東白川郡塙町 ”中華白河屋”

九ヶ月ぶりの訪問となった中華白河屋。開店直前に到着、店内で待たせてもらいました。

店内は四人席テーブル×四卓、小上がり四人席テーブル×三卓。暖簾を掲げると次々に来店があり、その人気のほどが窺える。

メニューは手打ちラーメン類を主とし、他は餃子とチャーシュー丼がある。春先に二回ほどお邪魔したが、スープの濃淡や麺の粘りなどにバラツキがあり、今回はどんなものかと興味深々、相も変わらずチャーシューメンを注文する。

チャーシューメン @950円


チャーシューメンなのだが、チャーシューは殆ど隠れてしまう飾り付け。以前もそうだがビジュアル的なことは全く念頭にないようだ。まずはスープを一口、鶏ガラベースのあっさり、且つすっきりした味わいは身体に優しく染み渡ります。懸念していた味の濃淡は個人的にちょうど良い塩梅でした。


季節に寄るものだと思うが具材にほうれん草が乗っていたり、漬け物が添えられたりするが、ラーメンとほうれん草って昔々のラーメンを思い出され良いです。五枚乗ったバラ肉チャーシューは適度な歯応えと味の染み具合からなり、とろける系とは一線を画す食感。

手打ちチヂレ麺、口に運ぶとスープの味わいが舌上に広がり美味いです。粘り感はなく、好みの柔らかさがあって喉越しも良い。但しこの食感はシコシコ麺を好む方には物足りないかも知れない。総じてこれからもニ度三度食べてみないと分からない面もある。言い換えると完成された味も良いのだが、毎回どうなっているかを確かめに行くのもまた一興。


ただチャーシューメンの価格だが、有名店でもチャーシューメンは900円前後であり、それらと比較すれば飾り付けなども含めコスパ的にどうなのか気になる。とはいえ店舗はメインストリートとなる国道118号線から離れ、県道230号線沿いの田園地帯ながら客足は絶えない。寒い季節にこんな里山でふと入ったラーメン店、これだけ美味しかったら言うこと無しです。


東白川郡塙町伊香松原99-6 木曜定休

はまなかあいづToday ”ふくしま五七GO!”

NHK福島、月~金18:10から放送されている「はまなかあいづToday」、その中に”ふくしま五七GO!”というコーナーがある。内容は季節の話題やニュースへの意見を「五・七・五」の17文字で投稿するものだが、同時に写真や絵画なども添付できる。
そんな訳で私も下手の横好きというか、空っぽの頭で言葉を綴り先月から応募したところ三点採用されました。


11/07放送 「峡谷の 紅(あか)に負けじと 赤映える


11/22放送 「サマオクと 週一撮影 あら楽し


12/19放送 「雪景(せつけい)の 寒さ身に凍む 只見線


以上の三点だが俳句や川柳と異なり、先に述べたように季節の話題や生活に根付く内容が採用されるポイントかも知れない。採用の際は放送日の夕方にキャスターからTELがあります。その内容は写真を撮った時の状況や心境などを尋ねられる。
因みに12/19放送の句はその日に送ったものがその日に採用と、放送局ならではの慌しさを垣間見たような気がした。


さて写真は沢山あるけど句が浮かびません。写真との内容が伴わない11/22放送の句の場合、”いい夫婦の日”ということで採用された次第だが、季節の催しや行事に合わせた言葉がなかなか出て来ないのである。


■追記
12/26 17:00頃にTELがあり、24日に送った下記の句と画像が採用されるようです。因みに赤香色とは日本の伝統色で薄いピンクのことです。


12/26放送 「夕照(せきしょう)の 波に赤香(あかこう) 染め浸る

南会津郡南会津町 藁葺き小屋+etc

23日の撮影、予定では南会津郡南会津町前沢の曲家集落であったが、着いてみれば殆ど雨といったみぞれで中止にした。俯瞰となる向かい側の山への登坂道、積雪が少ない状態ながら残念な結果となった。

曲家集落到着前に南会津町森戸、国道352号線沿いにあるお馴染みの藁葺き小屋を撮るには撮ったのだが、ここでは雨および曇天で撮影にならず、三年前のほぼ同時期に撮った画像をupする。
その三年前の秋以降、上画像のように小屋の左側にビニールハウスが建てられ、冬季はその骨組みが残されている。以前この場所にはソバが植えられたりと、小屋手前の田んぼと相俟って日本の原風景そのものの景観であった。つまり構図としてはビニールハウスを避ける、ないしレタッチで削除するといった行程を必要としている。
今年の初めこの土地の所有者に聞いたのだが、ビニールハウスを建てる目的で農家の方に土地を貸したようだ。併し今となっては景観が損なわれたことを多くの人に残念がられ、生活最優先ながら僅かばかり後悔しておられるようだ。


深 々 ②」~ F8・SS1/500・ISO200 ~


撮影は2014/12/21、今回は横構図だが三年前は縦構図を「up」した。その際の記事を読むと積雪により三脚を立てるスペースもなく手持ちによる撮影、更に先に書いたようにビニールハウスの骨組みを避ける目的で縦構図としたようだ。


「山眠る」では骨組みを削除しモノクロとした。手持ちによる通常露出ながら、適度に降る雪とモノクロ化により版画のような雰囲気になったと思う。


南会津を後にし只見川沿いを北上するが、この日は温かいのか雪混じりの雨となり、撮影できる環境ではなかった。それでも大沼郡金山町の大志集落では只見線を交えながら撮ろうとしたが、只見川には大きな工事船があり断念、金山町大字水沼字沢西、水沼橋からの第四只見川橋梁撮影に切り替える。

秋季、五度に渡り撮影した俯瞰ポイントはそれこそ山眠る状態、行くにはそれ也の装備をして冬山を登るようになると思う。

以前レタッチ前の画像を見せて頂きたいという要望があったが、今回は多くの変更点がありよい機会なのでupする。因みに「冬ざれ」の一コマ前の撮って出し画像になる。


烟 ル」~ F8・SS1/400・ISO320 ~


最初にお断りしておくが、個人的にレタッチは肯定も否定もしない。大袈裟な切った張ったは別として、レタッチも含めデジタル写真だという考え方です。


さてレタッチ・ソフトは持っているけど、どのように仕上げてよいか分からないとよく聞く。確かに何から手を付けて良いものか悩むところだが、それは撮影時から既に設計図としてイメージすることが大事です。当ブログでも何度か書いているが、例えば日の出や夕焼けなどの輝度差がある光景、これは肉眼で見たように撮ることは不可能であり、後のレタッチがどうしても必要になる。


修正前の画像は実際の見た目と異なり殺風景、且つ天候により暗く重い色調となっている。明るく撮れば良いのでは‥と、云われそうだが、そうすると積雪や背景の空が白トビを起こし、この辺りを後のレタッチを想定=イメージして撮ります。


修正は主に下記の二点


1.樹木などの刺々しさ解消
車両部を除きコントラストを-補正、更にぼかし加工を適度に施す。


2.色調、明度の補正
全体的に白をやや強めにカラー化、積雪などが白トビを起こす手前まで明度を+補正。若干の白トビは1.のぼかし加工で補える。


仕上げは車両および橋梁部にシャープさを適度に施し終了。


以上になるがこれらは個々の好みにより大きく変わる。また今回の補正イメージは”冬ざれ”(草木が枯れ果てた寂しい冬の様子)を元にしている。尚メイン・ブログのココログでは小画像表示の為、「フォト蔵」での画像を参照にして下さい。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。

大沼郡三島町 大谷川橋梁+etc

17日の日曜日、遅めに家を出て大沼郡三島町方面へ向う。目的は雪景の第一只見川橋梁や大谷川橋梁など。一応積雪の状態は調べておいたが、空模様は一日中乾雪とのことで撮れるか否かは行ってみないと分からない。

まず国道252号線沿い、大沼郡三島町大字川井字天屋原の道の駅”尾瀬街道みしま宿”から只見川第一橋梁ビューポイントへ向う。雪は既に固められ登りは楽だが降りが怖い。従って根性無しの私は最下段から撮影を行う。何れにせよ川霧の季節は最上段からの景観が一番だが、雪景は下段から車両に寄ったフレーミングで撮るつもりだった。


凍 日」~ F8・SS1/320・ISO160 ~


車両は13:05頃通過の上り428D。待機していると次第に降雪が激しくなりホワイトアウトとなった。諦めムードに支配されつつも時が近付くに連れ視界が晴れてきた。露出は雪景色の明るさがあり、曇りながら適度なSSで撮ることが出来た。


雪景といえばWBだが、WBの設定だけでは実際の、且つ思い描く色合いが上手く表現出来ず、現像の際に色調を補正する。また小降りの雪により車両のコントラストが失われており、その箇所のコントラストを+補正した。


続いて大沼郡三島町大字早戸字下ノ原の第三只見川橋梁へ向う。国道252号のスノーシェッド内からの撮影となり、近くに車を置けるので撮影が楽な場所だ。併し待機中は晴れていたものの、下の動画のように次第に雪が降り始め撮るには撮ったが次回へ見送る。因みに車両は14:35頃通過の下り427D。

次まで時間があるので大沼郡金山町大字大栗山字雨沼の霧幻峡へ行ってみた。冬季は通行止めとなる船着場への細道だが、この日の時点でまだ規制されてはいなかった。とはいえ登って来れなくなると面倒なので先には行かなかった。

大沼郡三島町大字宮下字田中の大谷川橋梁を通過する会津宮下駅15:54発、上り430Dを国道252号線、新宮下橋から眺める。此処は国道、県道、そしてJR只見線の橋梁が交差しており、「みやしたアーチ三橋(兄)弟」と云われる。因みに長男がJR只見線”大谷川橋梁”、ニ男が県道237号線”宮下橋”、三男が国道252号線”新宮下橋”になるようだ。


冬色の大谷川橋梁」~ F8・SS1/160・ISO800 ~


撮影中トラブル発生、いつも車両直前間際までレリーズでシャッターを切り露出や作動を確認しているが、本番にレリーズが反応しなかった。即座にカメラのシャッターを切ったが、イメージする車両位置よりワンテンポ遅れた。
本来は進行方向である右側を開ける予定であったが、左側に生じた空きによりそちらが進行方向に思える一枚を選ぶ。レリーズは撮影後確認するとしっかりと装着されており、その後は難なく使えもしや寒さが‥と、未だ原因不明に付き予備を持つことにする。


12月中旬の16:00頃、曇りなので尚のこと暗く、WBを6000k周辺で撮影しても先に述べたようにかなりの寒色となり、実際想像する色合いとは程遠い。従って色かぶり補正後に色調補正を行う。


最初の第一橋梁に於いてはカメラマンが数人いたように、被写体が少ない冬季、聞けば撮鉄ではない私のように各所で三脚を立て車両を待つ人々を見かける。動いている分にはそうでもないが、大谷川橋梁撮影時、国道沿いの温度計は-5℃となっており、顔を撫でる風は一層冷たく感じた。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


いわき市四倉町 ”中華そば 島風”

四ヶ月ぶり二度目の訪問、もっと早く来る予定だったが時間が上手く合いませんでした。

メニューは中華そば、みそ中華、そしてつけめんに各トッピングと至ってシンプル。食券販売が苦手な私でも一目瞭然であります。今回はチャーシュー丼+中華そばとした。

一人なのでカウンター席に座る。明るくて清潔な厨房や店内は気持ちが良いです。因みに客席はカウンター五席、四人席テーブル四卓、二人席テーブル二卓。

中華そば @680円


魚粉のやや濁ったスープと具材が綺麗に飾り付けられたビジュアル。節系のラーメンは好まない私であったが、島風のラーメンを食べてその認識が変わった。それは前回も書いたように見え隠れせず、前面に押し出した魚介の深みのある味わいがとても美味い。


ほどよい味付けのメンマは柔らかめで存在感がある。チャーシューはとろけるタイプではなく肉感がありしっとりしている。中華そばでも二枚乗っているのが嬉しい。

手打ちの低加水ストレート細麺がまた良いです。ストレートなのでスープが絡みづらいように思えるが、口に運ぶとカツオやサバ節、そして鶏ガラの芳醇な味わいが口内に広がり、やがて鼻からすっと抜けて行きます。更に喉越しも良く小麦の風味を感じる。


チャーシュー丼 @200円


ご飯は普通茶碗くらいか細切れのチャーシューに唐辛子、そしてネギとラー油の刺激に箸が止まりません。


一杯680円の中華そば、高いか安いかは各々の判断次第だが、スープや麺、そして具材まで丁寧に作られた内容はコスパに優れており、個人的にお勧め出来る店です。


いわき市四倉町上仁井田南浜46-4 木曜定休