大沼郡三島町 第一只見川橋梁+etc

只見川の川霧は如何なものか、03:00起きで大沼郡三島町大字川井字天屋原”道の駅 尾瀬街道みしま宿”へ行ってみた。早朝の国道49号線から国252号線には一台も車両が見受けられず、目的地までずっと貸切り状態だった。
結果として霧は立っておらず、道の駅脇から登る第一只見川橋梁の俯瞰ポイントではなく会津桧原駅側の川向かい、大沼郡三島町大字桧原字下三平からの撮影に切り替える。

赤丸の鉄塔下部が俯瞰ポイントの最上段。日頃の運動不足には結構キツイ登りとなるが、昨年は三回撮影を行った。入梅すれば霧も立ち易くなり、様子を伺い後日行ってみる。


「朝笛響く」~ F8・SS1/125・ISO500・C-PL ~


始発が来るまでの川面は穏やかで写り込みはくっきり、且つ陽が射さない状態で良かったのだが、間近になってそれらは全て悪化してしまった。因みにいつもは休日の撮影のため二両編成の列車しか撮ったことがないのだが、この日の朝は三両編成であった。


動体なのでまずはSSを決める訳だが、この時間帯は凡そ1/125近辺で撮っており、明暗はISO感度で調整している。霧があれば構図的に橋梁下をもっと取り込むのだが、ある意味面白みのない内容となってしまい、アスペクト比16:9でトリミングを行ってみた。


続いて大沼郡金山町大字栗山字雨沼”霧幻峡”へ行く。四月中旬の桜撮影以来となり、奥への通行止めは解除されていた。第一橋梁同様に霧は無いが、渡し場にあるいつもの小舟を撮ってみる。


この時点でまだ07:00前。実は昨晩どうも寝付けなく、正味二時間程の睡眠の為か体がだるくなり木陰で一時間ほど仮眠する。この仮眠により心身共に復活、疲れやだるさは消え去った。

日中は特に撮影の予定がなく、五年前の水害以降、使われることの無い只見線の各駅を見て周る。上画像は大沼郡金山町大字横田字松ノ木平の会津横田駅。錆びたレールと鉄柵、そして伸びた夏草に一抹の寂しさを感じる。

昼食後、大沼郡金山町大字大志字掛橋の大志集落へ向かう。いつもは国道252号線沿いから見渡すのだが、今日はかねやまスキー場の先にある尻吹峠から見下ろす。この峠、現在は崖崩れで通り抜け出来ないが、本来であれば金山小学校に通じる山道になる。
熊が出そうな山中に夕暮れの川霧を待ち三時間ほど一人で居たが、此処も期待外れとなり18:40頃の下り電車の通過を機に撤収。

この時間になると一気に暗くなって来る。帰路は藤沼湖から朝に撮影を行った霧幻峡へ降るが、何とこの一体は雨が降ったのか道路が濡れており、川にはかなり霧が立っていた。急いでカメラをセットしたが既に時遅し、構図や光跡の時間を見極めることも出来ずとても残念であった。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


耶麻郡猪苗代町 達沢不動滝+etc

先週訪れた耶麻郡磐梯町大字磐梯字寺西38番地の慧日寺。六月三日より五日の三日間、「”史跡慧日寺跡ライトアップ 月待ちの灯り」が下記のように行われており、最終日の日曜に再訪した。


今年も史跡慧日寺跡金堂にて月待ちの灯りを開催します。宵闇の音と光に包まれた幽玄な世界をご堪能下さい。


開  催  日    平成28年6月3日(金曜日)~6月5日(日曜日)午後7時~午後8時30分(雨天時は中止となります)


開  催  地    史跡慧日寺跡 金堂前石敷き広場(お車の方は慧日寺資料館駐車場をご利用下さい)


入  場  料    無 料


それらの記事は後にし、午前中は耶麻郡猪苗代町大字蚕養字達沢”達沢不動滝”へ行ってみる。最近は対岸に渡ることもなく、観瀑台から滝前の楓の葉を撮るのみであったが、今日は久しぶりに滝に向かって左側からの撮影を午前中ずっと行っていた。

季節は清々しく、次々と人々がやってくる。駐車場から滝まで凡そ10分の平坦な道は小さい子供からお年寄りまで、軽装&サンダル履きでアクセス可能であるが、最近その人気のない駐車場で車上荒らしが発生しており、注意喚起を促す標識が数箇所に立っていた。


「緑風滴ル ①」~ F8・SS1/5・ISO200・C-PL ~


「緑風滴ル ②」~ F8・SS1/5・ISO100・C-PL ~


長い時間居座ったからといって良い写真が撮れる訳ではないが、川を渡渉し反対側に立ったのは何時以来のことだろう。定番とも云える①と②の構図でさえとても新鮮に感じる程、結構な時間が過ぎていたようだ。


この日は短時間で交互に陽が射しそして陰るといった露出設定の難しい状況だった。①は完全に陰った状態、②は滝上部の木々の葉に陽が射したタイミングで撮影した。SSは1/5秒と決めていたので、ISOを適度に変えながら結果としてフィルターはC-PLのみの使用で間に合った。
因みにSS1/5秒は個人的にこの滝の流れが一番美しい表情になると思う次第だが、ちょっと動く人物でも遠目では②のように何とか止まって見えるようだ。


猪苗代湖や会津市内でウロウロした後に現場に向かう。早めに会場に行ってみたのだが、入場は開催時間と同じ19:00とのことで、入り口でカメラを持った人達と談笑していると次第に来訪者が増えてくる。

会場内は初めての場所に付きロケハン気分で撮影を行うが、何処を撮っても人が入り込んでしまう。終了間近に要約人の姿が消えた瞬間の画像をMain Blogにupするが、「何だかなぁ~」といった内容であります。


後々、日頃から長露光撮影を行っているのに何故それに気付かなかったかと悔やまれる。つまりはND100やND400などを使い人並みを消してしまえば良かった訳で、咄嗟に対応できない辺りが何時まで経ってもビギナーたる由縁と云える。
併しこの方法も歩く人なら消えるが、三脚を設置し長時間同じ場所に立つカメラマンなどには適しない訳で、次回に向けての大きな課題となりました‥というか、来年も開催されるか否かは不明だったりする。


さて撮影中気付いたのだが、若いカメラ女子がかなり多かったです。光りものがあって夜でも安全な場所には沢山来るんだなぁ‥などと思いながら、やっぱ街角や観光地などのお洒落な場所が彼女達の生息地なのかなぁ。
そしてもう一つ、子供を対象に行燈に隠された宝探しが行われ、子供達が暗い会場をあちこちと走り回っている。方や三脚が立っていたり持ち運んでいたり、ぶつかれば色々な意味で問題が発生すると思われ、事故が起きれば三脚の使用禁止などに成りかねない。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


写真はプリントして写真となる

私というものがこの世に存在しなくなった時、果たして何が残るのだろうか。財産の類は元々ないのでそれらはさて置き、生きてきた軌跡とでもいうのか見送った人々にはどんな記憶が残るのだろうか。


などとふと思ったのだが、大概は個々の記憶の中にその人の生き様や物事の考え方になるのだろうか、芸術性や感性の所在というものは何かしらの形として残さない限り何れ風化すると察する。幸い私は今のところ写真を趣味とし、それらは芸術や感性と掛け離れた稚拙な内容ではあるが、後々に残る何かしらの形のひとつかも知れない。


併しデジカメが主流である現在に於いて、PCの中に保存したままでは残る形のひとつにならないと思う。というのもそのPCのオーナーが亡くなった際、残された家族や親戚などなどPCを必要とする人だけしか電源をONにすることはないだろう。更には写真を見るのは写真が好きな人間くらいで、容量の多い画像データは削除される、ないしもっと云えばPC自体が廃棄処分になる可能性も高い。


個人的な考え方としてカメラで撮ったPC内のデータは画像であり、プリントして初めて写真になると思っている。つまり芸術性や感性の所在を何かしらの形として残そうとする場合、老若男女、誰もが手にすることが出来る写真という形に置き換える必要がある。


これらは死後云々のことだけではなく、3.11の際、停電で電気が無ければ何も見ることが出来ないデジタル機器の無能さを改めて気付き、もしかして焦燥した中で昔々撮った風景でも眺めればちょっとは気持ちが変わっていたかも知れない。また話しの流れがやや異なるが、以前の記事で二重三重のバックアップが必要と記したように、プリントもバックアップの一つと云える。

この数年、毎月三枚程を選び四切りでプリントしている。裏には撮影月日と場所、そして露出データを貼り付け一枚一枚をビニール袋に入れ保管する。発表や展示などなど特にそういったことには興味が無く、会社のホワイトボードに磁石で数枚張っておく位だが、来社する人の中には今月はどんな写真かと楽しみにしている人もおられるようだ。


然るに私にとっての写真とは、何時でも誰でも直ぐに手にとって見れる状態にあるものであり、データ=画像以上の写真と成り得るものを撮り、プリント=選択の目を肥やそうと心掛ける。

大沼郡会津美里町 蓋沼森林公園+etc

今日は03:00起床、且つ奥方同伴で出掛ける。最初の行き先は耶麻郡磐梯町”磐梯吾妻レークライン”、三湖パラダイス周辺から見下ろす秋元湖。

期待する霧は湖面から立ち昇っているものの、山々を覆い隠すような状況になるにはまだ季節が早いといった感じであり、早々と山を下り桧原湖の細野地区へ向かう。

細野地区には多くのカメラマンがおり、特に県外Noの車や遠くからの宿泊客が多いように見えた。併しながら例年だと今頃はもっと水位があり景観的に良いのだが、今年はイマイチといった感じだ。従って山頂から登る太陽を撮るには撮ったがMain Blogへupする程の内容とはならなかった。

先に書いたように今日は奥方も一緒なので、撮影とロケハンの両方を兼ねる予定を組んだのだが、次は磐梯山ゴールドラインを通り耶麻郡磐梯町大字磐梯字寺西”慧日寺”へ行く。場所はいつも通っている県道7号線、道の駅ばんだいの近くとなり始めての訪問となる。
とはいえ時間は早朝06:20、当然のことながら開園している訳も無く、柵越しに復元された金堂を眺め、周囲の寺院や仁王門を見て歩く。

猪苗代湖へ戻り、郡山市湖南町中野字向町地内の梅花藻を見る。私は数年前に来たことがあるが、今回奥方が付いてきたのは此処が目的でもある。例年なら六月から咲き始めるのだが、今年は四月頃から咲いたようだ。景観としては水量が少なく葉が綺麗に流動せず塊のようになってしまい、思い描くイメージとは異なった。


奥方は話し好きの老女や小川沿いにある家の方と話し込み、発泡スチロール箱一杯の山野草を頂いたようだ。傍らで撮影中の私は蛇を踏んづけてしまったりと、日曜の朝の集落はとても長閑であります。

私の今日の目的は先週と同様、大沼郡会津美里町八木沢字七窪”蓋沼森林公園”から見下ろす只見線であり、その時間まで近くの会津美里町雀林三番山下”法用寺三重塔”へ回る。
今年の冬以来であるが、何とトイレが新しくなり休憩所も設置されていた。休憩所は施錠されているがトイレは使用可能となっており、近くにはコンビニがないためとても便利となりました。


蓋沼森林公園で列車の通行時刻である下り13:30、上り14:07まで休んでいると、次々と車がやってくる。私は知らなかったのだが、今日はSL走行の最終日だったようだ。多くの人は朝の走行を国道252号線の只見川沿いで撮影の後、此処で夕方の便を待つようだ。


特にSLに興味はなく次の予定もあり、撮影場所を仙台から来た初老の方に譲り山を降りる。先週も書いたが公園への曲がりくねった細い山道には多数の車が列を成して停められ、かなりの迷惑且つ通行妨害となっていた。詰まるところ世間で云われるように撮鉄のマナーはあまり宜しくないと思う。


「田 園」~ F10・SS1/160・ISO200 ~


公園にて食事をしていたご婦人方曰く、スッキリとした天候なら凡そ直線距離で15km離れた会津若松市河東町”会津村”の観音像がハッキリ見えるようだが、先週も今日も霞がかった光景は眼下の田んぼや線路でさえコントラストの映えない状況だ。


撮影はC-PLを使い田んぼの水面の表情をコントロール、照り返し除去でなく反射する効果とした。最初の下り車輌撮影の直前、急にシャッターが切れなくなった。電源もOFFにならず電池を取り出した後に復活したものの、下り列車には間に合わなかった。おそらく何らかのエラーが発生したと思うが、上り車輌撮影の際は何事もなかった。


レタッチは先に述べたように低コントラスト状況のため全体のコントラストを+補正。更に歪みと傾き補正の後に田んぼの色調をやや+補正の後、中央部分のみアンシャープネスを僅かに施す。

夕景目的で会津若松市湊町大字平潟字東田面の猪苗代湖畔へ向かう。此処はあまり知られていないというか、個人的My湖畔といった場所であるが、予報通り夕方から天候が悪くなり、厚雲が空全体を覆い全くダメでした。


結果として今回Main BlogにUpする画像は、蓋沼森林公園から撮った田園と只見線の一枚だけとなりました。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。

今更のIDE接続HD

現在PCのバックアップは↓画像のようになっている。

仕事で使う一号機とプライベートの二号機はNASのHDで共有、文章データやちょっとしたJPEGなどが主となる一号機のデータはそのNASへのバックアップの他、二号機を通してAとBの外付けHDにも行っている。

反対にブログへupした記事やJPEG、そして動画など二号機のデータもNASとAとBの外付けHDに行う。また写真で一番重要なRAWデータは青色の三箇所に保管している訳だが、様々な各種データは二重三重にバックアップを行い、最悪二つが壊れても何とかなるといった構成だ。

さてUSBより電源を供給する2.5inchの外付けHDはあるのだが、大きいデータは電圧不足で満足に動かなくなり、動画・映像・音楽など編集中のデータの保管場所としてもう一つ外付けHDを増設することにした。

という訳でジャンク箱を物色するとIDE接続の外付けHDケースが二つあり、HD本体の単価をネットで調べてみると容量によっては結構なお値段。
そんな時はヤフオクといことで、早速HITACHIの500G(中古)を2.200円で落札、マスターやスレーブ設定のジャンバピンを久々に見たというか、その存在がとても懐かしい。

まずは起動を確認しフォーマットを行う。結果、特に問題なく使えそうだ。

一般的にHDは55℃以上の環境で使うと寿命が極端に短くなると云われる。単にバックアップだけなら短時間の稼動で済むが、何等かの作業の間ずっと動いているとなると特にこれからの季節はかなり熱くなる。
PCケース内のHDはファンを設置し冷却を行っているが、取り合えず↑画像のように外側のカバーを装着しないで使うことにした。因みに手前の2.5inch HDに電力を供給、PCを介して増設したHDにデータを送っている様子。


所でバックアップのソフトは昔からシンプルで使い易い「BunBackup」を使っている。64bit用verもあるが、私の64bit環境では以前からのverでも問題なく動作している。