大沼郡三島町 ”雪国茶屋”

撮影で訪れる度に目に入った三島町大字大登字中原、国道252号線沿いにある雪国茶屋。失礼ながら一見すると営業しているのか否か分からないような旧い建物なのだが、手打ち生ソバの看板に惹かれ今回初めて車を停めてみた。

とはいえソバの看板が目に付いたのは家人であり、私は昨日から米を食べておらず無性にカツ丼が食べたかった。

肉に臭みやスジっぽさはなく、厚みもあってなかなか良いです。ただ味付けがソース味というのか何等かの香辛料なのかちょっと変わった風味だった。また玉ねぎはあまり煮込んだ形跡がなく原型を留めており、全体的に田舎料理といった趣きがある。

家人は手打ちざる蕎麦を注文したが、何故か写真を撮り忘れてしまった。因みにこの辺りの新ソバはまだ流通せず、ソバの風味は希薄だったようだ。

メニューはこの他にもある。ラーメン&餅好きな私、次回はお餅ラーメンを食べたい。

先に触れたように旧い建物の内部も昔ながらの佇まい。四人用テーブル席が三卓、その他座敷になる。テーブル席のある所はおそらく土間だったと思うが、子供の頃はこんな建物があちこちにあり、囲炉裏の煙たさや匂いが脳裏に甦ってくる。


大沼郡三島町大字大登字中原1275-1 不定休


風に語りて - Talk to the Wind -