今更のIDE接続HD

現在PCのバックアップは↓画像のようになっている。

仕事で使う一号機とプライベートの二号機はNASのHDで共有、文章データやちょっとしたJPEGなどが主となる一号機のデータはそのNASへのバックアップの他、二号機を通してAとBの外付けHDにも行っている。

反対にブログへupした記事やJPEG、そして動画など二号機のデータもNASとAとBの外付けHDに行う。また写真で一番重要なRAWデータは青色の三箇所に保管している訳だが、様々な各種データは二重三重にバックアップを行い、最悪二つが壊れても何とかなるといった構成だ。

さてUSBより電源を供給する2.5inchの外付けHDはあるのだが、大きいデータは電圧不足で満足に動かなくなり、動画・映像・音楽など編集中のデータの保管場所としてもう一つ外付けHDを増設することにした。

という訳でジャンク箱を物色するとIDE接続の外付けHDケースが二つあり、HD本体の単価をネットで調べてみると容量によっては結構なお値段。
そんな時はヤフオクといことで、早速HITACHIの500G(中古)を2.200円で落札、マスターやスレーブ設定のジャンバピンを久々に見たというか、その存在がとても懐かしい。

まずは起動を確認しフォーマットを行う。結果、特に問題なく使えそうだ。

一般的にHDは55℃以上の環境で使うと寿命が極端に短くなると云われる。単にバックアップだけなら短時間の稼動で済むが、何等かの作業の間ずっと動いているとなると特にこれからの季節はかなり熱くなる。
PCケース内のHDはファンを設置し冷却を行っているが、取り合えず↑画像のように外側のカバーを装着しないで使うことにした。因みに手前の2.5inch HDに電力を供給、PCを介して増設したHDにデータを送っている様子。


所でバックアップのソフトは昔からシンプルで使い易い「BunBackup」を使っている。64bit用verもあるが、私の64bit環境では以前からのverでも問題なく動作している。

大沼郡昭和村 ”村の駅 味楽”

三月以来となる味楽、その際にも書いた通りサッパリした味わいは個人的にストライクゾーンというか、○○系とかこってり系とか拘り過ぎて空回りした味とは一線を画する。

店頭と店内。惣菜や各食品を販売する店舗となっており、テーブルは下画像の右側に大きな卓、左側には四人卓とカウンターがある。

味が素朴ならメニューも素朴であります。前回・前々回とも品切れとなっていた”でっけ~!田舎おにぎり”目的で今日は一番乗りする。

上、サッパリ田舎ラーメン、下がそのおにぎり。大きくて食べ切れない際は持ち帰るかと思っていたが、普通茶碗に一杯半くらいの大きさだろうか、コンビニのおにぎりなら二個分といった感じだ。メニューでは味噌やしょう油もあり、しょう油は焼きおにぎりになるのだろうか、次回確認したい。


さておにぎりの脇にある味噌漬、これが好きなんだなぁ‥。キュウリや大根なら尚のことだが、田舎の消防団を経験したことがある方なら分かるか否か、火災の際の炊き出しと味噌漬けの味が忘れられない。急いで炊いた米には芯があり、塩をまぶしたかどうか分からないようなご飯の塊は火事の燻したような匂いが混ざり合い、そして自家製の味噌漬けのマッチングが夜を徹した空腹には何ともいえない満足感があったものだ。


話しが脱線してしまったが昨今の塩分を遠慮する風潮に於いて、血圧が上がろうが肉体疲労時のしょっぱい味噌漬けは最高に美味い!


大沼郡昭和村大字下中津川字沖966 木曜定休

耶麻郡北塩原村 桧原湖+etc

03:30に目を覚まし、30分ほどああだこうだとしている内に二度寝、予定していた磐梯吾妻レークラインは取り止め、急きょ大沼郡会津美里町八木沢字七窪の蓋沼森林公園へ06:30頃より出かける。


蓋沼森林公園は初めての場所であり、眼下に田園地帯を走る只見線を見ることが出来る。凡その場所としては三重塔の撮影で時折り行く大沼郡会津美里町雀林三番山下”法用寺”の近くであり、その法用寺を目安に行くと蓋沼森林公園の案内が各所にあるが、山崩れで通行止めとなっており旧道を登るようになる。因みにこの旧道、細いので車輌等の交互通行には注意が必要。

到着して初めて分かることだが、只見線の線路がどれだかさっぱり分からない。双眼鏡で眺めてもダメであり、たまたま居た地元の若い夫婦に聴いて要約理解、画像上部の車輌が停まっている箇所が会津高田駅になる。望遠を使っても被写体までの距離があるため画質は芳しくない。よって適度な焦点距離と構図が大事であると次回への布石にする。


国道401号線で大沼郡昭和村へ行く。昼食後、国道400号線から国道252号線にて大沼郡金山町大塩字上ノ山の天然炭酸水と大塩の滝沢川にある甌穴に寄る。

一昨年は水量があって美味しかったのだが、昨年は何度行ってもちょうど今頃から渇水状態が続き飲むことが出来なかった。今日も水位は低く鉄分の味が強かった。

滝沢川の甌穴、何度か撮影を試みるが水量や陽射しの具合などなど度々うまく行かない。今日も雲ひとつ無い空模様に輝度差が生じ撮影は諦めたのだが、此処はほぼ国道252号線沿いでもあり何れ機会があればまた来てみたい。

南会津郡只見町から国道289号線、国道401号線を使い、南会津郡南郷町より国道352号線で南会津郡南会津町伊与戸へ向かう。春と秋、道沿いにある旧い物置を撮影しているのだが、横構図ないし縦構図にしても狭い画角で撮るのは上画像のように向かって左側にビニールハウスがあるからだ。
このビニールハウス、2014年には無かったのだが、この年の冬以降、広々とした構図による撮影が出来なくなってしまった。


「風渡ル」~ F10・SS1/60・ISO200・C-PL ~


今回は道路を挟んだ位置から撮影した。先に書いたように構図が限定されるために縦構図でフレーミングを行う。あまりにも天候が良すぎるため雲の出現を待ち、背景の山々に陽が射す位置やタイミングを見計らいながらの撮影となった。


レタッチは全体的に明度を+補正、色調と彩度はやや-補正、その分中央部分のコントラストをやや+補正。また中央部を除き僅かにソフトフォーカス化を施す。


会津若松市内、猪苗代湖、桧原湖の何れかで夕景を撮ろうと国道121号線、国道118号線で若松市内に戻る。雲が全くない空を見て期待するような夕景は見れないと判断し、磐梯山ゴールドラインを使い耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯の桧原湖東岸へ向かう。


会津若松市内、猪苗代湖、桧原湖の何れかで夕景を撮ろうと国道121号線、国道118号線で若松市内に戻る。雲が全くない空を見て期待するような夕景は見れないと判断し、磐梯山ゴールドラインを使い耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯の桧原湖東岸へ向かう。


水量はだいぶ増えてきたのか、艀が湖岸に上がった状態になっていた。これから水量が少なくなるに連れ、艀は徐々に沖の方へと移動して行く。夕陽は予想通り雲が無いので期待するような内容にはならなかった。それでも色々と撮影方法を変え暗くなるまで居たのだが、蚊がかなり飛び交いもう夏なんだと感じた。


「もう夏だと思ふ ①」~ F10・SS25・ISO100・C-PL+ND400+HALF ND4 ~


「もう夏だと思ふ ②」~ F10・SS8・ISO200・C-PL+ND400 ~


レイクランドヒバラがある桧原湖東岸での撮影。日没前より撮影を始めたが、upした各画像の撮影時間は18:30以降となる。夕焼けは雲の反射が重要であるが、その雲の出現が期待できず夕刻ではあるもののND400を使用し暗い露出で赤を色濃く表現する。尚①は手持ちでHALF ND4を使用する。


①②とも全体的に赤を+補正の後、水平線の周囲を除き青を段階的に+補正。①は下から上にかけて明度を段階的に-補正。また②は撮影時の露出では追い付かず暗くなってしまった枝上部の明度を+補正、更にアンシャープネスを施す。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。

いわき市常磐藤原町 川上渓谷+etc

裏磐梯の朝景を撮ろうと03:30起床、15分後に家を出たのだが、この時期は日の出が早く細野地区に着いた頃には既に太陽が昇り全く撮影にならなかった。

因みに上画像の撮影時間は04:51、逆算すると02:30には起きないと間に合わないことになる。初夏の裏磐梯、各湖は水量が少なく朝夕の撮影タイミングを逃すと景観が優れず、従ってもう一つの撮影目的であるいわき方面へ早々と向かうことにした。

併しその目的は午後になっての陽射しが前提であり、時間を潰すのに越県して茨城へ向かう。高萩市から国道461号線で常陸太田市折橋町の下滝へ行ったのだが、いわき経由というとんでもない行程となってしまった。とはいえ今は新緑の頃だと思い来てみれば、適度な葉の量で良い景観だった。


下滝からは来た道を戻らず国道349号線で福島県棚倉町に向かい、いつもの「かなざわ亭」で昼食を摂り国道289号線で再びいわき市へ向かう。


国道289号線から今日の目的でもあるいわき市常磐藤原町”川上渓谷”へ向かう。途中細い山道を使ってみた。田人町貝泊や旅人を通るのだが、戸草川渓谷は震災以降通行止めのままであった。

田人町から県道14号線、通称御斉所街道でスパリゾートハワイアンズ入り口交差点のちょっと手前から湯の岳登山道へ入り、川上渓谷はその登山道沿いにある。いつもは滝撮り目的であるが、今日は初夏の木漏れ日による新緑の写り込みがメインとなり、14:00頃からの色彩がとても綺麗である。


さてこの渓谷というか滝付近で未だ嘗て人に出会ったことがないのだが、今日は先客のカメラマンが一人、更に釣りを行う家族連れがいた。カメラマンに言われて気付いたというか、中州が綺麗に整備されており、川に入らずともその中州に行くことが出来るようになっていた。そしてお互いこの滝の撮影は色々な意味で難しいという合意に達する w


「緑 陰」~ F8・SS1/8・ISO200・C-PL ~


撮影時間は14:00頃、当然のことながら写り込みは見下ろす位置によってその様は大きく異なる。現場に立つと分かるが、個人的にはいつも一番高い岩場から撮影している。フィルターや露出だが、C-PLは通常のテカリを抑える側の効果ではなく、テカリを強調する逆効果で使用。SSは長露光になると映り込みのディテールが崩れてしまうため、適度な速度をその時々で算出するようになる。


レタッチは緑、青、そしてそれらコントラストを+補正、全体的な明暗を整えアンシャープネスを施す。


次に干潮及び夕景の時間帯を試算しいわき市平薄磯字宿崎へ向かう。先々日も夕刻の撮影を行ったが撃沈、そのリベンジもあるのだが到着すればかなりの量の海草が打ち上げられ景観が優れなかった。

夕刻になる迄は多くの人々が居たのだが、次第に風が強くなりかなり寒くなってきた。春着では耐えられず車に戻りニット帽と冬用ジャンバーを着用し時を待つが、今回も灯台側に赤い空は現れず仕舞いとなり、赤味が射した平沼ノ内方面の光景を撮影した。
気付けば三時間強あまりの撮影、寒さの中でずっと立っていたので足腰ともガタガタ、そして五月の半ばといいながら身体は冷え込んでいた。


「ぼくはうみがみたくなりました」~ F10・SS1/1.3・ISO100・C-PL+ND4 ~


この日は16:58が干潮となり、程よい夕焼けを期待したのだが、結論的に塩屋崎灯台を背景にした空の赤味は極小であった。また日陰になる海岸の色温度が高く、空とのバランスが芳しくないため撮影時よりモノクロによる現像を想定していた。


波の表情を捉えるため刻々と変わる周囲の明暗を計算しND4、8、100、400を使い分ける。干潮から一時間経つと波は足元まで押し寄せ三脚の脚部の砂が流されて行く。その度に水平や構図の再確認を行うようになり、フィルターを外さないと確認が出来ないND100、400の使用は中止した。モノクロはコントラストと各所の明暗が最重要であり、部分的にそれらの補正を施す。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。

那須塩原市板室 乙女の滝+etc

昨日は那須塩原市の乙女の滝へ行ってきた。昨年三月のまだ芽吹きがない殺風景な時に行って以来だが、その芽吹きがちょうど良い頃ではないかと予想した。此方は朝に雨が降ったのか道路が濡れておりモヤが発生、新緑と朝モヤは正に初夏といった感じだった。

滝は予想通り新緑がとても美しい。モヤが僅かではあるもののまだ残っており、尚のことその美しさを助長しているように見える。駐車場も完備されており、滝までは凡そ100m。アクセスが楽なので人々が次々とやって来ます。


「夏浅し ①」~ F10・SS1/5・ISO160・C-PL ~


「夏浅し ②」~ F9・SS1/5・ISO100・C-PL ~


朝靄が残る光景は息を呑むような美しさがあった。滝の撮影で重要なのは当然ながらSSとなり、この滝の形状から1/5秒を基本とし明暗をISOで調整する。またC-PLは毎度のことながら最大の効果とはせず、水の流れや岩々の表面に反射が残るようにした。撮影は葉々のブレが収まるタイミングを見計らいシャッターを切る。


画像中央付近を除き微小なソフト化を行い、段階的に下方の明度を-補正。色調は撮影時よりイメージ通りなので変更はないが、水の色合いに青さが残り、彩度を下げて白さを強調する。


この日は他に予定はなかったのだが、満潮時間が17:00頃ということでナビ任せで東茨城郡大洗町へ行ってみる。凡その距離120k、国道293号線から国道118号線への道程は初めてであり、ナビに地名は表示されるが此処は何処状態であった。


薄磯海岸は満潮により潮位は高いが、波は穏やで冬季の干潮の高さにも及ばない。空の色も悪く写真は全てボツであります。それにしてもカメラや三脚を携えた若い男女が沢山いたが、撮影が目的であれば季節的に冬が良いのかも知れない。


さて後半休めた今年のGW、気付けば一日おきに撮影に出掛け、何とかBlogにup出来る画像が数枚撮れた。そして明日からの仕事、またまたドタドタとやりますか‥というか、一日二日じゃ疲れが抜けない年代になって早幾年 w


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。