CP-L

KenkoのYouTubeチャンネルに"PLフィルター使いこなしテクニック"なる動画がupされていた。興味深く拝見し今まで知らなかったことが次の二点あった。


1.回転枠に刻印してある▲の意味。


ガラスとガラスの間に偏光効果を発生するブラインド幕が挟まれている構造は知っていたが、▲印を上側とした際にそのブラインドの方向が水平になる。つまりPLフィルターを装着した際、▲印を常に上側にしてから回転枠を回し、効果を確認するのが正しい方法かと思う。


2.テカリを除去する効果に対するその反対の効果。


テカリを100%抑えた回転位置に対し、その反対はテカリを一層助長する効果がある。今まで水面の反射や虹などを撮る際PLフィルターを使用しなかったのだが、全く逆の内容でありました。そういえば一月だったか、八茎不動滝の虹を撮ったときC-PLフィルターを回転させると虹がくっきりしたり、水面が見た目以上に反射する状況を体験した記憶が甦った。


以上の二点だけでもこの動画を見た価値は大であるが、日常的に使っていながら基本的なことを知らなかったことがお恥ずかしい限りであります。動画にC-PLブラケット撮影の勧めなる件がありこれは私も行っている。例えば滝の撮影などで岩のテカリを除去する際、右側の岩は消えても左側は光るといったことが度々あり、効果の違いを後にPCの大きな画面で確認している。
今回はPLフィルターについての動画であったが、続いてNDやソフトなどなどのフィルター講座もあるのだろうか‥というか、是非続けて欲しい内容の動画であった。



さて眼鏡を装着して一週間近くとなる。最初はクラクラして仕方なかったが少しずつ装着している時間が長くなってきた。併し遠くを見ている分には良いのだが、近くのものがどうしても歪んで見える。例えるなら広角レンズで撮った画像のような感じだが、距離感や色収差などなど眼鏡越しの光景がバーチャル的でなかなか馴染めない。


風に語りて - Talk to the Wind -

蕎麦って高いよなぁ

冬季間は行かず仕舞いとなり、数ヶ月ぶりに大沼郡三島町から南会津郡南会津町周辺を往復する。その間で変わっていたことは会津坂下に新しい道の駅が出来、工事中であった大沼郡金山町の滝ダムトンネルが開通していた。また只見川の各ダムの修復が終わり各地水位が高い。

一番の目的は三島町 道の駅尾瀬街道みしま宿脇から見る只見線第一橋梁であったが、川霧の発生には時期がまだ早くロケハンであちこち歩く。個人的にいつも寄るのが大塩の大塩天然炭酸水。水が少ないとサビの味というか鉄分が多くなってしまうが、今日は井戸の半分近くあり冷たく美味かった。


さてこちらの方面はコンビニがなく、手軽に食事を摂ることが出来ない。従っていつもはトイレ休憩に立ち寄る舘岩の道の駅番屋で食事をしてみたところ、普段はあまりこんなことを書かないがちょっと酷かった。


メニューはソバとうどんのみで天ぷらソバが930円。注文すると野菜の天ぷらが五つ乗り特に美味い訳でもなくコストパフォーマンスが非常に悪い。でもバイトのJKが可愛くて愛想が良かったので許す w


風に語りて - Talk to the Wind -

メガネ作った

近所で数店展開する眼鏡店、その内の一店が店仕舞いの半額セールを行っていた。これを機に家人が眼鏡を作ったのだが、同行した私も作る羽目になった。


実は生れつき目が悪くおまけに乱視だということは前々から知っており、前回の免許更新はスレスレの状態であった。乱視の方は元々なので現在見えてるものが正常なのか異常なのか全く分からないが、確かに視力の方は劣ってきたと感じる。

眼鏡店で検査を行うと特に右目の視力が悪く0.3で左右がかなりの差、且つ乱視の補正もあってレンズは特注で3.000円プラスとなった。結果として眼鏡を装着しても両目共々0.7、これで次回の免許更新はOKかとは思うが、眼鏡装着での更新は眼鏡使用が免許条件となってしまいちょっと面白くない。
併しそれ以前に眼鏡に馴れないというか目がクラクラする。近場や家の中は広角レンズのように周囲が歪んでいるし、却って目が悪くなりそうな感じだ。


因みに作るならフレームは丸型と以前より思っていたのだが、たまたま一つだけ在庫があった。所で一応断っておくが老眼じゃありません近眼です。目だけはまだ若いようであります w


風に語りて - Talk to the Wind -

会津若松市門田町 ”むらい食堂”

各メディアで見聞きする会津若松市門田町大字中野字屋敷のむらい食堂に行って来た。GWの合間だったからか並ばずに店内に入ることが出来たが、営業時間は13:30がラストオーダーとなっていた。会津はソースカツ丼や味噌カツの食堂が多くむらい食堂もその一つ。店内は二人用のテーブルが三つと他は全て座敷となり、腰の悪い私からするとこの形態はちょっと辛い。

ご覧のようにロースかつ丼は3cmほどの厚さがあるが、歯切れが良く食べるのに苦労はない。コロモは小粒のパン粉で薄く揚げられておりサクサクとした食感はなく、そして混んでいる為に揚げる時間を見誤ったのか些か焦げたような部分もあった。味の方は筋っぽさはないけれどジューシーさもなく、単に大きいカツを食べているといった感じだ。またご飯が普通の茶碗に一杯くらいで、量的にカツとのバランスが欠けている。


値上がりもあって最近は誘われれば来るいった感じであり、同単価帯であればご飯、味噌汁、キャベツなどがお代わり自由、且つサクサクした食感の四号線、松川にあるかつ亭の定食に軍配が上がる。


会津若松市門田町大字中野字屋敷107-1  木曜定休


風に語りて - Talk to the Wind -

2015/04 撮影記

●09日 那須郡那須町 堂の下の岩観音

「季至ル」~ F10・SS1/40・ISO100・C-PL ~


先月の21日ロケハンを行った那須郡那須町芦野”堂の下の岩観音”へ行く。6日の月曜が四分咲きとの情報を得て寒い日が続き日曜辺りが見頃かと思ったが、枝の一部には葉が見え隠れし早く来て正解であった。今日は幾分暖かくなり、空は青く太陽は薄っすらと雲に隠れる撮影に適した環境の下、多くの人が訪れていた。


ネットで堂の下の岩観音を検索すると、菜の花と水を張った田んぼの画像をよく目にする。併し以前訪れた際、この構図だと周囲の多くのものが写り込みとても散漫な印象になると勉強した。従って岩と観音堂、そして桜を抽出するフレーミングを行った。
先に太陽は薄っすらと雲に隠れると記したが被写体が日陰となりコントラストが映えず、一寸の陽射しを待つが期待出来ないのでコントラスト強めの撮影を行う。最初はND400にて桜の発色を促していたが、後にCP-Lの使用のみとした。それにしても構図が難しいです。岩と観音堂と桜、この三つの兼ね合いがなかなか定まらず、微妙な立ち位置移動と雲台の操作を行う。


●26日 伊達郡桑折町 半田山自然公園 ~ 郡山市湖南町

「色淡き朝は夢む」~ F8・SS1/250・ISO200 ~


25日に訪れた伊達郡桑折町の半田山自然公園、風があり水面が波立ち思うように行かず今日も出かける。今日は無風とまでは行かないが昨日と異なり穏やかな表情の写り込みを見せる。とはいえ写真だと目で見たようなくっきりとした画像にはならず、完全に動きが止まった水面を収めるチャンスはなかなか訪れないのかも知れない。


写り込みはC-PLを使用せず自然の反射を撮る。一部ND400を使って波紋を抑える方法も試したが、これは好みが分かれそうな表情となった。またその表情の多くは絞りで調整した。


「夕 轟」~ F10・SS1/4・ISO200・C-PL+HALF ND ~


午後より猪苗代湖へ向かう。昨夏に撮影した湖南町舟津の鬼沼周辺から猪苗代湖を見下ろせるポイントだが、樹木に葉がないのでいつもと違った景観に見えてしまう。まだまだ明るい内に着いたので車内で休息を取りながら聞き耳を立てると、怪我などで渡れなかった白鳥や多くの野鳥の鳴き声が聞こえとても長閑で静かな時間が過ぎる。やがて陽が沈むに連れ湖面や空は青色を増すものの、空はあまり赤くならずに終わりそうな気配だ。
夕焼けという現象は難しいもので、今日のようにずっと天気は良かったからといって空は赤くならない。おそらく太陽の入射角や湿度、雲の高低や位置などなどが影響していると思うが、確かに今日は雲が殆どない空模様だった。


撮影はC-PLとHALF NDを使用、先に述べたように夕焼けは期待出来ないので反対に青味のある世界観をイメージする。WBは4000k~4500k、露出時間は進行する暗さと共に変化するのだが、暗めの設定でSSが遅くなると波の形状が潰れてしまう為、湖面の表情が残るSSとタイミングを見計らいながらシャッターを切る。
気付くと19時、初夏のような天候だったとはいえこの地の日没は寒い。山間には獣の気配もあり染まらぬ空を要約諦め帰路に着く。因みにこの入り江は夏に向かって水量が少なくなり、次第に湖底が現れ更には水草が蔓延り景観が損なわれる。従って撮影するなら早い内が狙い目だ。



@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


風に語りて - Talk to the Wind -