AKBの横山さんとフォンダンショコラ

私の家は門から母屋まで700mある。途中には畑やちょっとした庭などがあるが、先日雪の降る日に由依が傘も差さずに歩いていた。近々遊びに行くとの連絡を受けてはいたが、当日に電話でもあれば駅まで迎えに行ったものの、実は彼女は私の姪になり久々に羽を伸ばしにやってきた。
話を聴いていると矢張り次期総監督としての重責からか次第に涙が溢れ、私の胸に飛び込んできた。そんな彼女の髪を優しく撫で、やがて私は伯父と姪という関係を終わらせようとしていた‥な~んて奇天烈な甘い夢を観ました w


そういえば大昔は松田聖子が郷ひろみとの結婚の相談に来たこともあり、新緑の中でドライブなんぞをしたのだが、そういう訳で (一体どういう訳だ!) 甘さの序に前々から気になっていたミニストップのフォンダンショコラなるすい~つを食べてみた。

キャラメル&オレンジとバニラ&ベリーの二種があり、お値段は何れも320円。内容はチョコケーキの上にキャラメル味のソフトとオレンジソース、ないしバニラソフトにブルーベリーソースとなる。後者は酸味があり個人的にはキャラメル&オレンジが好みだ。
甘さは控え目で口当たりが良く、簡単に二個は行けてしまいそうだ。因みにチョコケーキは温かいとのことだが、然程温かみは感じなかった。

さて愚生としては320円という価格を考えると、ケーキ店などで同価格帯のショートケーキの方が良いかなぁ‥などと思ったりする傍ら、新メニューなのか198円の十勝ハッシュドポテトはなかなか美味かったです。以前ミニストップにはフィッシュ&チップスがあり好んで食べたものだが、また販売しないものかと密かに期待している。


で、おそらくこういったジャンクフードばかり食べているから、健全な身体に健全な魂が宿らずロクな夢を観ないのだな。明日からは当分麦メシとメザシ、そして納豆にしようと心に誓う建国記念日の夜であった。

東白川郡塙町 ”手打中華 じゃずめん”

いつも前を通る度に気になっていた東白川郡塙町”手打中華 じゃずめん”。国道118号線沿いに大きな看板が立っているので否が応でも目に付き、今日はちょうど昼時だったので寄ってみた。

昨年の夏頃にオープンしたまだ新しい店内に入ってみると、その店名のように楽器などジャズに関するモノが飾ってありました。聴けば店長がジャズ・シンガーだったらしく、BGMは勿論ジャズです。

定休日は毎週金曜日と毎月第2木曜日。営業時間が11:00~14:00、材料が無くなり次第閉店ということだが、土曜の13:00でありながらかなり空いておりました。
メニューはしょう油ラーメン類とライスがあるだけ。お目当てのチャーシューメンは930円とちょっと高めだが、まずは食べてみて値段に納得いくか否か。

ラーメンが出来上がる前にサービスの鶏ガラを食べてみるが、確かに鶏ガラというだけあってあまり美味いものではなく個人的にはちょっと‥。

運ばれて直ぐにスープを口にしたもののあまり熱くない。これは良いのか悪いのか人によって意見が分かれるだろう。味は鶏ガラをベースしたあっさりした印象だが、魚系のような風味が顔を出し、鶏ガラだけでまとめて欲しかったという気持ちが残る。チャーシューはモモ肉ながら柔らかく、全てに於いて白河ラーメンの流れを汲む。
そして何より愚生の好きな手打ちのちぢれ麺だが、歯ごたえありスープの絡み具合がとても良いです。最近ちぢれ麺を食べる機会が無かったからか特にそう感じる。


さて先の値段についてまずは麺の量が少ないように感じたことが一点と、確かに美味いのだが日常的に食べる価格ではなく、思い出した頃にまた食べたくなる一品だ。というか、毎度のことだがラーメンってこんなに高級な食べ物だったのかなぁ‥と、ふと思う。


因みに高級とは個人的解釈です。


東白川郡塙町大字塙字大町2-34-1 月曜 第二木曜定休

HAKUBA ”リッジショルダーバッグ”

いつもカメラ・バックはリュック・タイプを使っているのだが、先日の乙字ヶ滝や銀山温泉のように撮影場所が車から降りて数百メートル以内の整地された道程、ないし撮影目的が決まっているならばショルダー・タイプの方が使い勝手は良く、小型のものは持っているものの容量がカメラとレンズ一本程度なので、大容量、且つコスパに優れるバックを探していた。

という訳でタイトルの「HAKUBA ”ルフトデザイン リッジショルダーバッグ”」を購入。容量はLサイズ (15.6L)でレンズ付きカメラとレンズ三本が余裕で入り、フィルターや各小物などなどリュックの内容物がほぼ収まる。更にはとても取り出し易く、レイアウトによっては他にカメラ一台ないしレンズ一本、加えて薄型のノーパソを入れるスペースもあるが、かなり重くなるので適度に抑えた方が良さそうだ。


ショルダー・タイプは当然だが片方の肩に全ての重量が掛かり、同じ内容量であってもリュック・タイプとはその感覚は全く異なる。画像のようにフルに内容物が入っているとかなり重いが、先に書いたように撮影目的が明確であれば持ち出すレンズは自ずと決まり、使わないレンズや機材は車内に置くなどバックの目方は軽減されると思う。そしてショルダー・タイプの最大の利点はバックを置くことなくレンズ交換などが可能であり、その機能性を色々と試してみたい。

さて容量については何等不満はないが、値段が値段故に問題が一つ。それは各ベルトを繋ぐバックルがプラスチック製ということだ。肩から提げるベルトなので四つあるバックルの一つでも破損すればバック自体が落下することになり、強度的に大丈夫かとは思うが不安を感じる。
そこで気休めかも知れないがボールチェーンを四箇所に通しておいた。その際、袋に入れたペットボトルなどをカルビナで提げれるよう長めにしておいても良いだろう。

尾花沢市大字銀山新畑 銀山温泉

一月最後の日曜、雪の情景を撮ろうと尾花沢市大字銀山新畑「銀山温泉」へ向かう。本当は先週、そして30日の土曜に行く予定であったのだが天候が悪くこの日になった。

気になる道路上の雪の状態は国道13号線栗子峠を含め一部道路が濡れている状態であるが、尾花沢市に近付くに連れ道路脇の積雪量が一気に変わり、銀山温泉周辺は尚のことその様相が強くなる。
併しながら山間にある温泉街の積雪量は思った程ではなかった。この時期困るのが一般駐車場の除雪が行われておらず、駐車場所を探すのがとても厄介だ。

今回は家人を伴ったので、まずは”「伊豆の華」で甘酒やぜんざいなどを飲食しながら落ち着く。店内の先客もそうであったが、今日は家族連れやカップルなどなど台湾からの観光客が多い。聴けば泊まりは仙台なのだが銀山温泉も観光ルートの一つになっているようだ。余談だが同じ民族でありながら煩い中国人と違って台湾人は静かで良いです。

家人はその後、三つある共同浴場の一つ「しろがね湯」へ行くが、私は日中の入浴が苦手なので周辺をブラブラ。灯りが点る頃、一段と観光客が増え始める。そして今日はカメラマンも多く矢張り雪景色目的なのだろう。
その雪景色、先月の初めに積雪を念頭に置いた構図の確認の為に訪れていたのだが、先に書いたように積雪が少ない上に天気予報に反し雪が降り出して来た。

夕刻は宿泊客や観光客の流れが絶えず、それでも構図内から人が消えるタイミングを待ちながら撮影を続けるが、降りしきる雪がレンズフードの中に溜まるような状況となり、更には全体的に解像度が劣る画像となってしまった。


帰路、雪は尾花沢市から村山市~東根市周辺で降り止む。他は所々降ったり止んだりで道路が乾いている箇所もあるが、栗子峠が近付くと強く降っており、峠は圧雪状態で車速が上がると横滑りを起こす状態だった。因みに福島県に入った途端、それらはまるで別世界のように穏やかな夜となっていた。


「雪灯ル頃」~ F8・SS4・ISO200 ~


強い風雪によりレンズフード内には雪が溜まり、レンズやカメラはビショビショ。よって長い時間の撮影は出来なかったのだが、先月訪れた際に雪景色の凡その立ち位置や構図などの構想は出来ておりその点はスムーズに進んだ。


毎度のことだが、構図内に観光客や宿泊客の姿が消える一瞬を待っての撮影を繰り返す。露出設定はオーソドックスな夜景の数値。レタッチは撮影時のWB5000kから後に5600kに変更。細かい降雪で解像度が劣る画像のためコントラストをややプラスに補正、その補正に合わせ明るさと色調を補正した。また撮影時は常にカメラ内及び外部水準器で水平を取っているのだが、そのままだとガス灯が傾いているので真っ直ぐになるように修正する。結果的には思った以上に積雪が少なく、イメージする雪景色とは異なり機会があれば再チャレンジしたいところだ。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。

「昭和」を感じるおっさんぽい言動

TVのバラエティ番組だと思うが、YouTubeに上記タイトルの動画があった。見ている内に自らを検証してみたり‥。

1.「あの頃は良かった」など過去の自慢話が多い
これはあまり無いかな‥というか、今の方が良いと思えるように心掛けているのかも知れない。などと非常に前向きなことを言ってみる。


2.Dの発音が「でー」
昔々TDKを“てーでーけー”と言っておりました。田舎の人間なので発音やイントネーションが悪いからかと思っていたが、これって年代に由るものなのか、確かに家の子供達はちゃんと発音しているようだ。因みに気付いてからは“ディー”と発音するように心掛けている。


3.おしぼりで顔や脇を拭く
顔は拭くけど脇を拭いたことはないぞ。でも夏の暑い日などに首筋を拭くと気持ちいいんだよなぁ‥。


4.寒いオヤジギャグを連発
愚生はお利口さんではありません。なので頭の回転が悪く洒落などを言う利発さが希薄であります。


5.小指を立て「コレ(女)か?」と聞く
今迄やったことが無い。というか下品。


6.食後は堂々と爪楊枝でシーシー
歯に隙間があり、口内で爪楊枝を使ったことが無い。


7.傘でゴルフのスイング
ゴルフはやらない。そもそも若者のゴルフ人口って少なくないか?


8.金曜日は「花金」と言う
週休二日って何年前からだったろ。当時は学校や大手企業だけで庶民には無縁な話し。なので”花金”という言葉はTVの中のバーチャル的世界だった。


9.酔ってネクタイを頭に巻く
これは未だにやったことは無い。その他は色々あるけど w


10.親指を立てて「コレ(男)は?」と聞く
5.に同じ。


11.美容院を「パーマ屋」と呼ぶ
昔は言ってたかも。今は老若男女問わず全て“床屋” ← パーマ屋より悪いか。


12.「チャンネー」など言葉を逆に使う
”ザギンでシースー”・・・言わぇよ。


13.アイドルの顔が皆同じに見える
南朝鮮の整形アイドルが皆同じに見えるけど、若者は個人個人を判断しているのだろうか‥と、思うこと自体がオジサンなんだろうな。


14.妻を「カミサン」「家内」と呼ぶ
“カミサン”と言ったことはないけど、“家内”って古い言い方なのか‥それは知らなんだ。


15.くしゃみの後に何かついてる
あまり無いな。


16.ファンを「ふあん」と発言
2.と同じで田舎の人間は発音が悪いのである。例えば”寿司”も”獅子”も”スス”も同じだ w
でも愚生は正しく”ファン”と言う。


17.酔うと説教が始る
これは居るね。例えば風俗などで酔ってなくてもああだこうだと説教を始める吾人。でもヤルことはヤル。オジサンの心と身体は時として反比例 ← 聴いた話です。


18.ゲーム機はすべて「ファミコン」
ゲームはやらないのでファミコンという名称しか知らない‥ん、そういえばゲームボーイも知ってるぞ。


19.立つ時に「よっこいしょ」などの掛け声
大いに言う、言わないと立てない。因みに”家内”は”よっこい庄一”と言って立ち上がる。


20.「(テレビの)チャンネルを回して」と言う
リモコンになってから言ったことが無い。構造が別モノなのでこれは当然のこと。


ふと気付くのだが、以上の20項目を一つ一つそれ也に答えてしまう時点で矢張りオジサンなのである。併し相応してオジサンで悪いのかという結論に至る次第だが、そのように迷いもなく開き直るのがオジサンのオジサンたる紛れも無い事実であり所以でもある。