尾花沢市大字銀山新畑 銀山温泉

一月最後の日曜、雪の情景を撮ろうと尾花沢市大字銀山新畑「銀山温泉」へ向かう。本当は先週、そして30日の土曜に行く予定であったのだが天候が悪くこの日になった。

気になる道路上の雪の状態は国道13号線栗子峠を含め一部道路が濡れている状態であるが、尾花沢市に近付くに連れ道路脇の積雪量が一気に変わり、銀山温泉周辺は尚のことその様相が強くなる。
併しながら山間にある温泉街の積雪量は思った程ではなかった。この時期困るのが一般駐車場の除雪が行われておらず、駐車場所を探すのがとても厄介だ。

今回は家人を伴ったので、まずは”「伊豆の華」で甘酒やぜんざいなどを飲食しながら落ち着く。店内の先客もそうであったが、今日は家族連れやカップルなどなど台湾からの観光客が多い。聴けば泊まりは仙台なのだが銀山温泉も観光ルートの一つになっているようだ。余談だが同じ民族でありながら煩い中国人と違って台湾人は静かで良いです。

家人はその後、三つある共同浴場の一つ「しろがね湯」へ行くが、私は日中の入浴が苦手なので周辺をブラブラ。灯りが点る頃、一段と観光客が増え始める。そして今日はカメラマンも多く矢張り雪景色目的なのだろう。
その雪景色、先月の初めに積雪を念頭に置いた構図の確認の為に訪れていたのだが、先に書いたように積雪が少ない上に天気予報に反し雪が降り出して来た。

夕刻は宿泊客や観光客の流れが絶えず、それでも構図内から人が消えるタイミングを待ちながら撮影を続けるが、降りしきる雪がレンズフードの中に溜まるような状況となり、更には全体的に解像度が劣る画像となってしまった。


帰路、雪は尾花沢市から村山市~東根市周辺で降り止む。他は所々降ったり止んだりで道路が乾いている箇所もあるが、栗子峠が近付くと強く降っており、峠は圧雪状態で車速が上がると横滑りを起こす状態だった。因みに福島県に入った途端、それらはまるで別世界のように穏やかな夜となっていた。


「雪灯ル頃」~ F8・SS4・ISO200 ~


強い風雪によりレンズフード内には雪が溜まり、レンズやカメラはビショビショ。よって長い時間の撮影は出来なかったのだが、先月訪れた際に雪景色の凡その立ち位置や構図などの構想は出来ておりその点はスムーズに進んだ。


毎度のことだが、構図内に観光客や宿泊客の姿が消える一瞬を待っての撮影を繰り返す。露出設定はオーソドックスな夜景の数値。レタッチは撮影時のWB5000kから後に5600kに変更。細かい降雪で解像度が劣る画像のためコントラストをややプラスに補正、その補正に合わせ明るさと色調を補正した。また撮影時は常にカメラ内及び外部水準器で水平を取っているのだが、そのままだとガス灯が傾いているので真っ直ぐになるように修正する。結果的には思った以上に積雪が少なく、イメージする雪景色とは異なり機会があれば再チャレンジしたいところだ。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


風に語りて - Talk to the Wind -

「昭和」を感じるおっさんぽい言動

TVのバラエティ番組だと思うが、YouTubeに上記タイトルの動画があった。見ている内に自らを検証してみたり‥。

1.「あの頃は良かった」など過去の自慢話が多い
これはあまり無いかな‥というか、今の方が良いと思えるように心掛けているのかも知れない。などと非常に前向きなことを言ってみる。


2.Dの発音が「でー」
昔々TDKを“てーでーけー”と言っておりました。田舎の人間なので発音やイントネーションが悪いからかと思っていたが、これって年代に由るものなのか、確かに家の子供達はちゃんと発音しているようだ。因みに気付いてからは“ディー”と発音するように心掛けている。


3.おしぼりで顔や脇を拭く
顔は拭くけど脇を拭いたことはないぞ。でも夏の暑い日などに首筋を拭くと気持ちいいんだよなぁ‥。


4.寒いオヤジギャグを連発
愚生はお利口さんではありません。なので頭の回転が悪く洒落などを言う利発さが希薄であります。


5.小指を立て「コレ(女)か?」と聞く
今迄やったことが無い。というか下品。


6.食後は堂々と爪楊枝でシーシー
歯に隙間があり、口内で爪楊枝を使ったことが無い。


7.傘でゴルフのスイング
ゴルフはやらない。そもそも若者のゴルフ人口って少なくないか?


8.金曜日は「花金」と言う
週休二日って何年前からだったろ。当時は学校や大手企業だけで庶民には無縁な話し。なので”花金”という言葉はTVの中のバーチャル的世界だった。


9.酔ってネクタイを頭に巻く
これは未だにやったことは無い。その他は色々あるけど w


10.親指を立てて「コレ(男)は?」と聞く
5.に同じ。


11.美容院を「パーマ屋」と呼ぶ
昔は言ってたかも。今は老若男女問わず全て“床屋” ← パーマ屋より悪いか。


12.「チャンネー」など言葉を逆に使う
”ザギンでシースー”・・・言わぇよ。


13.アイドルの顔が皆同じに見える
南朝鮮の整形アイドルが皆同じに見えるけど、若者は個人個人を判断しているのだろうか‥と、思うこと自体がオジサンなんだろうな。


14.妻を「カミサン」「家内」と呼ぶ
“カミサン”と言ったことはないけど、“家内”って古い言い方なのか‥それは知らなんだ。


15.くしゃみの後に何かついてる
あまり無いな。


16.ファンを「ふあん」と発言
2.と同じで田舎の人間は発音が悪いのである。例えば”寿司”も”獅子”も”スス”も同じだ w
でも愚生は正しく”ファン”と言う。


17.酔うと説教が始る
これは居るね。例えば風俗などで酔ってなくてもああだこうだと説教を始める吾人。でもヤルことはヤル。オジサンの心と身体は時として反比例 ← 聴いた話です。


18.ゲーム機はすべて「ファミコン」
ゲームはやらないのでファミコンという名称しか知らない‥ん、そういえばゲームボーイも知ってるぞ。


19.立つ時に「よっこいしょ」などの掛け声
大いに言う、言わないと立てない。因みに”家内”は”よっこい庄一”と言って立ち上がる。


20.「(テレビの)チャンネルを回して」と言う
リモコンになってから言ったことが無い。構造が別モノなのでこれは当然のこと。


ふと気付くのだが、以上の20項目を一つ一つそれ也に答えてしまう時点で矢張りオジサンなのである。併し相応してオジサンで悪いのかという結論に至る次第だが、そのように迷いもなく開き直るのがオジサンのオジサンたる紛れも無い事実であり所以でもある。


風に語りて - Talk to the Wind -

HAKUBA ”WPC WIDE C-PL”

風景写真撮影に欠かせないC-PLフィルターだが、レンズが広角になると四隅にケラレが生じてくる。個人的にC-PLにNDなどのフィルターを重ねる撮り方が多く尚のこと気になる。例えばKenkoには薄型のC-PLフィルターが各種あるものの、結構なお値段でなかなか手が出ない。


そこで他社に薄型のフィルターはないかと物色していると、ハクバにタイトルのフィルターがありました。価格はAmazonで77mm径が5.370円とリーズナブルであるが、まずは使えるか否かを試すべくヤフオクで新同品を半値で落札してみた。

上画像はC-PLに厚みのあるフィルターを重ねた状態。レンズキャップの装着は可能であるが、薄い回転枠は通常の使い方であっても回し辛く重ねたフィルターの着脱は面倒だ。


更に薄さ故に回転枠に社名や製品名が印刷されておらず、効果の度合い=回転枠の角度を外部から目視で確認することが出来ない。つまり明暗変化のないフィルターであれば問題ないが、ND400などの暗いフィルターを重ねる際に動いてしまうと厄介なことになる。


実用性は12mm広角でケラレの発生はなく、ND400を重ねると下画像のようになる。

一般的な厚さのC-PLであればケラレはこんなものでは済まないが、歪み補正を行いスポット修正などで除去すれば気にならないレベルになりその効果は大きい。但しそれらは光の進入角度次第で多少の違いが起きるだろう。


実際の撮影では矢張り使い辛いということが最大の問題であるが、ケラレを発生させないことが一番の目的であり慣れるしかないと思う。また使われる素材ないしコーティング剤の問題なのか、細かい埃が付着し易いように感じる。


さて話は変わり、今の季節はファインダーやレンズなどが直ぐにくもる。様々なくもり止めが販売されている中、手軽で安価なものを見つけた。

ソフト99の製品で”くり返し使えるメガネのくもり止めクロス”という商品。クロスは三枚入っており値段は350円前後。眼鏡用なのだが理屈的にはカメラ用と同様、簡易的にシリコンをコーティングする方式なのだろう。


早速ファインダーとコンデジのレンズで試してみれば確かにくもりません。一度拭いて効果がどれだけ持続するか、またレンズに使って画質の劣化があるのか否かは不明であるが、先のコンデジに於いては画質の劣化は見られなかった。


風に語りて - Talk to the Wind -

郡山市菜根 ”餃子とタンメンの店 大三元”

以前の記事で我がソウルフードとか書いておきながら、最近はとんとご無沙汰であった郡山市菜根「餃子とタンメンの店 大三元」。19:00頃に到着したところ、カウンターに空きはあるがテーブル席は満杯であった。

久し振りなので値上がりしていたことも知らなかったのだが、専門店だけあってメニューは変わらず上記画像のみで他にはドリンク類が少々。以前ラーメンと餃子で1.000円は高いと書いたが、それは味に納得するか否かであり個人的に大三元は納得度が高い‥というか、思い出した頃にまた食べたくなるのである。

昼を食べ損ないかなり空腹だったので大盛と餃子を注文する。タンメンは塩ラーメンと異なり塩で味付けした野菜炒めにスープを加え麺にかけるのだが、最初の一口であっさりした塩味とキャベツの程よい甘さが胃袋に吸収されます。


餃子は如何にも餃子を食べました的ににんにくが効いてとても美味い。言い換えると人と会う予定がある場合は避けた方が良さそうだ。ラー油はこの店のオリジナルであり、途中からタンメンのスープに数滴落とすとまた違った風味となる。


総体的なことを云わせてもらえば、キクラゲの量を多くしもうちょい動物性のコクがあっても良いと思うのだが、個人的にはあっさりしたラーメンを好むので、現在のところは矢張り我がソウルフードの一席を担っている。


郡山市菜根3-12-12  無休


風に語りて - Talk to the Wind -

石川郡玉川村 乙字ヶ滝

先週明けに雪が降り気温が下がった。冬は被写体が少なくなるのだが、こうなると尚のこと何処へ行くか定かじゃなくなる。昨日は朝に用事があるため早朝より出掛けることはせず、年末からずっと海方面だったこともあり、ゆっくりと石川郡玉川村大字竜崎字滝山の乙字ヶ滝へ行ってみた。

乙字ヶ滝はいつも通過点となってしまい、以前いつ来たか調べてみれば2013年の2月で三年ぶりのこととなる。その際は冬枯れの季節とはいえ水量が多かったが、今日は降雪があった割に少なく感じる。到着が陽が射す前の08:30頃だったので、滝などには輝度差がなく露出設定は比較的楽であった。

下にupした動画をご覧になるとお分かり頂けるが、フェンス越しの枝々が邪魔となりそれらを除く構図を探る。フェンスといえば3.11の震災後、地面はガタガタとなり、フェンスも倒れていたが今は修繕されている。


「季彩流々」~ F8・SS1/10・ISO160・C-PL+ND8 ~


到着が08:00頃なので陽射しが入り込まず、露出の設定は比較的楽であったが水の質感を求め長居する。というのも滝=低速SSとはならず、あくまでも水流やその他の状況を確認しながらの設定になると思う。


まずC-PLの効果だが今回の画像の場合、効果を最大にすると右奥並びに左側の岩々は黒くなってしまい、1/3程の効果にしている。後述するがこれは後のレタッチにも関わって来る。そしてSSを遅くするということは水の表情が雲や綿のようになり、特に水量や面積が多い流れにおいては単に特徴のない白い箇所が多い画像になってしまう。今回はC-PLとND8を使用、水の表情を確認しながら露出を少しずつ変えた。


撮影時のWBは5000kであったが、PCで確認すると青味が強くレタッチはWBを6000kにすることから始める。そしてフェンス越しに枝々が写り込んでしまい、なるべく入らない構図を探るが右側並びに左下に入る枝類を除去。色調は中央部分の所々が緑色の濁流となっており、その部分の彩度をマイナスとする。
更にコントラストを部分的にプラスし水流の表情を加える。先にC-PLの効果を1/3程度と書いたが、後にコントラストを上げると岩上の水流の表情が無くなってしまう為、それら効果の程を撮影時から計算していた。


撮影を終え、特に行く当てがないので南会津方面へ向かってみる。行程は須賀川より国道118号線 天栄村 → 下郷町 → 国道121号線 会津田島 → 国道352・401号線 南会津町 → 国道289号線 只見町 → 国道252号線 三島町 → 国道49号線 会津坂下 → 国道4号線 自宅となるが、雪のために思うように撮影は行えず、雪の状況確認といった塩梅だ。


雪は矢張り只見町を中心に多い。とはいえ圧雪された道路は思った以上に少なく、これからが本番といった様相だった。因みに国道49号線は会津坂下から猪苗代湖周辺、そして熱海町の中山峠など圧雪や凍結部分は全く無かった。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。



風に語りて - Talk to the Wind -