郡山市熱海町 ”麺屋 正遊”

いつも通りながら寄ることがなかった麺屋 正遊(しょうゆう)、今回は撮影を早めに切り上げ、昼時を帰路の途中に合わせた。寄りたかった理由の一つに白河ラーメンの代表格、”とら食堂”で修行されたとのことで、否が応でも期待が高まる。

店舗は国道49号線、セブンイレブンのある交差点から温泉街に入って直ぐ。2000年に開店とのことだがそれにしては古い店舗、おそらく何かしらの家屋を借りているのだろう。

メニューは醤油のみとなりワンタン麺やもつ煮もある。外見と異なり店内は改装され明るくて綺麗だ。客席は小上がり四人席と六人席が各一、テーブル四人席×二卓、二人席×一卓、カウンター三席となる。

チャーシュー麺 @920円


迷わずチャーシュー麺を注文。配膳された丼内のビジュアルは先の”とらや食堂”、及び田村郡三春町の”とらや分店 村田や”のラーメンとそっくりであった。異なるのはチャーシューがやや小振りということと、スープ表面に浮いた金色の油が多目ということだ。


まずはスープを一口、とても優しく鶏の風味が口内に広がる。ガツンと来る味覚は皆無なのだがこれは無化調故の味で、後からジワッと美味さが沁みてきます。但し個人的にはもうちょい塩を利かせても良いように感じた。
チャーシューはもも肉とばら肉からなり、燻した香りが食欲をそそる。噛み応えは肉々しさがありとても良いです。味付けは一般的な煮込まれたチャーシューからすると薄味だが、あっさりしたスープがプラスされることにより味わいが深まる。

ツルツルとした手打ちちぢれ麺。モチモチ、シコシコした食感と異なり、あまり噛まなくても喉を通る柔らかさ。このタイプを好まない人も多いが、個人的には好きな麺だ。


全体的に丁寧に作られたという印象を受ける一杯であり、先に書いたように化調に慣れた舌には物足りなさを感じるかも知れない。併しながら客足が途絶えることなく、人気の程が窺える。因みに営業時間が11:00~19:00と長いのが嬉しい。


郡山市熱海町高玉字二渡69-1 火曜定休

二本松市郭内 二本松城址

年が明けてから用事があったりで写欲が起きない。このままだと寒さもあって動くのが嫌になってしまいそうだが、今朝は日の出を撮ろうと近くの二本松市郭内四丁目、二本松城址へ行ってみた。

二本松城は別名”霞ヶ城”とも称され仔細は「Wikipedia」をご覧頂きたいが、維新の戦で会津は白虎隊、二本松は少年隊が官軍を相手に奮戦した。秋には霞ケ城公園で毎年”二本松の菊人形”が行われる。昨年11月に撮影した公園内の「洗心亭」。

日の出は天守閣からの撮影になる。田舎の小さな市なのでこじんまりとした街並みだ。右奥には郡山市のビックアイが見える。

日の出直前、西側の安達太良山が一瞬だけピンクに染まる。併しながらカメラは三脚に設置した状態であり、これ自体を目的に別日の撮影と決める。


イズル」~ F14・SS1/160・ISO200 ~


実は年末の29日そして昨日と訪れていたが、何れも天候が悪く三度目の正直となった。雲一つない快晴となり朝焼けは期待できず、登る太陽の光芒を撮ってみる。光芒を撮るには絞る必要があり、個人的にF14で撮ることは滅多にない。


直射日光なのでどうしてもフレアーが発生、その多くは手前の林の中にあり、消去とアンダー加工を行う。また全体的に暖色系の補正を行い、街並みの明度を+加工する。改めて見ると中途に積もった雪があまり芳しくないと思う。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。

昨年の写真

恒例となった年の初めに自画自賛・自己満で昨年撮った(プリント)した写真から数枚を選ぶのコーナーです。今年は五枚選んだが、振り分けに結構と時間がかかるものです。

選んだ画像の内三枚は縦構図になった。縦構図は撮影者の意図や個性が表現される云々‥と、以前何かで読んだことがあるのだが、果たしてどんなものだろうか。(タイトルをクリックするとフォト蔵の大きい画像になります)


■「Wish You Were Here」-- 喜多方市熱塩加納町熱塩字前田丁 日中線記念館 --


05/17撮影。モデルはサマオクです。何度か撮ったことがある場所だが、人物の必要性を感じ連れ出した。たまたま青いシャツと帽子が青いシートと同調し、何かしらの物語り性が生まれたように感じる。「もっと右向いて、ちょい下」などと言いながら撮った記憶が甦りました。


■「秋ヲ見下ロシテ」-- 大沼郡会津美里町八木沢字七窪 蓋沼森林公園 --


09/09撮影。蓋沼森林公園からの会津盆地と只見線俯瞰。春は何度か撮ったことがあるものの、稲が実る頃は始めてだった。只見線にどれだけ寄るかが毎回悩むポイントであり、個人的には広々と風景的に撮るのが好みだ。特筆するような内容ではないが、プリントした写真を見ていると何故かしみじみと惹き込まれる一枚。


■「晩秋紀行」-- 大沼郡金山町大字水沼字沢東 第四只見川橋梁 --


11/08撮影。晩秋の第四橋梁俯瞰、作秋はこの場所に五回通いました。その理由は光及び紅葉の状態。「晩秋紀行は四回目、15:36頃に通過する430D。陽射しは山陰に沈みフラットな状態となった。紅葉の色付きが宜しくなく、昨年同様にほぼ散った残秋感が好みだ。下側部分をやや取り込み過ぎたか、ちょっと気になる。


■「夕 照」-- いわき市岩間町輪山 --


12/09撮影。五枚目の「黎 明」と同日に撮ったもの。Main Blogには横構図で撮った画像もupしてあるが、縦構図の方が波の形状、釣人の立ち位置など緊張感のある内容になったと思う。突端の波の色彩がとても綺麗で、砂浜や押し寄せる波のインクブルーとの相乗効果により独特の色彩感が広がっていた。


■「黎 明」-- 相馬市岩子字宝迫 --


12/09撮影。日の出を撮ろうと二週続けて相馬に通うも二度とも撃沈。併し二度目の夜明けはとても綺麗だった。NDフィルターなどを使い露出違いで二枚撮る。長露光撮影を行った画像に思い入れがあるものの、空に赤色が射した方を選んだ。自然相手なので二度と同じ光景には出会えないが、それ以上のものを求めまた行くようになるのだろう。


さて昨年を振り返り、撮った瞬間に「キターッ」という感覚が少なかった。それは一年を通して同じ場所・好きな景観を満足行くまで撮るというスタイルに寄るものなのか、新たな創意工夫がないということになる。
それでも少しずつは新しい場所の撮影を行ってはいるものの、”好きな景観を満足行くまで撮る”ということは、例えば県外など遠距離であっても自分の性格からして何度も足を運ぶようになり、様々な理由で頻繁にできることではない。


と、なれば矢張り”創意工夫”が必要ということになるが、大きな課題を課してもストレスになるばかりであり、イメージ通りに行かないのが世の常。つまり結局は今年も旧年同様、過去の模倣に留まるか‥。

謹賀新年

旧年中の御芳情に深謝致しますと共に
本年も引き続き御愛顧賜りますよう
宜しくお願い申し上げます


昨年はあまり良い年ではなかった。というのも一昨年暮れから親戚や義母、そして仕事に関わる人達が亡くなり今もその影響が続いている。従って二年に渡り正月を迎えられない状態となっている次第だが、新たな年は何かしらの変革を期待したい。


その変革という程のものではないが、年の初めにあって色々と思いを馳せる。併しながら
何時の間にかそれらは忘れ去られ、何ら変わりの無い一年を送ってしまう。


話しは飛ぶが伊達政宗の遺訓に下記のようなものがある。


仁に過れば弱くなる
義に過れば固くなる
禮に過れば諂となる
智に過れば虚となる
信に過れば損をする


要訳すれば人を思いやる気持ちが強くなると意見も言えなくなる。正道ばかり強調すると頑固になる。礼も過ぎれば無礼になる。弁が立つ人は人を騙そうとする。 信用し過ぎると裏切られる。


つまり何事も程々にということだが、出来もしない新年の抱負や指標を抱くより、変革も含め何が起きるか分からない時世にあって、臨機応変に対応できる環境を整えておくことが最優先と云えるかも知れないなぁ。

神栖市東和田 鹿島臨海工業地帯

今年も終わりとなり、30日の晦日は四月以来となる茨城県神栖市東和田の鹿島臨海工業地帯へ行ってみる。途中、東茨城郡大洗町磯浜町の神磯鳥居に寄り道してみたが、満潮時ながら波が全く立っておらず撮影は行わなかった。因みに那珂湊港周辺は年末の買い物客でかなりの混雑・渋滞となっていた。

家を出たのが09:30頃、鹿島臨海工業地帯到着は14:45頃だった。八ヶ月ぶりとなると所々変わっている箇所もあり、夕刻まであちこちをロケハン。結果として鹿島石油を主として撮ることに決めた。


黄昏地帯」~ F8・SS10・ISO200・ND8 ~


撮影時刻は17:10頃。徐々に夜の帳が降りて来る時間帯だが、この状態を適正露出で撮ってしまうと全く映えない内容となってしまい、ND8を使用し色彩感を強調する。加えてレタッチで背景となる空の色合いを補正する。


神栖市に遠出した理由だが、最近色彩やコントラストがナローとなる雪景色のupが続き、賑やかな色合いを撮りたくなったということと、昨年より課題となっている上画像、光跡撮影の再チャレンジだ。再チャレンジとは云えこれで何度目になるだろうか、upしては削除を繰り返し、年の終わりに取り合えず何とかしたい。

準備を始め忘れ物に気付く。それは車のハザードランプを隠すテープやボール紙だ。実は立ち位置がハザードランプを点けた車の前の車道になるため、点滅するランプの明るさや色彩が悪影響となり、応急的に帽子やタオルでカバーした。


撮影は17:30頃から凡そ一時間、この手の撮影はタイミングが難しい。車両は追い越し車線を走行する工業地帯循環のダンプカー一台だが、多いと上画像のように賑やかになってしまい、且つ個人的に青信号時をイメージしたので尚更だった。


彼方ノ世紀」~ F8・SS13・ISO320 ~


今回の撮影は光跡が上側になるよう三脚を低めにセットした。そのため中腰姿勢となり、寒さと相俟って腰が痛む。タイトルは以前upしたものを流用。画像は果たしてこれで良いのか否かは分からない。例えばISOはやや上げ過ぎか、光跡の一部が白トビを起こした。また最大の難点はすぐ脇をダンプカーが通過するためその振動がモロに伝わる。


レタッチは白トビした光跡、特に黄色の補正を行う。また撮影時及び撮影後のWB調整でも色かぶりが補えず、全体的に青味をやや加える。この補正により工場の白さが強調されたようだ。


château ①」~ F10・SS8・ISO320 ~


château ②」~ F10・SS4・ISO320・2 Composite Photo ~


鹿島石油の周囲には樹木が植えられている。①は昨年三月に撮った立ち位置だが、樹木の成長によって視界が悪くなっていた。フェンス周りの歩道は鹿島石油の私有地になり、歩くだけなら構わないが此処から撮影を行うと注意される。「彼方ノ世紀」同様に青味を加え、工場の明暗調整を適所に施す。


②は保存してある月の画像を合成する予定で撮影。当初よりモノクロとし左側上部を開けたフレーミングを行う。モノクロなのでコントラストをやや強めに補正後、それに伴うように明暗の調整を行う。


撮影を終えたのが20:30頃、他にも撮りたい箇所があるのだが、これから240kmを帰るので次回に委ねることにした。いつも国道51号線~国道349号線を使うが、夜は交通量が少なくかなり早い。とはいえ帰宅は日が変わった13:30頃でした。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。