第一只見川橋梁 & 桧原湖

五週続けて03:00起きの撮影が続いたためか、カメラを持つ気持ちがちょっと萎えてしまった。暑いこともあり尚更だが、今回は昔々撮った画像をupすることにした。


その五時起きは只見線の撮影なのだが、何度か書いてるように昨年から川霧がなかなか良い形状にならず、2015/07/04に撮影した画像をupする。

当日は小雨模様で湿度が高く打って付けの状態であり、只見川ビューポイントのある大沼郡三島町大字川井字天屋原、道の駅 尾瀬街道みしま宿の裏を流れる只見川は かなりの霧が立ち、この位じゃないと第一橋梁俯瞰は面白くないのである。

只見川ビューポイントの案内板。最上段のD地点に登ると左手には遠く第二橋梁も見えるが、第一橋梁の撮影は此処が適している。下画像、D地点から眺める会津西方駅周辺も霧にすっぽり覆われている。


山ノ彼方ノ空遠ク」~ F8・SS1/80・ISO500 ~


始発の上りは06:03頃に第一橋梁を通過するが、霧の覆われると結構暗い環境になる。明るく撮るにはISOとSSの設定に寄るが、ISOを上げすぎると霧の光景はノイズが際立ってしまうこともあり、SSをぎりぎりまで下げる。それでも暗さが残り、レタッチは全体の明暗のバランスとWBの数値を整えた。


この年の07/25に撮影したものが現在Main Blogにupしてあり、同じ画像が重なるので載せなかったが、先に書いたように昨年からイメージする霧に出会えずupした。


宇宙ノ片隅ニテ」~ F8・SS8・ISO200・C-PL+ND400 ~


夏になると定期的に通う耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯の桧原湖。東岸から眺める夕焼けが目的なのだが、upした2012/08/04の光景はその後見たことが無い。


空の青さがまだ残る日没、高度のある雲に落陽が反射し独特の景観になった。通常露出で撮ると湖面の波の表情が気になり、ND400を装着した長露光撮影。またCP-Lの効果で四隅が暗くなり、ドラマティックな印象、且つタイトルのように宇宙の中の一角に思えた。


この画像も「山ノ彼方ノ空遠ク」と同様、同じような光景に出会えず在庫を引っ張り出した次第だが、写真は一期一会と云われるように一瞬のチャンスを逃がさないのは当然ながら、あの時に見た光景を知らず知らずの内に追い掛けている‥再現したいのかも知れない。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


風に語りて - Talk to the Wind -

七年ぶりの薄磯海岸開設

塩屋崎灯台や海景色などなど、撮影でよく行く薄磯海岸が勿来、四ツ倉に続き今年から海水浴場が開設された。そんな訳で昨日は撮影目的ではなく家人を伴い出掛けてみる。

その前に干潮のタイミングに合わせいわき市久之浜町田之網字舟門の蟹洗海岸へ行く。バイパスが出来たので現在は旧六号線の道路沿いになるが此処は穴場です。遊泳禁止の看板が立っているが、皆さん自己責任で水遊びを行っている。

時折り撮影を行う場所でもあるが、未だ良いものが撮れずにいる。奥の赤い橋と鳥居は波立海岸の弁天島。この頃は午前中だったので風もあって涼しく爽やかだったが、次第に海岸特有というか、身体にまとわり付くような湿度の高い陽気に変わって行った。

四月以来となるいわき市平薄磯の薄磯海岸、震災前は住宅街であった一帯がかさ上げされ広々とした駐車場になった。その震災以降の工事で行く度に景観が変わり、車を停めることも出来なかった海岸沿いがこんな風に造成され、妙に感慨深いものがある。

海の家は一軒、まだまだ人出は少ないが、灯台と海水浴の光景は震災前の様々な思い出が甦ってきました。天候や潮の満ち干きを考慮しまた撮影に来よう。

帰路はいわき市四ツ倉の道の駅 よつくら港に寄る。たまたまだが22(土)23(日)はよかっぺ市が行われており、私は詳しく分からないが和太鼓疾風と御諏訪太鼓の演奏が行われた。二階テラス席から↓動画を撮ってみました。



風に語りて - Talk to the Wind -

いわき市四倉町 ”中華そば 島風”

四倉町上仁井田の住宅街にある島風、私のあまり好まない節系のスープということだが、果たしてどんなものか今回初めてお邪魔しました。

国道六号線から入って凡そ150m程だろうか、道の細い住宅街になるが大きな看板が道沿いに立っているので直ぐに分かった。

苦手というか嫌いな食券方式。その理由は以前も書いたように、初訪問の際は何があるのかかなり迷い時間がかかる。時間がかかると後の人を待たせることになるからだが、島風は醤油と味噌の二味+つけめんになり、思ったよりスムーズに選択できた。
店内はカウンター五席、テーブル十席。昨年三月にオープンしたばかりなので綺麗です。

上 チャーシュー中華そば 980円 、下 味玉中華そば 780円。


魚粉が入り濁ったビジュアル。まずはスープを啜るとカツオやサバ節に加え、鶏ガラの濃厚な味わいが口内に広がります。そしてそれらは複雑に絡み合っているのか、奥深い味わいを感じる。先に節系は好まないと書いたが、見え隠れせずこのように前面に押し出してくればまた話しは異なる。
チャーシューはとろけるタイプではなく、適度な噛み応えがあり旨味が広がる。因みに魚粉はザラザラ感が残る程の量ではなかった。

自家製、低加水ストレート細麺。節系の麺はストレート細麺が多いように感じるが、確かにスープとの相性や喉越しはチヂレ麺より勝るかも知れない。

上 味玉みそ中華 850円、下 チャーシュー丼 200円。


味噌は中太麺になり、辛し味噌を混ぜながら食べる。ちょっと味見をしたのだが、ちょい辛さがある味わいは良かったです。
細かく切ったチャーシューにたっぷりネギのチャーシュー丼。タレは少なめだが七味と肉の味だけで十分美味かったです。これで200円は安いかも。


さて魚介系は好き嫌いがあり、全ての人が美味しいと思うことはないかも知れないが、私のようにあまり好まない人間でもOKだったことを記しておきます。


いわき市四倉町上仁井田字南浜46-4 木曜定休


風に語りて - Talk to the Wind -

郡山市菜根 ”餃子とタンメンの店 大三元”


一年半ぶりとなる「餃子とタンメンの店 大三元」、昼は混むので13:30過ぎに行ってみたのだが、店舗入り口に数人が待つ満席状態だった。

店舗前に数台駐車できるが、メイン駐車場はちょっと離れた場所になる。店内はカウンター六席、小上がり四人席三卓、テーブル四人席四卓と記憶するが、混み合っていたので店内の画像は撮らなかった。

餃子とタンメン専門店と名乗るだけあり、メニューは他に飲み物があるのみでいつもながらとても潔い。値上げ前は大盛と餃子でちょうど1.000円だったこともあり、オーダーは毎度決まっていたものだった。

今回は並盛と餃子をオーダー。タンメンは塩ラーメンと異なり塩で味付けした野菜炒めにスープを加え麺にかけるのだが、一口啜ればすっきりした塩味と野菜類の程よい甘さ溢れる熱々スープが胃袋に吸収され、イメージ通りのタンメンの味わいを堪能、加えてシャキシャキしたキャベツの食感が伴う逸品であります。


大三元のHPでは中太縮れ麺と記されているが、見た目ストレートの麺は程よい硬さを保っており食べ応えがある。以前も書いたが個人的にはキクラゲの量、及び動物性のコクがもうちょいあっても良いように感じる。つまり一日一回食べられるあっさり感があるものの、反面飽き易いと言い換えることも出来る。

餃子もまた逸品であります。最初にお断りしておくが、食後のニンニク臭を気にするなら食べない方が良い。店オリジナルのラー油があり、パンチの効いた辛味とニンニクの二重奏に、大三元の餃子を食べると他の餃子はちょっと・・・と、いう気分になってしまう。


郡山市菜根3-12-12 年末年始休み


風に語りて - Talk to the Wind -

大沼郡金山町 会津中川駅周辺+etc

世間では三連休だが土曜が法要、月曜が仕事ということで16日の日曜、五週続けて只見線撮影に出掛けた。土曜夜から日曜朝にかけかなり蒸し暑く、一昨年のような川霧を期待するも残念な結果になったが、ちょっとでも霧が立っていれば大沼郡三島町大字川井字天屋原、道の駅 尾瀬街道みしま宿脇のビューポイントに登る予定でいた。

上画像、到着時の霧の状態。川面はこの状態のまま、樹木の間から霧が登ってくれば言うことないが、思うようには行かず始発上りの422Dが通過する06:03頃にはかなり薄くなってしまった。
さて今年初めて上段まで登った次第だが、息が切れるし足は上がらなくなるし、日頃の運動不足がモロに効いてます。上段のポイントは連休の中日ということもあり20名ほど居ただろうか、下の動画をご覧頂くと分かるように盛況でありました。


白南風吹ク朝」~ F8・SS1/160・ISO320 ~


山々が隠れるような霧の場合、風景画として引いたフレーミングを行うが、今回はやや寄った画角とした。霧は川面のみで橋梁と車両のディテールを失うことなく、且つ適度な周囲に明るさにより暗くならずに済んだ。
レタッチは撮影時のWB5000kを5200kに変更、更にクリアな感触を保持するため色かぶり・色調を整える。


所で何度か書いてるが昨年から霧が立ち難くなっている。積雪の少なさが影響しているのでは‥と、言う人もいるが、原因は果たして何だろう。兎にも角にも川面だけではなく、周囲の山々も覆ってしまうような状況を久しく見ていない。


機材を片付けていると先週撮影を行った第一橋梁川向い、大沼郡三島町大字桧原字下三平の場所及び道を尋ねられ、車三台をご案内した。到着時の霧の様子は良かったのだが、車両通過頃は川面から僅かに立つ程度になってしまった。
それしても蒸します。朝なので暑さはそれ程じゃないが、川の近くだから尚更かじっとしていても汗が流れてくる

第一橋梁撮影後の予定は特になく、何気に大沼郡金山町大字中川字大田面の国道252号線沿いに立つ。この場所は昨夏及び今年の春先にも撮った場所で、いつも農機具屋さんの軒先に車を置かしてもらう。
立ち居地の背後には只見川があってここもかなり蒸している。只見川は流れが緩いため尚のこと湿度が高く、朝夕の気温差と相俟って霧が発生し易い環境といえる。


コブシノ里ハ溽暑ナリ」~ F10・SS1/200・ISO320 ~


車両は会津中川駅08:45発上り426D。フレーミングで迷ったのが右上の空の部分。この量によって全体の画角が決まってしまうのだが、単に白い部分なのであまり取り込みたくはなく、左右の家のバランスを主にフレーミングする。今回は田んぼの際に三脚を立てたので、国道を通過する車に遮られることはない。
曇り空のフラットな光具合の下、湿気により霞みかかった状況となり、後に彩度及びコントラストを少々+補正。


あちこち散策後、12:37発上り428Dの再撮影を行うべく戻って来てみると、線路下の雑草が一部刈り取れられ景観的に格好悪かったが、取り敢えず動画共々撮って帰路に着く。


さて暫く只見線の撮影が続いた為、此処の所C-PLやNDフィルターを使った撮影を行っておらず、帰りは遠回りして白河市大信隈戸田ノ沢の大信不動滝へ寄ってみた。住所が変わっているというのか、此処には白河市大信隈戸 大信隈戸国有林57林班、聖ケ岩ふるさとの森 ビジターセンター及びキャンプ場がある。

大信不動滝は岩瀬郡天栄村の羽鳥湖より農業用水を引く隈戸川の途中にあり、落差は5m程だが幅が50m近くある。春先の田植えなど水が必要な時は怒涛の如くナイアガラの滝を彷彿させるが、残念ながらこの日は水門が閉じられ流れは僅かだった。「一昨年の九月」に来た際は轟々と流れていたので、機会があればまた訪れたい。

さて今日の水際はどこも蒸し暑いです。里山の水辺、そして湿度が高いとなれば上画像に注意であります。里山じゃなくとも田んぼや日陰のフキが生えている場所などなど、足元を見ながら素早く移動しましょう。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。



風に語りて - Talk to the Wind -