北茨城市大津町 ”船頭料理 天心丸”

三年半前、初めて五浦の六角堂に行った際、ふらりと立ち寄って以来になる天心丸。久々に食べ応えのある刺身を求め行ってみる。

天心丸のご主人は漁師であり、季節やその日に水揚げされた魚介類でネタが変わる。一階は下ごしらえなどを行うスペースか、周囲には旅館が多く息子さんがカニの配達に向かった。因みに食堂の入り口は向かって左側の階段を登った二階になる。

店内は中央の囲炉裏を囲むコの字型のカウンター、及び画像右奥に座敷がある。

松竹梅及び天心善はお膳になるのだろうか値段も良いです。従って庶民の私が選ぶのは定食類になるのだが、前回と同じく海鮮丼(酢めし)をオーダーする。他にはアン肝やアンコウのどぶ汁などなど、季節柄アンコウ料理のメニューが壁に貼られていた。

素晴らしいビジュアルです。取り皿を絶対必要とする盛り付けです。手が空くとご主人が今日の内容を話してくれるが、左下はカニの内子とカニ味噌、イカの上の透明感のあるシラスはアナゴの稚魚、またブリだけは北九州産とのことだった。

特大のブリの切り身。菊の花の下は特大ヒラメが渦を巻いている。他の刺身も特大であり、こうなると肉を食べているといった感触に陥るが、味は魚といった変な感覚。通常これだけの内容を1.500円で食べることは難しいと思うが、自分で獲って提供&豪快な漁師料理といった形態が価格に反映しているのだろう。

アラ汁と塩辛。家人は美味い美味いと食べていたが、魚卵を含め私は苦手なんです w


さて正直な所、これだけ大きい刺身を食べてると最後はやや飽きが来る。一般的な女性の場合残すことは当然、パックが50円で用意してあるが、生ものなので陽気や後の調理方法に気を付けたい。もし行かれるなら保冷BOXなどを持参した方が良いかも。
更に正直な所、此処に来ると価格と内容から他の海鮮丼はどうも見劣りしてしまうようになり、もう後には戻れません w


北茨城市大津町字五浦710 月曜定休(月曜祝日の際は翌日休業)



風に語りて - Talk to the Wind -

福島市松川町 ”麺処 あんかつ”

福島市松川町を縦断する旧国道四号線”奥州街道”、現在は県道114号線となるが、その街道沿いにあるのが”麺処 あんかつ”。予てより話しは聞いており、今回初訪問してみる。

店先は改装工事中なのだろうか、ビニールシートで覆われていた。駐車場は店舗右側。

店内は明るい雰囲気。客席は四人席×二卓、二人席×一卓、小上がり四人席×二卓、他にカウンター四席となる。

メニューは醤油、塩、味噌があり、チャーシューメンなどはトッピングとして注文するシステム。他にまぜそばとつけ麺、そして夜には福島の三大地鶏である伊達鶏、川俣シャモ、会津地鶏を使った福島鶏白湯(10食限定)がある。


初めての店はいつもチャーシューメンなのだが、味噌の隠し味に酒粕使用との一文に惹かれ味噌ラーメン+味玉を注文する。

ビジュアル的に優れた丼内、キャベツやモヤシは油っぽくなるのを避けるためかボイルされたものだ。まずはスープを啜ると確かに酒粕の香りが漂う。そしてややしょっぱさが口に残った。バラ肉チャーシューはほど良い味の染み込み具合と食感が良いです。

中太ストレート麺はモッチリ感があり歯切れが良い。個人的にはシコシコした食感より此方を好む。チャーシュー同様、味玉もほど良い味に滴り落ちるような黄身が美味かった。因みに味噌と酒粕、そして玉子は町内産を使用しているようだ。

家人が注文したまぜそば。そのままだと辛しやニンニクが既に乗った状態になるが、注文時に別皿にしてもらうことが可能。因みにかなり辛いのでその方が無難かも知れない。味はかなり魚系の香りが強く、おそらく魚粉を使っていると想像する。


全体的にこってり感はないものの多重に絡んだ味わいは、どちらかといえば若者向けと云えるかも知れない。実際経営者は若く今後の進展が楽しみでもある。


福島市松川町字鼓ヶ岡38-2 水曜定休


風に語りて - Talk to the Wind -

恋 人

春に咲く花を君は黄色といふ


そして僕は桃色といふ


あぁ二人でいる部屋の虚しさよ

秋に咲く花を僕は紫といふ


そして君はもうこの部屋にはいない



冬に咲く花を僕は黒といふ


何も見えず聴こえない


土の中で黒といふ



あぁ夏は夏は何処に逝ったのだろう



風に語りて - Talk to the Wind -

いわき市常磐 梅林寺+etc

昨年の三月に訪れたいわき市常磐水野谷町千代鶴の梅林寺、ちょっと早いけど如何なものかと行ってみる。

結果を先に云えば一週間ほど早かったようだが、それでも早咲きの梅はよい感じになっていた。撮影中、住職が出てきて色々と話しを伺う。個人で植樹や手入れを行っているようだが、齢を重ね徐々に難しくなってきたとのこと。


毎年今頃になるとTV局の取材や見物の人も増えて来る。一般的に彼岸や法事、そしてお盆くらいしか行かない寺だが、それ以外でも人々が訪問することを思い作業を行っておられる。因みに秋は階段脇に彼岸花が多々咲くのだが、その時期に再訪したい。

個人の寺社なので想像するほど梅の樹木が多い訳ではないが、漂う甘い香りに春の到来を感じた。併し咲いてる木々は少なく、且つ寺内なのでなかなか構図が決まらない。

午後、先月も訪れたいわき市久之浜町田之網字舟門の蟹洗海岸へ向かう。その際は強風によるブレが生じ全ての画像をボツにした。今日の干潮は14:46、大潮なのか通常より水位が低く簡単に岩場に立てるが、強い陽射しにコントラストがかなり強く描写される。

昨年の初秋以来となるいわき市中之作字勝見ケ浦の竜ヶ埼鼻灯標。今回は夜の沖合いを航行する船舶の光跡目的だったのだが、明るい内は数隻行き交うものの暗くなるとパッタリと途絶えてしまった。二時間ほど待つが夜の海の風に身体は冷え込み遂に根負け、夕刻に撮った画像をupする。


春 潮」~ F8・SS30・ISO100・C-PL+ND100 ~


これまで何度通っただろうか、太平洋側ということもあり期待する夕景にはなかなか出会えない。撮影時間は17:45、陽が入り暗さが増す黄昏時に数度試し撮りを行い、白トビを起こす手前までSSを開けてみる。


言い換えると可もなく不可もなく単なる日の丸構図のため、露出で何かしらの演出を必要とする内容かも知れない。レタッチは明暗の調整、画像データに残る赤味をプラス補正。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。



風に語りて - Talk to the Wind -

いわき市平 ”中華はまや”

あまじょっぱくて熱い味噌タレがキャベツに絡む‥この数日なぜか思い出したように食べたくなったいわき市平豊間、復興商店とよマルシェ内”中華はまや”のスタミナ定食。撮影の際に一年ぶりに行ってみる。

度々店舗の前は通っており、昨年12月には同施設内にある「B&Bきゅういち」を訪れていた。因みに”中華はまや”は向かって左端になる。

難しい料理はないが、メニューは一般的中華料理店の内容。因みにスタミナ定食とはホイコーロのことです。

店内は四人テーブル三卓、二人テーブル四卓、カウンター五席。夏に一度訪れたことがあるが、確かエアコンが無かったように思う。

先に書いたようにやや甘さがあるものの、そこにしょっぱさが絡みご飯が進む。今日のキャベツはちょっとシナッとしていたが、ご飯にバウンドさせると米に味噌タレが染み込みクセになります。
見た感じでは肉が少ないようだが、個人的にはこの位でちょうど良いように思う。残念なのは一年前の記憶がないのだが白湯に味気がなく、改善を願いたいところだ。


いわき市平豊間字榎町73-1 とよマルシェ内 水曜定休


Main Blog「風に語りて - Talk to the Wind -