田村郡三春町 福聚寺

昨日、用事があり三春町へ行ったおり、序に字御免町194の福聚寺(ふくじゅうじ)に廻ってみた。大きなお寺で以下Wikipediaよりの引用。


・・・福聚寺は、福島県田村郡三春町にある臨済宗妙心寺派の寺院。山号は慧雲山。本尊は釈迦如来。住職は小説家でもある玄侑宗久。なお、前住職は玄侑宗久の父親が務めていた。1339年(暦応2年)復庵宗己の開山、田村輝定の開基により安積郡福原に建立された寺とされ、1504年(永正元年)田村義顕が現在地に移転したという・・・


田村氏三代墓所や雪村の達磨図などなど、歴史のある寺社は色々と素晴らしものがあり、陽気も良かったので色々と散策してみました。

さて時は戊辰戦争、元々勤王派であった三春藩は仙台藩などの圧力で奥羽列藩同盟に加わるも、逸早く新政府軍へ帰順の後、二本松藩への攻勢を手引きするなど武士道的価値観からは許しがたい経緯があり、二本松ではつい最近まで三春から嫁を貰うなと云われ、子供心に三春は敵という意識がありました。
実は越後村上藩(現新潟県村上市・岩船郡周辺)の藩士であった父方の祖先は戊辰戦争の際に米沢で戦死しており、尚のことそんな環境の中で育った。

それは兎も角、立ち寄った理由は桜の様子と撮影位置の確認、つまりはプチロケハンであります。暖かい日が続いたからか、つぼみの色具合が赤みを増してきたように思える。

帰りは仕事などで度々通る本宮市和田戸ノ内で梅の風景を撮影。毎年毎年、梅が咲く度に撮ろうと思いつつ、いつもカメラを用意していなかったのでこの日は持参して出掛けた。


それにしても昨日の暖かさは何処かへ消え去り、これを書いてる九日は霙混じりの寒い一日となっている。今月は愚生の誕生月なのだが、正に男心と春の空、行きつ戻りつというか試行錯誤というか、全く以って定まらぬ陽気であります。


本宮市和田戸ノ内

仕事で通過する田園。春になると梅が咲き毎年目を惹かれていたのだが、今日はカメラを用意して車を停めた。空模様は次々と雲が通過する状態なので、晴天、半曇り、厚雲とSSを変えながら撮ってみると半曇りの光具合が一番良かった。


「ぼくのいなか」~ F8・SS1/80・ISO100・C-PL ~


明るい状況なのでISO100、ピントは物置小屋左端の屋根部分。光や風の具合、更には絞りF8なので背景の梅はかなり甘い描写になっているが、イメージしていたほわっとした春の雰囲気に近い感じになったと思う。


レタッチは色調を暖色系に補正、梅の彩度をマイナス補正し白さを強調。他にコントラストと明暗を適所にて補正。また画像右上、遠くの木々の間に電線が写り込み修正する。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。

大沼郡昭和村 ”村の駅 味楽”

昨年の11月以来ぶりに昭和村”村の駅 味楽”へ行ってみた。前回の「記事」。

今日は画像のサッパリ田舎ラーメンの大盛りを注文。その名の通りサッパリした味わいは魚系の味がなく、個人的には好みなのである。おそらく麺は何処かの製麺所のものだと思うのだが、やや縮れた黄色い麺はとても懐かしい味とビジュアルを醸し出す。いつも自家製お新香が付いているのだが、こういった心遣いって良いですよね。

店舗はちょっと見では飲食店のように思えない。というのも食料品も販売する小売店となっており、店内の左側にテーブルやカウンターが設置されている。

メニューはラーメンとおにぎりからなり、今回もおにぎりは食べず仕舞いになってしまった。惣菜の販売も行っており、出来立てのかき揚げをサービスで二ケ頂戴した。


結論として愚生はこういうラーメンが好きなのである。拘りすぎて空回りしたような味ではなく、飾りつけの手間で冷めてしまったスープではなく、素朴ながらに味わいがあってスープが熱くて、そんなラーメンが好きなのである。


大沼郡昭和村大字下中津川字沖96 木曜定休

二本松市若宮 ”支那そば やまき”

もう六年ぶりになるのか、二本松市若宮 正月屋分店”支那そば やまき”へ行く。近くの店舗でありながら何故に数年行かなかったかといえば、個人的に魚系の味が好みではなかったいうことだ。

今回のオーダーは画像の焼豚そば 950円、以前に比べ全メニュー50~100円ほど高くなっていた。視覚に映える盛り付けが以前と変わらず整っている。

まずはスープを一口「ん、しょっぱい‥」、口がおかしいのかと思いきや、一緒の家人も同様にそう言う。おそらく調合の誤りだと思うが、基本である魚系の味が口に残り、総体的に端正且つあっさり系のスープなので尚のこと感じてしまう。


焼豚は肩ロース、コテコテになるまで煮込まれたものとは異なり、適度なしなりと色合いが残る。見た目から想像出来るように、スープと同様あっさりとした味わい。


という訳で久々に食べ、味も盛り付けも上品過ぎて却って印象に残らず、それが久しく行くことが無かった最大の理由だと気付く。更に単品で1.000円近い価格設定は、ラーメン店全てに於いて云えることだがとてもお高く感じてしまう。やまきの場合は加えて麺の量が少なく割高感が増す。


また気になるのが熱くないということ。猫舌の人には良いかも知れないが、フーフーと冷ましながら食べるのが美味いのであって、出来立ての丼から湯気が立たない状況は盛り付けの綺麗さよりも魅力が落ちる。


二本松市若宮1丁目334-6  水曜定休

さよなら歌舞伎町

基本がミーハーである愚生、前田敦子が出ているということで上記タイトルの映画を観た。冒頭で前田敦子演じる沙耶が恋人の徹に抱きつき「ねぇ~しよっ」と、刺激的な台詞を呟くのだが、これはちょっと言われてみたいな‥と、妄想するのでありました w

映画のあらすじは「Wikipediaをご覧いただくとして、内容はとあるラブホテルの一日とそこに集う人々の群像劇。一度観ただけでブログの記事を書けるくらいに単純明快であり、その中で気になった点を述べてみる。


まずホテル内が物語りの主となり、全体的に画面が暗い。今回はPCで鑑賞したため尚更かも知れないが、人物の顔の表情などがイマイチ分からなかった。
次に韓国人の俳優も出演しており、撮影当時の社会世情というかコリアタウンの描写は余計だと個人的に思う。個人的ついでに徹の実家は東日本大震災により家が破壊、両親の仕事もなくなる。学生である妹は学費を払うためAV女優のバイトを行っているのだが、震災をこういったことの引き合いに出して欲しくない。


そして一番引っ掛かるのが、恋愛の在り方について何かが違うような印象を受ける。それは旧いと云われればそれ迄だが、SEXというものは異性を好きになり交際という段階を踏んでからの行為だと思う。併しながら今時の世相というのか、まずはSEXが起因になっているような流れを映画全体から感じてしまう。
こういったことは頭が固いくらいがちょうど良く、行為に至るまでの過程はもっとロマンチックであって欲しいと思うのは愚生だけだろうか。然るにこんな安直なSEX感が蔓延れば世の中は必ずおかしくなる‥いや、本来なら恥ずかしいことなのだが、出来ちゃった婚が既に普通のことになっているような世の中は矢張りおかしいのである。


さてラブホテルに勤める里美は自宅に指名手配中の康夫を匿っている。里美自身も犯人隠匿罪で手配されており、客の不倫刑事カップルに正体を見破られホテルを飛び出す。そして二人はどうなるか、結末はエンドロール後です。