2015/07 撮影記

●03日 二本松市太田 高林寺

「青梅雨木立」~ F10・SS1/6・ISO200 ~


出勤前に本松市太田字西田の高林寺に行く。通称あじさい寺と云われるこの寺、境内に所狭しと紫陽花が咲いている。ここ数年は毎年訪れているのだが、個人的に花を風景として捉えることが多いので客足のない早朝に行っている。この寺の好みの構図は道路を挟んだ向かい側からの杉木立となり、昨年とほぼ同じフレーミングを行う。早朝を選ぶ理由には朝のフラットな光目的もあり、陽射しが高くなると風景的に捉えることは難しくなってくる。今朝は地蔵様も撮ってみたのだが、その並び方というか紫陽花に邪魔されて立ち居地が確保出来なかった。


撮影はフィルター類は使わず、特に面倒なことは行っていない。朝とはいえ暗いのでSSは1/5秒近辺となり、杉の木肌の質感と明暗に気を使った。地蔵は絞りF6.3にて明るめに撮影、自分でいうのも何だがいつもの作風と違い異質な内容だと思う。


●04日 大沼郡金山町 大志集落

「ラピュタ」~ F8・SS1/50・ISO200・C-PL ~


大志集落の川霧は素晴らしい景観となっており、まるで空に浮かぶ天空の街といった感じだった。ただ足元の崖下にある樹木がどうしても構図内に入ってしまい、どうしたものかと思案した結果、却って集落の浮遊感を助長するように見えそのままフレーミングした。フィルターはC-PLを使用、先に書いたように目まぐるしく変わる川霧は一時の間に浮遊感が消え失せて行った。


さて2011年の新潟・福島豪雨以降、ダム修復のため完全に水流を止めることはなく、この大志集落周辺も川幅の両端が顕わになっていたが、地元の人の話によれば修繕が終わり以前の水量となったとのこと。実は構図のイメージが水量の少ない昨年のままだったので些か戸惑った


●12日 大沼郡昭和村 冷湖の霊泉+etc

「冷湖の霊泉」~ F8・SS1/8・ISO200・C-PL ~


ほぼ一年ぶりに昭和村大字大芦の冷湖の霊泉へ行く。この数年は冷湖の霊泉自体より下側の水流ばかり撮っていたのだが、色々と思案することがあった。それはこの場所特有というか、霊泉の流れにスポットライト風に射す木漏れ日により輝度差が生じ、露出設定が手古摺りなかなか思うように撮れなかった。かといって曇りとなって全体がフラットな光具合となったとしても、それはそれで何ら特徴がなく面白味に欠ける。従って凡そ二時間、何処に陽光が射すと画的に芳しくなるか、光の具合を観察しながら撮影を続ける。


結果的に水流が石を打つ下側に射した時が一番良かった。水の弾く具合やコケや他への光の周り具合も個人的にはイメージに近い内容となった。撮影はC-PLを使用、絞りはF8~F10、ISOは200でSSは1/5秒~1/8秒と状況に応じて変えた。後にコケの緑がケバケバしく感じ、レタッチで緑の彩度をマイナス補正する。


「蒼の昼下がり」~ F8・SS1/250・ISO200 ~


続いて先週も訪れた大沼郡金山町大字栗山字雨沼の霧幻峡へ向かう。昼過ぎなので撮影ではなくロケハンなのだが、早戸の対岸となり旧三更集落の船着場に旧い舟が川面に浮かび、その川面が遠くの山々の緑、そして日陰の青色を映し色彩豊かに見えた。舟をメインに川面を撮影するが、舟は川の流れで動くので思い描く構図を撮るのに一時間ほど要してしまった。


撮影は手持ちと三脚を適材適所で使い分け、C-PLで反射を補正するより自然の色合いの方が好ましくフィルター類は使わなかった。結果として手持ちで撮った画像をupしたが、背景の光具合と動く被写体の構成はなかなか思うように行かず一時間ほどを費やした。今日は先の冷湖の霊泉も含め一枚を撮るのにかなりの時間を要している訳だが、こんな風な撮り方って果たして良いのか悪いのか‥何れにせよ腰痛持ちにはあまり好ましい状態ではないと思う。


●19日 大沼郡金山町 霧幻峡

「夏 帳」~ F10・SS1/3・ISO200 ~


大沼郡金山町大字栗山字雨沼”霧幻峡”にて撮影。時間は夕暮れ、程よい感じの霧の発生となった。横構図でも撮影した画像、散漫な印象になるため縦構図をupした。
撮影時に一時upしていたが色合いなどが気に入らず、今回再現像再upする。その色合いだが、撮影時刻が夕暮れなのでやや赤味を帯びた色調であったため彩度や色数を抑えた。


●25日 大沼郡三島町 第一只見川橋梁

「今日の朝 ①」~ F8・SS1/200・ISO320 ~


「今日の朝 ②」~ F8・SS1/160・ISO100 ~


今日は仕事であったのだが、親戚に案内をせがまれて先週に続き第一只見川橋梁に行く。その先週と異なり川霧はまずまずの状態となり、六時の上りを横構図、七時の下りを縦構図で撮影した。因みに七時台を縦構図にした理由は霧が晴れてしまったからだ。六時の車両は一両が何かしらの装飾が施されたもので、個人的にはノーマルなキハが良かったのだがこればかりは致し方ない。


撮影は六時がISO320・SS1/200秒、七時がISO100・SS1/160秒、二枚ともフィルターは使わず絞りはF8。そしてそそくさと撮影を終え帰宅し仕事に戻った訳だが、今月だけで三度も訪れることになるとは思ってもいなかった。


さてさて今月何度も通った霧幻峡、秋は紅葉、春は桜とこの先も楽しめそうな場所。早戸の歴史などなど詳しくは地元有志によるものだろうか、「奥会津・幽玄峡谷・霧幻峡」なるサイトがあります。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。




風に語りて - Talk to the Wind -

16:9

いつも拝見している廣瀬雅弘氏のYouTube、今回はアスペクト比についての内容であった.。因みにデジカメの一般的アスペクト比は4:6。

とういう訳で以前upした画像を早速アスペクトを16:9にしてみる。こうして見ると新鮮で広々としたパノラマ的感覚、且つすっきりした印象。すっきり見えるということは、言い換えれば構図に余計な部分が多かったとも云える。


ただブログにupしたりプリントした際、ちょっと違和感も感じるような気配。要は慣れだが試してみると全体的に隙が無い画像は16:9が合わないこともあり、適合・不適合の判断はもうちょっと試行錯誤を繰り返したいと思う。



風に語りて - Talk to the Wind -

大沼郡金山町 鮭立の磨崖仏


奥会津方面の撮影の合間、国道252号線を通る度に案内板が気になっていた大沼郡金山町山入石日山にある”鮭立の磨崖仏 (さけだちのまがいぶつ)”に寄る。

岩壁に彫られた石仏は、柱と屋根で囲み劣化を防ぐようになっている。崖仏はあちこちで目にし一番は様々な浸食が最大の問題だと思うが、行政と住民が一体となり守ろうとする様子が伺える。来訪者の芳名帳があり覗いてみると結構遠くから訪れている人々もいる。達沢不動滝にも置いてあるが、今となっては個人情報云々あまり宜しくないことのようにも思える。


風に語りて - Talk to the Wind -

15/06 撮影記

●21日 いわき市久之浜町 蟹洗海岸+etc

高天原」~ F8・SS15・ISO200・C-PL+ND400 ~


岩竝は風に鳴るかな」~ F10・SS13・ISO100・C-PL+ND400 ~


腰痛が大分良くなり二週間ぶりに撮影に出かける。予定としては先々週の裏磐梯のリベンジであるが、この数日天候に恵まれずいわき方面へ向かう。毎度毎度のいわきだが、撮影としては初めて久之浜町田之網字横内の蟹洗海岸を選ぶ。蟹洗海岸は弁天島と蟹洗温泉のほぼ中央にある磯であり、弁天島をまた違った方向から眺められる。天候は時折り青空の覗く薄曇りのフラットな光線で風があり波が高い。岩場を歩きながら構図を決め三脚をセットする。足元には高波の飛沫が寄せ、おそらく湿度は高いと思うが気温が低くとても心地良い。


撮影はC-PLとND400を使用、雲や波の動き流れを意識しながらシャッターを切る。岩場なので足元が危うく、且つ時折り強風が吹きブレ写真を量産しながらも暫し波と海に対峙していた。早朝ないし夕暮れの際、この場所はどんな表情になるのか何れまた来たい。


●24日 福島市土湯温泉町 照南湖

夏の真昼の静かには」~ F6.3・SS1/200・ISO500・C-PL ~


午後に空き時間が生じ、福島市土湯温泉町の睡蓮が咲く照南湖に行ってみる。此処の睡蓮は午前中に開く花が主なので、凡その花は閉じ気味となり更には陽射しが強い状態であった。そして何より平日のそそくさとした行動なので機材類をそっくり忘れてきてしまったのだが、望遠レンズにはC-PLが装着したままだったので望遠のみで撮影を始めた。というのも毎年思うのだが水草の雑草が蔓延り湖底には泥が溜まっており、更には睡蓮の葉が折り重なるように密集し景観的に優れているとは言い難く、従って個人的には標準域で撮るより望遠を使い一花二花を撮ることの方が多い。


撮影はまずコンデションの良い花や葉を捜すのだが、先に述べたように陽射しが強く躊躇していると木漏れ日が一厘の閉じた花に陽が射し込む。時間的にほんの一分程だったと思うが、この一分間だけ撮影を行った。水面及び葉の照り返しを除去するためC-PLを使用、設定はF5.6、1/320、ISO500、日の丸構図を避け背景に葉の連なりを配してみたのだが、些かまとまり感の希薄さを感じる。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。



風に語りて - Talk to the Wind -

シューアクセサリー

昨日、東北南部がかなり遅い梅雨入りとなったが、それ以前からずっと雨と曇りの陽気が続いており、今日明日の土日の撮影は無理っぽい塩梅である。例年だと今頃は二本松のあじさい寺や桑折の蛍などを撮影していたのだが、こう寒いと今年の蛍は芳しくないかも知れない。というより、一昨日から風邪気味となり体調がイマイチ宜しくない。

さて時折りコンデジで撮影地の動画を撮ることがあり、前々より欲しいと思っていたシューアクセサリーを購入した。例えばエツミの場合はボールヘッドシューいう製品名となりそれ也のお値段となるが、Amazonを眺めていると中華製で425円のものがあった。更には海外からの直送ながら送料無料となると、壊れて元々というか試しに買うにはとても適した内容だと思いポチッた ⇒「製品詳細


発注から到着まで二週間弱、質感は特に悪いと感じることはなく、カメラへの装着はきつくもなく緩くもなく操作感は良好だと思う。動画を撮るのは記録として残しておきたい場合、ブログへのup、光の状態待ちなど撮影の合間だが、三脚に固定して撮ると手ブレが起きることはなく、写真と動画の両方を一度に撮ることが可能となる。次回の撮影の際は色々と試したいのだが問題は耐久性、もし耐久性に難があればエツミなどを選択するか、はたまた安さから同品を二個ほど買うかになるな。


何れにせよ天候が回復しなければ出かけられず、梅雨明けの予定が07/25。個人的には暑くなるより今の方が良いのだが、梅雨入りが遅い年は大雨が降る傾向があるとのことで、特に昨今は雨の被害が毎年のように起きているので呉々も注意を怠らないようにしたい。


風に語りて - Talk to the Wind -