田村市船引町 小沢の桜+etc

昨日はそろそろ良い頃ではと思い、田村市船引町船引字堂前の小沢の桜へ行きました。

併し周囲より開花が遅いこの桜、近付いて見た訳じゃないがまだまだツボミが多い。それでも地元の人々がテントを張り桜祭りの準備をしていた。

上の画像は2013年のものだが、病気により上部が枯れ始めていた。

2014年にはその部分の二箇所を切断、あまり良い形ではなくなり、正面からではなく左側から中望遠で撮ることが多くなった。
”初恋の桜”とも称され、何処かロマンティックな捉え方が成される画像が多い中、現実的な表現はないものかと昨年辺りから思案していたのだが、人物‥観光客ではない地元の人々を加えることを思い付く。


春の日 ①」~ F8・SS1/250・ISO400・C-PL ~


春の日 ②」~ F8・SS1/200・ISO400・C-PL ~


とは云っても思うように人が通る訳ではなく、カメラを設置してひたすら待つ。立ち位置は昨年とほぼ同じ。天候は陽が射したり陰ったりと露出が追い付かない空模様であり、待つ間も露出設定を細かく変える。


① 縦構図で待機中、桜の彼方から赤いものが迫ってくる。それは驚くことにトラクター、速度があるのでどうにかピントを合わせたが、等倍で見ると確実ではない。ツボミが多い桜は色合いが宜しくなく、色調及び明度を全体的に+補正する。


② 緩やかな坂を自転車と共に歩く人。被写体に寄った際、先に書いたようにツボミの多い桜、及び周囲の雑草の色合いが良くない=色数が多くモノクロを選択した。
二画像ともC-PLを使用、桜とお堂の瓦の照り返しを消去する。また全体的にボカシ加工を微細に施し、陽射しで生じる各エッジのコントラストを抑えた。


一旦帰宅後、午後から裏磐梯へ向かう。先週、桧原湖北岸の大山祇神社の様子を見に行った際、残雪が多く来週辺りかと予定していたのだが、雪は消えたものの鳥居は完全に水没、今年はタイミングを逃してしまった。

そこで毎春恒例となっている郡山市湖南町舟津字鬼沼、猪苗代湖俯瞰の撮影に向かう。


あゝしづかだしづかだ」~ F10・SS10・ISO400・C-PL+ND400+HALF ND8 ~


到着すると指先が悴むほどに冷たく強い風が吹いている。本来ならばタイトル並びに下の動画(2015/04/26)のように、水鳥の鳴き声と波音だけの静かな所です。


upした画像は背景の磐梯山の積雪が見える時間(15:47)だが、上記の各フィルター類を使い明るさをコントロール、風が収まるタイミングを見計らいながら撮影を行う。周囲が暗くなるに連れ、使用するフィルター類を明るいものに変えて撮影するが、磐梯山々頂に雲がかかり撤収、気付くと身体はかなり冷え込んでいた。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。



風に語りて - Talk to the Wind -

田村郡三春町 七草木桜

仕事の合間を縫って田村郡三春町大字七草木字殿作の七草木桜へ行く。時折り仕事で県道40号線を通ってはいるのだが、今回が始めての撮影。前々よりシチュエーションは知っており、夕刻の時間帯を狙ってみる。

七草木桜は墓の中にある墓守桜だ。昨日に未明まで吹いた強風で葉は散ってしまったかと思いきや、まだまだ大丈夫の様子だった。

右側後方、約250mほど先には天神桜がある。もしかすると此方の方が有名かも知れないが、個人的には七草木桜の佇まいに惹かれる。

離れた場所から大々的に空を背景とするフレーミングを行う。太陽を背に逆光の撮影を考えていたが、太陽はずっと右側へ沈むことに気付く、且つ途中で雲間に隠れてしまい違ったアプローチを考える。


春哮ル」~ F8・SS13・ISO200・C-PL+ND400 ~


曇り空ではあるが雲間にはやや赤味が射し、映画のワンシーンを見ているような色合いだった。昨日と打って変わり風はなく長露光で赤味の発色を促し、且つ雲の流れを特徴的に描いてみる。
撮影に関しては明暗をISOで調整、雲の形状や色具合を考慮し15枚ほど撮りその中から一枚を選んだ。尚、背景には高圧線の鉄塔及び電線がありこれらを消去する。


一見すると穏やかな春の黄昏だが、その静けさの中から「春季至る」と叫ぶ声が頭の中で反響し、タイトルにはそんな意味合いがある。因みに桜のある場所は七草木字殿作だが、立ち位置は県道40号線を挟んだ字田畑になる。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


風に語りて - Talk to the Wind -

田村市船引町 ”はじめ家”

予定した店が休みなので、同じく国道288号線沿いにある”はじめ家”を初訪問。

店内は四人席が四卓、小上がり四人席が二卓、更に厨房のカウンター席に加え中央に向かい合う大きなカウンター席がある。

メニューはラーメン各種と餃子、そしておにぎりになる。私は味噌ラーメンとチャーシューおにぎり、サマオクが塩タンメンとAランチの半チャーハンを注文。初めての店はいつもチャーシューメンなのだが、チャーシューがトッピングだと何故か他を頼んでしまう。

上・味噌ラーメン、下・塩タンメン。店員はユニフォームを揃え格好良いのだが、ラーメンのやる気を感じられないビジュアルに落胆。味はどうかと云われれば何処か焦点が定まらない内容。加えて麺の量が少なく感じられるが、チャーシューはそれ也に美味かった。

上・チャーシューおにぎり、下・半チャーハン。おにぎりはそこそこイケマス。ただ折角のチャーシューがふり掛けられたゴマの味に負けている。チャーハンはランチなどで提供されるものとしては一般的だと感じた。


さて再訪するか否か、正直なとこと現状の味でのリピート率は極めて低いが、餃子が美味いとの情報もあり試してみたい気持ちもある。


田村市船引町笹山字大畑288


風に語りて - Talk to the Wind -

田村郡三春町 福聚寺

今週末を予定していたのだが、既に満開に近いと聞き急遽出向いた田村郡三春町字御免町にある福聚寺の枝垂桜。

上画像は昨年upした境内から撮ったもの、今年は桜を見下ろす場所からの撮影を予定し昨秋ロケハンを済ましておいた。

三春町役場から急坂を登り福聚寺の後ろ側に出る。この道は国道288号線へ通り抜けが可能。道沿いに車を数台置けるスペースがある。因みにこの山道、地図で見ると三春町字御免町と字桜谷の境になるようだ。

ロケハンして気付いていたのだが、眺めは良いが写真的にはあまり良い景観とは云えないかも知れない。下の動画では霧が発生しているが、このような状態にならないと在り来たりな画像になってしまうと思う。


という訳で、風はあるが薄曇りで光の具合は良く縦構図で撮影してみた。来年も訪れる機会があれば境内からの撮影を行いたい。


耽美的」~ F8・SS1/200・ISO400・C-PL ~


C-PLで屋根や花のテカリを除去、しっとり感をもたらす光加減が落ち着きのある色合いとなった。屋根の下端には電柱及び電線が存在、桜の位置としてはこれが最下段のフレーミングとなり、どうしても写り込んだ電柱等は後のレタッチで消去する。


大袈裟なタイトルとなってしまったが、久し振りの望遠での撮影は余計なものを省いた内容となり、そんな意味合いも兼ねている。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。



風に語りて - Talk to the Wind -

耶麻郡北塩原村 ”奥裏磐梯 らぁめんや”

桧原湖北岸のらぁめんや、店の前はいつも通っているが一年ぶりに寄ってみる。観光シーズンは待たされることがデフォルトながら、今頃の季節はかなり空いている。

この辺りで何かを食べるとなれば南岸や西岸の道の駅裏磐梯になり、あまり入りたくないが利用することになる(入りたくない理由は後述)。

店舗は会津米澤街道檜原歴史館内となり、テーブルは二卓のみで他は広々とした座席になる。因みに歴史館の拝観料は100円です。

山塩を使った会津山塩ラーメンがメインとなり、何時の頃からか醤油や味噌も加わった。

会津山塩チャーシューメン。もう何年前になるだろう、初めて食べたときはとても美味しく感じたのだが、この数年は美味しいと思うことがなくなった。それが入りたくない理由なのだが、山塩特有のまろやかさやコクが感じられず、単なる塩ラーメンといった印象。

麺は何処かヌメッとした食感があり、チャーシューも特に美味しいものではない。山塩は高価な食材であるが、この味と内容で1.000円はコスパが悪過ぎる。この店は各ラーメン誌や媒体で紹介されることが多く、敢えて書くが今後の改善を期待したいところだ。


耶麻郡北塩原村大字桧原字苧畑沢1034-19 火曜定休


Main Blog「風に語りて - Talk to the Wind -