耶麻郡猪苗代町 天神浜しぶき氷

耶麻郡猪苗代町大字金田字砂浜の天神浜しぶき氷へ行ってみた。ここのところ寒い日が続き氷の成長に期待するも、何故かこの日に限って暖かい日となってしまった。

大字中小松字西浜、小平潟天満宮向かい、または横の駐車場から平坦な道を20分ほど歩く。震災前は湖岸沿いのルートもあったが、危険なので現在の林を横切るルートがメインとなったようだ。

いつもなら一人分のわだちだが、寒い割りに積雪は少ない。下画像、到着してみれば思った通りというか、湖面に氷片が浮かび冷たい強風に煽られるくらいじゃないとしぶき氷は育ちません。


冬ざれ」~ F8・SS10・ISO100・C-PL+ND400 ~


しぶき氷を主題にするほどの大きさはなく、風景として構図を練る。良い感じに雲が流れており、更に風がないので長露光撮影を試みる。レタッチは氷の汚れた色合いが芳しくなく、全体を一旦モノクロ化の後に色合いを加える方法を行う。


結果として何の変哲もない内容となってしまい、先日のあづま総合公園のライトアップ共々upを迷う ← ニ画像とも後に削除する可能性大です。尚、下の動画は2013年に撮影したものです。


流 々」~ F6.3・SS1/2・ISO140・C-PL+ND8 ~


下の動画を撮影した際に撮った画像を追加でupする。お蔵入りになっていた理由としては構図と露出設定。磐梯山に掛かる雲の形状を全く意識しておらず、更に手前の枯れ木は不要だったかも知れない。また露出は変態的というか、何故に絞りをF6.3にしてISOも中途なのだろうと疑問が残る。おそらくは明暗調整を兼ねた絞りだとは思うが、それにしても変な数値だ。但しSSは適しているというか、これ以上遅くなると湖面に浮かんだ氷の固まりが単に雲のようになってしまうと推測する。


upにあたり現像を最初からやり直す。一番の調整箇所は全体的なカラーバランス・色かぶりの見直しであり、氷の固まりなどのコントラストをやや+補正する。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


福島市佐原 あづま総合運動公園

13日(土)の夜、福島市佐原字神事場、あづま総合運動公園の「光のTREEページェント」へ行ってみる。昨年は公園内が工事中ということもあり規模が縮小されていたが、例年通りの内容を期待する。

併しながら期待は外れ規模は昨年同様に縮小されていた。例えば上画像の奥側は一切ライトアップはなく、下画像の樹木の間に提げられていた丸型の照明機材も無かった。その様子にカメラを携えて来た人々は落胆、且つ翌日でライトアップが終わるというのに寒さもあって訪れる人自体が少ない。

個人的には規模が小さくても一向に構わないのだが、ライトアップの色使いのセンスのなさにはガッカリする。黄色や緑はまだしも赤や紫はちょっと頂けない。毎年撮るお気に入りの樹木があるが今年は赤色に照らされ撮るのを止め、上画像の樹木に決める。


冬の木」~ F8・SS10・ISO100・Interval Focus Out ~


この木々は「震災の翌年」にも撮ったのだが、枝々が伸びすっきりした印象が無くなってしまった。撮影はいつものワンパターンで露出中にピントリングを回す方法を使う。本来なら樹木下部もフレーミングしたいのだが、投光機や植え込みのイルミネーションを避ける構図とした。


ピントをずらす撮影なので希薄となる繊細感をコントラストで補う。その効果によって生じる明度を-補正。加えて樹木に当たる色彩を強調した。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。

大沼郡金山町 会津川口駅周辺

8日、午後から天候が崩れそうなので朝より大沼郡金山町へ向う。目的は国道252号線沿いにある”かねやまふれあい広場”から眺める大志集落と只見線。夏は川霧で幻想的に集落が浮かび上がる場所だが、今回は只見線がメイン。実は年末に訪れた際、只見川には大きな浚渫船が浮かんでおり、そのままであれば別な場所を考えていた。

到着が早かったので会津川口駅08:40発、上り426Dを撮影する。赤丸部分が駅と待機中の426D。撮影地は大沼郡金山町大字川口字中山、只見川に掛かる上井草橋から。


凍 朝」~ F8・SS1/200・ISO400 ~


冬木などの色彩感があまり好みではなく、現像時にモノクロを選択した。下に動画をupしたが、雪景色に響くキハの鼓動音は矢張り良いです。


撮影に関しては特に何もないが、露出がやや明るかったのか積雪がカメラ内では白トビ表示になった。レタッチはモノクロ化にあたりコントラストと明暗を部分毎に施す。


お馴染みの大沼郡金山町大字大志字掛橋の大志集落。川面のあちこちには標識が立っており、先に書いた浚渫船による作業はまだまだ続くのかも知れない。また関東からのカメラマン数人が下段に居り、標識共々レタッチによる削除を考慮、オレンジのジャンバーを着た方には線路に頭が被らないよう50cmほど後ろに下がって頂き、そのお礼に冬は行けないが大志集落の俯瞰場所をご伝授した。


寒色の朝」~ F8・SS1/320・ISO400 ~


車両は会津川口駅09:39着、下り425D。昨夏は下段で撮ったが、今回は”かねやまふれあい広場”から撮影。雪はこれからが本番か、広場はまだ雪に埋もれておらず、立ち位置を決めるのは容易であった。先の「凍 朝」同様、撮影に関して特記することはないが、白トビを発生させない露出を選択した。


灰色に支配された曇り空であり、現像はやや青味を加え寒い朝を表現してみた。加えて先の川面に立つ標識や人物は消去する。


さて撮影時の気温は-4℃程であったが、風がないためそんなに寒くは感じなかった。厚手のジャンバーを着込んで動いてると汗が出てきた。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


郡山市熱海町 ”麺屋 正遊”

いつも通りながら寄ることがなかった麺屋 正遊(しょうゆう)、今回は撮影を早めに切り上げ、昼時を帰路の途中に合わせた。寄りたかった理由の一つに白河ラーメンの代表格、”とら食堂”で修行されたとのことで、否が応でも期待が高まる。

店舗は国道49号線、セブンイレブンのある交差点から温泉街に入って直ぐ。2000年に開店とのことだがそれにしては古い店舗、おそらく何かしらの家屋を借りているのだろう。

メニューは醤油のみとなりワンタン麺やもつ煮もある。外見と異なり店内は改装され明るくて綺麗だ。客席は小上がり四人席と六人席が各一、テーブル四人席×二卓、二人席×一卓、カウンター三席となる。

チャーシュー麺 @920円


迷わずチャーシュー麺を注文。配膳された丼内のビジュアルは先の”とらや食堂”、及び田村郡三春町の”とらや分店 村田や”のラーメンとそっくりであった。異なるのはチャーシューがやや小振りということと、スープ表面に浮いた金色の油が多目ということだ。


まずはスープを一口、とても優しく鶏の風味が口内に広がる。ガツンと来る味覚は皆無なのだがこれは無化調故の味で、後からジワッと美味さが沁みてきます。但し個人的にはもうちょい塩を利かせても良いように感じた。
チャーシューはもも肉とばら肉からなり、燻した香りが食欲をそそる。噛み応えは肉々しさがありとても良いです。味付けは一般的な煮込まれたチャーシューからすると薄味だが、あっさりしたスープがプラスされることにより味わいが深まる。

ツルツルとした手打ちちぢれ麺。モチモチ、シコシコした食感と異なり、あまり噛まなくても喉を通る柔らかさ。このタイプを好まない人も多いが、個人的には好きな麺だ。


全体的に丁寧に作られたという印象を受ける一杯であり、先に書いたように化調に慣れた舌には物足りなさを感じるかも知れない。併しながら客足が途絶えることなく、人気の程が窺える。因みに営業時間が11:00~19:00と長いのが嬉しい。


郡山市熱海町高玉字二渡69-1 火曜定休

二本松市郭内 二本松城址

年が明けてから用事があったりで写欲が起きない。このままだと寒さもあって動くのが嫌になってしまいそうだが、今朝は日の出を撮ろうと近くの二本松市郭内四丁目、二本松城址へ行ってみた。

二本松城は別名”霞ヶ城”とも称され仔細は「Wikipedia」をご覧頂きたいが、維新の戦で会津は白虎隊、二本松は少年隊が官軍を相手に奮戦した。秋には霞ケ城公園で毎年”二本松の菊人形”が行われる。昨年11月に撮影した公園内の「洗心亭」。

日の出は天守閣からの撮影になる。田舎の小さな市なのでこじんまりとした街並みだ。右奥には郡山市のビックアイが見える。

日の出直前、西側の安達太良山が一瞬だけピンクに染まる。併しながらカメラは三脚に設置した状態であり、これ自体を目的に別日の撮影と決める。


イズル」~ F14・SS1/160・ISO200 ~


実は年末の29日そして昨日と訪れていたが、何れも天候が悪く三度目の正直となった。雲一つない快晴となり朝焼けは期待できず、登る太陽の光芒を撮ってみる。光芒を撮るには絞る必要があり、個人的にF14で撮ることは滅多にない。


直射日光なのでどうしてもフレアーが発生、その多くは手前の林の中にあり、消去とアンダー加工を行う。また全体的に暖色系の補正を行い、街並みの明度を+加工する。改めて見ると中途に積もった雪があまり芳しくないと思う。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。