南会津郡南会津町 たかつえそば畑+etc

八月最初に梅雨が明けたもののずっと天気が悪い。暫く只見線の撮影が続き、そろそろ朝ないし夕景をと思うのだが、雨や曇りの日が続き気温が低い。そんな訳で昨日は先週の会津西方駅の撮り直しで出掛けるが、その前に大沼郡金山町大字大志字掛橋の大志集落の霧の状態を見に行く。

雨足が残り且つ湿度があって適度に川霧が立ってはいるが、第四橋梁付近は皆無で今日も駄目かと思いきや、集落に近付くに連れ良い感じになっていた。


夢...のようなもの ①」~ F8・SS1/80・ISO200 ~


夢...のようなもの ②」~ F8・SS1/125・ISO200 ~


個人的にこれ程の立ち具合は一昨年以来となり、状況としては集落と横並びの山々はその姿を残すといった景観ながら、時として完全にホワイトアウトとなる。イメージとして集落がややぼんやりしたタイミングを撮る。


①②とも特に変わったことはしてないが、川霧はWBの設定がモノをいいます。見た目の色彩であれば5800k周辺、朝の感じを表現するのであれば5000k周辺といったところか。今回は撮影時の5800kをレタッチの際に5000kに変更、尚且つ色調を整えそれに伴いコントラストをやや+補正する。


大志集落の撮影後、目的である大沼郡三島町大字名入字根岸居平の会津西方駅へ戻る。先週同様、車両が来るまでは曇り空のフラットな光で適度に霧が立って良いのだが、通過時に太陽が顔を出し逆光でギラギラした画になってしまう。


残 夏」~ F8・SS1/500・ISO200 ~


西方駅着07:25の423D、今回は立ち位置を変えてみたがどうしても雑草の存在及び色合いが目立ってしまう。更に先に書いたように逆光によりコントラストが強く、少々迷ったのだがモノクロを選択した。


明暗やコントラストを部分毎に調整。後で気付いたのだが、もっと右寄りにフレーミングし寺の存在を強調した方が良かったかも知れない。また車両は近付く前の位置の画像をupしたが、二週続けても思ったような内容にならず秋になったらまたtryしたい。


先週の会津越川駅に続き、大沼郡金山町大字横田字松ノ木平の会津横田駅を撮影した。その際に触れた2011/07の新潟・福島豪雨により、只見川の各橋梁は壊れたままになっている。画像は会津横田駅近くの第七只見川橋梁。


あしたぼくはどこかへいきたい op.2」~ F10・SS1/125・ISO200 ~


先週の「あしたぼくはどこかへいきたい」と同じコンセプトからなり、そのop.2且つモノクロの表現になる。同様にND400などを使い長露光撮影を行いたいが、次第に広がる雨雲には流れや表情がなく通常露出で撮影。


撮影時よりモノクロを選択、コントラスト及び明暗の調整を行う。時期的に夏草が蔓延りレールの存在が見えないのが難点、この先の会津大塩駅では枯れたアジサイがあり、もうちょっと早い時期に訪れれば良かったと思う。


ちょっと早いかもと思いつつ、南会津郡南会津町高杖原のたかつえそば畑まで足を伸ばす。途中、道端のソバはまだまだの状態だが、着いてみれば東側(画像上)は種蒔きが早いのか七分咲きといった塩梅で、 西側(画像下)を含め来週辺りは見頃かも知れない。


秋 霖」~ F8・SS1/160・ISO200 ~


広いソバ畑は何かしらの自然現象がないと面白くない。今にも降りそうな曇天模様に当初はND400を使用し長露光撮影を行っていたが、背景の山々に棚引く雲の表情はイマイチであった。次第に土砂降りとなり車に退避、一時間経っても止む様子がなければ帰るつもりでいたところ、40分過ぎた辺りで小降りとなった。


山々に流れ行く雲の表情がとても良く、明るめの露出で撮影。止まぬ雨がソフトフィルターとなり、色彩及びソバや白樺の表情がとても優しい。レタッチはソバの色合いを抑えた程度となり、一瞬の自然の色彩美は素晴らしかった。



@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


風に語りて - Talk to the Wind -

大沼郡金山町 ”民宿食堂 おふくろ”

この数ヶ月、只見線の撮影で近くには来ていたが、早朝の撮影なので五月以来の訪問となりました。いつからだったろうか、店舗入り口にカツカレーミックスラーメンの幟が立つようになった。

13:00に入店、いつもならこの時間はまだ混んでいるのだが、先客はワングループだけだった。店内は小上がり四人席×三卓、テーブル四人席×二卓、カウンター四席。

カツ丼、ソースカツ丼、カレー、カツカレーとの各ラーメンセットを含めるとメニュー数はかなり多いです。季節限定のアサギ大根つけメンは致し方ないとして、ねぎラーメンもメニューから外れているが、そういえば今現在ネギが高いようです。 

今日は最初からカツカレーに決めていた。先に書いたカツカレーミックスラーメンがB級グルメとして有名だが、そのカツやカレーは別途食べても美味しいです。

カツカレーのカツは一口大にカットされており、これがとても食べ易くて良いです。カレーは濃度が高いタイプで具材は煮込まれ、適度な辛さが食欲をそそります。


何度か書いてるが会計を済ませ店を出る際、おかみさんが「いってらっしゃい」と声を掛けます。ちょっと恥ずかしいけど、この気遣いがなかなか良いのであります。


大沼郡金山町大字川口字下町601 不定休


風に語りて - Talk to the Wind -

河沼郡会津坂下町 ”喜多方らーめん 伊藤”

只見線撮影の際、国道49号線の塔寺駅周辺を通る度に気になっていた喜多方らーめん 伊藤。いつも賑わっているので尚更だが、以前は国道沿いの空き店舗だった場所だ。聞けば既に閉店した喜多方のさゆり食堂の味を引き継ぐらしい。

開店15分ほど前に着いたが、次々と車がやってきて開店間もなく満席状態になった。従って店内の様子を撮ることは出来なかったが、厨房はこんな感じで客席は小上がりとテーブル席からなり、その数はかなり多いように見受けられた。

メニューは醤油と味噌の二種、醤油には+背脂がある。

チャーシューメン @850円、ブツ切りネギが目を惹く。オーダー時に味の濃さや麺の固さを選べ、尚且つ追い足し用のスープが置いてある。さてそのスープはまず煮干の味が口内に広がり、続いてやや薄めの醤油味が後を追う。食べ進む内に煮干の味は中和され感じなくなるが、個人的には物足りず追い足しスープを垂らす。この手の店は他にもあるが、これってどうなんだろうといつも疑問に思う。
というのはコショウや七味のような香辛料とは異なり、味の濃淡は作り手の設計図の一端を担う繊細な事柄だが、そんな大事なことをこちらに任してしまって良いのだろうか。

中太縮れ麺は手打ちか否か不明。柔らかめの麺を好む私からするとちょうど良いといった食感で、一般的には固めで頼んだ方がよいかも知れない。バラ肉チャーシューはトロトロ手前まで煮込まれ、柔らかさと噛み応えが共存している。味は程よく染み込みその数は多めであった。


先に書いたブツ切りネギだが、これがチャーシューや煮干の脂っぽさ臭みを適度に抑え食感もまた良しだった。この時期のネギは硬さがあるが、旬となればどんな塩梅になるかちょっと楽しみだったりするが、開店時間が11:00~14:00と短いのが難点。


河沼郡会津坂下町大字塔寺字上ノ堤2654-3 火曜定休


風に語りて - Talk to the Wind -

大沼郡三島町 会津西方駅周辺+etc

昨日は先週の大沼郡三島町、第二只見川橋梁の撮り直しを目的に出掛ける。先週は下り始発423Dだったが、今朝は上り始発の422Dを待つ。第二橋梁通過時刻は06:00頃、次第に数人のカメラマンが集まってきた。

撮影位置は先週と同じ大字川井字天屋原の歳時記橋から。立ち方は少ないが川面を這う川霧が良い感じです。下流は第一橋梁になりその方面の川霧はだいぶ少ない。


山繁リ何レニ行クヤ夏ノ日ヨ」~ F7.1・SS1/160・ISO500 ~


先週と同じタイトルなので、その画像は削除した。422Dは423Dより凡そ90分早く通過するのだが、霧の量も多く先週よりSS及びISOは一段から二段明るめの設定になる。また構図はやや寄ったフレーミングとした。レタッチは明るさと色合いの補正を若干行った程度に留まる。


続いて第二橋梁すぐ近く大沼郡三島町大字名入字根岸居平の会津西方駅へ向かう。前々より頭に描く絵柄があり、今回はロケハンも兼ね撮影を行う。車両は先週撮った423D、西方駅着は07:25。

上り方面へカメラを向け待機するが、夏草がどうも邪魔になる。更に初めての場所なので車両をどこへ配置すればよいものか考えがまとまらなかった。


故郷はもうすぐ」~ F10・SS1/200・ISO200 ~


上記のようにイマイチな内容ながら取り合えずup、雑草が消える秋などに撮り直すかも知れない。空模様がころころ変わり、露出設定が追い付かず全体的にアンダーな画質になってしまった。


従ってレタッチは明度補正が主になった次第だが、絞りはF8でも良かったように思う。また下の動画を見ながら、車両はどの位置が良いかなど検討したい。付け加えると動画を撮る理由のひとつに位置関係の確認などもある。


会津西方駅からの下り方面、大沼郡金山町大字越川字中屋敷の会津越川駅へ行く。現在会津川口駅から只見駅までの27.6kmは2011/07の新潟・福島豪雨で不通になっており、会津越川駅は会津川口駅より二つ目の無人駅。

不通区間の駅は全てこのような状態。再開通の目処が立ったが、駅周辺の点検整備でさえかなり大変そうだ。


あしたぼくはどこかへいきたい」~ F10・SS10・ISO100・C-PL+ND400 ~


前々よりイメージが出来ており、構図やタイトルなどはほぼ頭の中にあった。流れるような秋空を長露光で撮れるならカラー選択したが、曇天模様の重い雲なのでモノクロとした。またそれに伴い空の面積を少なくフレーミングする。


此処のところ只見線を撮ることが多く、長露光撮影は久しぶりのためか些か感覚を忘れてしまった。例えば波や水流、そして雲はその形状、更風が吹けば止むタイミングなどを見計らうのだが、今回はそれらを思い起こす撮影になった。


モノクロなのでコントラストと明暗の補正が主となり、明暗は例えばホーム下の白い花を暗くするなどなど、各所部分的に補正を行っている。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。



風に語りて - Talk to the Wind -

レタッチは是か非か 其の二

一年前「レタッチは是か非か」の記事をupした。その中でレタッチは補正、最終仕上げが目的であり、撮影時から前提にすることを個人的結論としたが、今回はもうちょい具体的な事柄を記しておきたいと思う。


さて夏は只見線の川霧を追っている次第だが、ある朝、隣で撮っていた年配の方が露出で悩んでいた(傍から見れば私も年配 w)。話を聴くと鉄道撮影のSSは最低でも1/500秒と教わり、その通りに撮ると暗くなってしまうということだった。
確かに鉄道撮影のSSは1/1000秒が基準と云われるが、これは日中の明るい状況下であり、夏とはいえ霧が立ち仄暗い只見線の始発では話しが異なる。


何かで読んだか聴いたかしたが、時速50kmで動く物体を1/500秒で撮ると、その物体は1/500秒の間に2.8cm移動するようだ。因みにWikipediaに拠ると只見線の時速は65kmと記されているが、おそらくこの速度は平坦部であり、各橋梁はかなり遅く目測で30km位と思われる。つまりこれらを考慮し2.8cmの動きをどう捉えれば良いかだが、車両が目の前を通り過ぎて行くならいざ知らず、遠く離れている場合ならそれほど厳格に捉えなくても良いのではなかろうか。

上は三島町の只見線ビューポイント上段からの第一橋梁俯瞰、等倍画像になる。距離は直線で凡そ500m、露出はSS1/80・絞りF8・ISO500。暗いのでISOを上げ、且つSSは1/80秒とかなり遅い。遅いながらも動体ブレはないように見えるが如何なものだろうか。
当然SSを稼ぐため絞りを開けたりISO感度を上げることは大前提ながら、これは各レンズやカメラの性能差があり全てが同じではない‥と、レタッチとは異なる話が長々と続いてしまったが、これらのことを先程の年配の方に説明し、要は露出も含め車両との距離間などなど、試し撮りやネット上の画像を参考に自分也の許容範囲を決める必要がある。


という訳で只見線の始発は暗いのであります。前出したように霧が立てば尚更であり、SSを開けられない撮影なのでどうしても後のレタッチが必要となる。

これは以前upした「色淡き朝は夢む」 F5.6・SS1/125・ISO400だが、下は無修正画像。

絞りをやや開け、ISOもそこそこ上げてもこの暗さだ。下記文書はup時のもの。


・・・霧及び雨模様で全体的に暗めであり絞りはやや開けている。それでも画像は暗く後のレタッチで明るさの補正を前提で撮影。
撮影時WBは5800kを選択したがレタッチの際に5200kに変更、同時に明るさと色合いの調整を行う。また霧部分にノイズがあり除去する・・・


言葉でレタッチ内容を述べても分かり辛いのでBefore・Afterの画像をupしたが、付け加えるとコントラストも強調、その効果の結果で明るさ補正の度合いを決めた。レタッチの方法は各ソフト毎に違うので触れないが、カメラの性能・特性などで表現出来ないものを再生・再現するのがレタッチであり、撮影時以上に撮影者の表現力、及びその時の光や色彩の記憶力が必要かも知れない‥と、相も変わらず素人の独り言であります。


風に語りて - Talk to the Wind -