落ち着かないように見えるなどなど今回は厳しい感想を書いてるが、正直な話し並んでまで食べる必要性はないと感じた。
これは私だけの意見ではなく、サマオクの味覚も同じ印象を持ったようだ。ただチャーシューの食べ応えのお陰か満腹感は大いにありました。


田村郡三春町大字熊耳字中田123-1 火曜定休 (祝・祭日は翌日水曜休み)


風に語りて - Talk to the Wind -

いわき市小名浜 ”支那そば 一力”

一月以来となる支那そば 一力、開店前に到着し一番乗りとなった。

四月になったので味噌ラーメンは終了、秋まではラーメンと塩ラーメンのラインアップ。

入店時に食券を購入。販売機の上には佐野実氏の写真が飾られている。個人的に食券方式は好きではない。食べたいメニューやトッピングなどがどのボタンかを探すのに時間がかかり、特に始めての店やお年寄りは戸惑うのである。

厨房や店内は綺麗です。客席は四人及び六人席テーブルが二卓ずつ、他は十席のカウンターになる。

チャーシューメン 950円。私は本家支那そばやの味を知らないが、例えば食べログなどを見ると開店時から使われる食材が変化、徐々に味も変わってきているようだ。併しながら個人的には好きなラーメンの一つだったりする。


鶏、豚、煮干からなるトリプルスープはクセや匂いがなく、あっさりしながらコクがある。大きくて厚みのあるチャーシューは口に入れるととろけるタイプではなく、しっかりとした噛み応えがあり肉を食べているといった食感がある。

前回に比べ小麦の香りが感じられなかったが、中太ストレート麺はスープに絡み歯応えが良い。気になるのは値段。開店直後並びに佐野氏のように食材に拘るのであれば、相応の単価になってもおかしくないのだが、ビジュアル的にも現在のチャーシューメンは少々お高く感じる次第だ。


いわき市小名浜中町境4-11 月曜・第三火曜定休


風に語りて - Talk to the Wind -

いわき市高倉町 高蔵寺+etc

29日、シャガが咲くいわき市高倉町鶴巻の高蔵寺へ行く。昨年と同様に四月末の来訪だが、全体的に四分咲きといった景観で今年は例年通りの開花状況だと思う。

本堂の左側から墓所そして杉林方面へ歩く。福島県内には三重塔が三箇所にあるが、そのひとつがこの高蔵寺になる。

上画像、杉林の左側は砂利道になり、三重塔を眺めながら緩やかな登り坂を歩く。下画像、右側は階段を登って三重塔へ向かう。因みに回り方に順序はない。

三重塔と徳一大士由来。毎度思うのだがこの寺は墓数が多いものの、寺社内にこのような施設があると色々な意味で檀家は大変だと想像してしまう。

今年は閉まっていたが、昨年は塔の扉が空いており徳一菩薩像を見ることが出来た。


春深シ」~ F10・SS1/10・ISO200・C-PL ~


一昨年」の画像のように、この数年は朝の斜光線をメインにフレーミングしていたのだが、構図に自由性がないことに気付く。従って今年はゆっくりと起き出し出掛けることができた。陽射しは刻々と変化し、その動きに照らされる様を待ちながら撮影する。そんな撮影環境なのでコントラストの強い色合いになった。


レタッチはまずコントラストを-補正の後、日向日陰のバランスを各ポイント毎に調整、輝度差を肉眼で見たイメージに近付ける。


皐 月」~ F2.8・SS1/80・ISO200・C-PL ~


苦手な植物を中望遠レンズで撮影。絞り開放なのでピントは一つの花のみ、且つ構図も何ら変哲がなく面白味がない。以前何気に気付いたのだが、私は花々を綺麗に撮ろうという概念がなく、それが苦手というか上手く行かない最大の理由のように思える。


明度を+補正、ピントの合った中央の花のみコントラストを+補正、全体にボカシ加工を極微細に施す。


昼過ぎにいわき市久之浜町田之網字舟門の蟹洗海岸へ行ってみる。ここ最近何度か通うものBlogにupしては削除の繰り返しで、なかなか思うようなものが撮れない。
本日の干潮は11:51、到着してみれば干潮とはいえこんなに引いた様を見るの始めてだった。従って岩礁に渡るのは楽だが、景観としては画にならず数枚撮って終了。

夜、いわき市平薄磯字北街の薄磯海岸へ向かう。先月の「わたしは夜に海をみる op.3」は引き潮だったので、今回は満潮の18:40頃を想定するが、先に書いたように満潮ではあるが著しく潮位は低かった。


ピントや構図を固定し暗くなるを待つ。水平線が肉眼で確認できる状態だと船の存在は分からないが、長露光で撮ると光跡が写っている。そうこうする内に雷雲が発生、突然の強い雨となり撮影を中断。
仕方なく帰路に付き、途中の小名浜で夕食を終えると雨は上がり星が出ていた。従ってそこから引き返したのだが、タイトル通り夜の暗い海でのピント合わせとフレーミングは難題、ピントはほぼ同距離と推測する道路工事用の発光するポールなどで合わせるが、構図は撮っては雲台を動かすを繰り返すものの、結局は雨が降る前に撮った画像をupする。


わたしは夜に海をみる op.5」~ F6.3・SS322.5・ISO100 ~


撮影時刻は18:49、WBは4000kを選択。この時間帯は長露光だと綺麗な青になるので好みなのだが、光跡を撮るにはまだまだ明るくISOを最下段にしないと撮れない。先に書いたように肉眼では船の存在がはっきりとは分からず、試し撮りという訳ではないが、短いSSで数枚撮って船の位置を推測、後はカンでシャッターを開く。


相対的に明るい画像となり光跡の色彩もはっきりせず、レタッチで赤味を加える。岩礁の色合いも青っぽいため色調とコントラストの補正を行う。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


風に語りて - Talk to the Wind -