二本松市郭内 霞ヶ城公園

15日(木)、この時季は15:00過ぎると陽が陰り始る本松市郭内三丁目の霞ヶ城公園であるが、その時間帯を待って紅葉撮影に行く。10/10~11/25は二本松の菊人形が開催されているものの、残念ながら年々客足は減っていると聞く。

時間が時間なので人出は特に少ないように見える。撮影の一番の目的は毎年撮っている洗心亭なのだが、下画像のように萱葺き屋根がビニールで覆われていた。市の建設部都市計画課公園緑地係へ問い合わせたところ、来月から翌年の三月まで葺き替えを行うとのことで今年の撮影は断念する。

ということで色々と散策するが、いまいちピンと来る光景がありません。確かに綺麗といえば綺麗なのだが、それは普段から目にする景観だったりする。

結果的に霞ヶ池に浮かぶ落葉と葉を全て落とした桜の木を主に画作りを行う。実は池に浮かぶ落葉は一昨日も撮影しており、二日掛かりで何とかなったという稚拙な内容。


紅 葉」~ F8・SS1/20・ISO200 ~


先に見慣れた光景と記したが、これこそ見慣れた光景だったりする。併しながら真っ赤に燃えるモミジの前に枯れ木となった桜の対比に惹かれるものがあり、敢えて「紅 葉」というタイトルとした。


モミジの色合い、彩度を補正、桜の木の色合いが寒色となり暖色に補正。コントラストの補正は桜の木の表情、色合いに悪影響を及ぼすので行っていない。


」~ F6.3・SS30・ISO200・C-PL+ND400 ~


撮影の趣旨は睡蓮の葉をブラさず落葉の動きを捉えるということだが、つまりは風と水面の動き次第でありそれが二日掛かった一番の理由。風が止み水面の動きが微小になったタイミングを狙うが、睡蓮の葉をブレずに撮ることは到底無理な話しで、数枚撮った中からブレが少なく、反対に落葉は適度な動きがある画像を選んだ。


最初に数枚撮り、ある程度露出の検討を付け後のレタッチ想定で撮影を続ける。従って明暗の補正を最初に行い、落葉の色合いや彩度を調整する。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。

郡山市日和田町 ”ヱビスヤ”

私の記憶が正しければ、以前は郡山市安積町にあった白河手打中華そば”ヱビスヤ” 。数年前、日和田町に引っ越したとは聞いていたが初めてお邪魔する。

昔々、田畑だった頃の面影はない字千峯坦周辺。”ヱビスヤ”はそんな住宅街の中に広々とした駐車場とラーメン店とは思えない新しい家屋を構える。

ラーメンはダシ違いと味噌の三種類。加えてつけ麺と夏季限定の冷やし中華がある。白河ラーメンの魚介系はあまり聞いたことがないが、店主の研究の賜物なのだろうか。ちょっ気になったのが各単価。例えばワンタンチャーシュー麺だが、同じ白河ラーメンの各店と比較し200円ほど高いように思う。

店内もラーメン店らしからぬ雰囲気があり、中央のカウンター席や天上の吹き抜けは白河のとら食堂を思い起こす。客席は四人席テーブル×四卓、二人席テーブル×一卓、小上がり六人席×四卓、カウンター十四席。

チャーシュー麺 @980円


琥珀色のスープと三種の炙りチャーシューは白河ラーメンそのものです。やや油膜が多いように見えるが、スープを啜るとその油っぽさをまず最初に感じる。併しながらそれは次第にキレが良い醤油の味で中和されて行く。
この中和という表現だが、メニューに「体に優しい安全な食材のみを使用しております」と表記されているように、スッと体内に沁み込むような感覚だ。


スモークされたチャーシューだが、個人的にはモモの食感が好みだ。噛み応えのある食感とジュッと染み出すスープがたまりません。

麺は白河ラーメンでは細い方だろうか。多加水で硬めの茹で加減は最後まで食感が変わらない。但しどうだろう、個人的には量が少ないように思えた。また配膳された直後であってもそれほど湯気が立たっていない。つまり冷ますような熱さではないことが頂けない。

チャーシュー丼 @170円


切り落としなので脂部が多いものの、絶妙な甘辛いタレに上手く包まれ美味です。ご飯は普通茶碗の2/3ほどだろうか、願わくばもっと多くして欲しい。

味噌ラーメン @850円


サマオク注文の味噌ラーメン。頂上のおろしニンニクは注文時にその有無を聞かれる。挽き肉や野菜が多く乗っており、サマオクによれば久々に美味しい味噌ラーメンとのこと。


さて初めて食べた印象だが確かに美味い。ただ全てが優等生過ぎて何かが足りないようにも感じる‥などと、知ったようなことを言ってるが、それが何なのかは不明ながら最初に感じたスープの油っぽさが妙に舌に残る。


郡山市日和田町字千峯坦61-1 火曜定休

田村郡小野町 ”すずきや食堂”

田村郡小野町といえばリカちゃんキャッスルと夏井川の千本桜が有名だが、そのリカちゃんキャッスルの斜め向かいにある”すずきや食堂”に初訪問。

平日なので流石にリカちゃんキャッスルは閑散としていた。店舗前の駐車場は数台しか置けない。離れた所に駐車場があるか否かは不明。

昔ながらの食堂といった内容のメニュー。そんな至って普通のメニューの中で一品料理ないし定食のイカフライの存在に惹かれるものの、小耳に挟んでいたカツ丼を注文。

店内は四人席テーブル×五卓、小上がり五人席×三卓。駐車台数からすると客席は多いように思う。開店直後に入店、正午が近付くに連れ次第に客が増えてきた。

かつ丼 @950円


値段がちょっと高いように感じたが、多めのご飯に納得が行きました。丁寧にスジ切りが行われているのかカツは柔らかく、そして脂身も少なく大変美味いです。加えて適度にとろみがある玉子と相俟った濃厚なタレに食が進む。濃厚でありながらくどさやしつこさはなく、あっさりと最後まで食べられる。


日頃会津方面の撮影が多くどうしてもソースカツ丼になってしまうのだが、久し振りに美味い煮込みカツ丼を食べた。ビジュアル的にというか、色取りに三つ葉でも乗っていると更に言う事なしです。


田村郡小野町大字小野新町字中通33-3 月曜定休

喜多方市慶徳町 新宮熊野神社+etc

10日(土)、早朝より喜多方市慶徳町新宮字熊野の新宮熊野神社へ撮影に行く。到着したのは06:00、まだ暗い境内はひっそりとしている。目的が長床のイチョウだが、周囲のイチョウは散り始めているものの、御神木はまだ六部の色付きといった感じだった。

此処に来るのは二年ぶりとなるが、二年前は時既に遅しで毎回調度しない。混み合う観光地の撮影は早朝に限るというか、車を直ぐ近くまで乗り入れることが可能だし、入場料や拝観料の必要がない‥と、とてもセコイ話しのようだが、人並みを避け自由に撮影出来る一番の方法でもある。

この日の朝は曇り。普段から紅葉撮影は曇りが良いと言いながら、建物が絡めば話しは別だ。というのも例えば屋根やイチョウの上部をフレーミングすれば必ず空が入る。その際に流れる雲でもあればベストだが曇天模様では画にならない。


加えて六部の色付きでもあり、色付きのある下部をメインに画作りする。併しイチョウに近付かないように設置された鎖の囲い、これを省く構図がなかなか見当たらない。


空間と構成 ①」~ F8・SS1/4・ISO200 ~


空間と構成 ②」~ F8・SS1/10・ISO200 ~


①はよく見る定番だが、イチョウのライトアップではなく自然光で撮りたかった。輝度差のある撮影であり、後のレタッチを想定し露出を決める。現像は輝度差の調整、イチョウの色合い補正、湾曲補正など。


②は先に書いた鎖の囲いを省き、色付きのあるイチョウを選んだ構図。①同様イチョウの色合い補正、そして長床の明暗補正を行う。


長床撮影後、天候次第では帰宅し家の近くの紅葉を撮る予定もあったが、薄っすらとした曇り空に只見線周辺の撮影を行うことに決めた。まずは河沼郡柳津町大字細八字大巻の国道252号線沿いに”モーテルアンズ”があり、その向かいの農道から撮影。


この界隈の只見線沿線には柿の木が多々あり、凡その構想やポイントを決めておいた。車両の通過を待ってると雨がポツリポツリ、そして撮影終了と共に本格的に降り出した。


晩秋紀行」~ F8・SS1/200・ISO800 ~


車両は会津柳津駅07:57発の上り424D。次の会津坂本駅発が08:02なので撮影地の通過は08:01くらいになるだろうか。何の変哲もない光景にピントを何処に置くか迷う。結果的に左端の柿の実に合わせたのだが、車両に合わせた方が良かったのかも知れない。


柿の実や背景の樹木の色合いを補正、曇天模様による暗さを補正の他、全体的にコントラストをやや-補正する。


柳津町から大沼郡金山町に向うと降り出した雨で霧が立っている。その光景に金山町大字大栗山字雨沼の霧幻峡に寄るが、霧は消え始めていた。上画像の先は今年も立ち入り禁止となり、霧幻峡は長い冬の始まりとなったようだ。更に金山町大字太郎布の太郎布高原も周る。今となっては枯れ野となった高原にはススキがなびいていた。


早戸郷」~ F8・SS1/200・ISO800 ~


早三橋から撮影。降ったり止んだりの雨に手持ち撮影。毎回構図に悩む立ち位置なのだが、欲張らず右岸のみをフレーミングする。タイトルは霧幻峡が良いのかもだが、川霧ではないので敢えて「早戸郷」にした。紅葉の色合い、岩のコントラスト補正、明度を段階的に下に向って+補正。


秋雨烟ル」~ F5.6・SS1/400・ISO400 ~


荒涼と化した太郎布高原の一角にススキの原っぱを見つける。落葉した白樺と遠くの山々に間も無くやって来る冬の気配を感じる。烟る雨が自然のソフトフィルターとなり、更に開け気味の絞りで撮影、絵画のような雰囲気をイメージする。ススキの色合いが強いためススキのみ彩度を-補正、他はほぼ撮って出しの内容。


次にここ数日通っている大沼郡金山町大字水沼字沢東の第四只見川橋梁俯瞰ポイントへ向う。土日は二両編成なのだが車両はいつもの12:31頃通過の上り428D。取り合えず撮ってはみたが曇天模様の色具合がどうも芳しくなかった。

第四橋梁より先日見て回った河沼郡柳津町大字柳津字上村甲の橋梁へ向う。この時間になると次第に雨が上がり、遠くには青空が見え出した。とはいえ完全に晴れてしまうと撮影にはならずだが、車両通過時は程よい青空と雲の背景となった。


晩秋紀行 op.2」~ F8・SS1/320・ISO500 ~


車両は会津柳津駅14:07発の下り430D、通過は14:09頃。空の面積が多過ぎといった感じもあるが、次回はその辺りを念頭に置きたい。手前と背景に輝度差がある景観になり、撮影時よりやや暗めに撮って後に手前の明度を+補正する方法を選ぶ。他は草紅葉の色合いを補正、車両の色合いや明暗の補正は行っていない。


此処での撮影後は帰るつもりであったが、三両編成の430D(三両のまま会津川口駅から折り返し)と回復しつつある空模様に再び第四橋梁に戻る。そして現場に立てば空は昼の撮影時より明るく色合いは冴え見通しも良かった。


深秋ノ候 ①」~ F8・SS1/200・ISO800 ~


深秋ノ候 ②」~ F8・SS1/200・ISO800 ~


この日二回目の第四橋梁俯瞰だが、川面には波が立たず橋梁は元より紅葉までくっきる写る水鏡はそうない。今回はカメラを右に振った②もupする。この立ち位置からの撮影は陽射しが大きく影響する。晴れると左の山々は日陰となり露出によっては暗くなる。その反面、陽が当たる車両は白トビ‥これが何度も通うことになる理由のひとつ。


現像はオレンジの紅葉、杉の木の色合いを補正、枯れ木の明るさ補正、加えて全体的にコントラスをやや+補正し明瞭度を調整する。


さてこの日は撮影枚数がかなり多くなりました。朝一の新宮熊野神社では約二時間の滞在となり、その他は晴れたり曇ったりと露出合わせでシャッターを切ることが多く、それで枚数が尚のこと増えた。そして気付けばC-PLなどのフィルターを一切装着しない撮影となった訳だが、それだけ光の具合的には良好な一日だったのかも知れない。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


喜多方市字細田 ”坂内食堂”

早朝に長床で撮影を行い、その後二年ぶりに坂内食堂での朝ラーとなりました。たまたま店舗脇の駐車場が一台空いており難なく駐車&入店。

二年前の卓上メニュー表とは表記が異なるような気がするが、内容及び価格に変わりはないようだ。入店後、左にあるカウンターで注文と会計を済まして席に座るシステム。

店内は六人席テーブル×ニ卓、四人席テーブル×四卓、小上がり四人席×四卓、カウンター三席。二人が座っていた六人席の相席となったが、回転が早いのか次第に空席も現れる。とはいえ客足が途絶えることなく、朝から一般のラーメン店の昼時のような賑わい。

大盛り肉そば @1.050円


入店したのは08:15頃、朝から何も食べてなかったので大盛りを注文。流石に多いかなと思ったがそれ程の量ではなかった。それはさて置き坂内食堂の肉そばといえばこのビジュアルです。チャーシューが何枚乗っているのか数えるのも面倒。


二年前は味も素っ気もなくコショウで味変といったスープであったが、今回は適度にしょっぱさがある。スープは一見すると醤油のようであるが、実は豚骨ベースの塩ラーメン。併しながら個人的に豚骨のコクや深みがあまり感じられず、例えば美味いのかと問われれば・・・・、それじゃ不味いのかと問われれば同様に・・・・となり、それが飾り気もなく飽きることもなく、朝からすっと食べられるラーメンなのだろう。


チャーシューは噛み応えや脂の絶妙なバランスなどなど流石です。併し一部にしょっぱさもあった。これは煮詰めたしょっぱさとは異なり、スープと同様の塩のしょっぱさだ。

喜多方ラーメン特有の平太チヂレのピロピロ麺。絶妙なモチモチ感は喜多方ならでは。喜多方には製麺所が十箇所ほどあり、適切な言い方ではないが既製品でありながらその内容は各々に高レベルだと思う。


喜多方市字細田7230 木曜定休