今日は乗り鉄

24日(月)、いつもと趣きを変え、今回は只見線に乗ってみる。本数のない路線なのでどの車両に乗るか思案したが、滝谷橋梁、そして第一から第四只見川橋梁を短時間の乗車で眺めることが出来、且つ昼食も考慮した時間帯を選んだ。


その車両は・・・
往路 下り 会津柳津発 08:46 ~ 会津川口着 09:39 425D
帰路 上り 会津川口発 12:32 ~ 会津柳津着 13:23 428D


会津川口で三時間ほど間が開くが、いつものおふくろ食堂で昼食を摂ることにした。尚、文中にリンクを張った画像は今年撮影したものです。

上画像、会津柳津駅。向かって左側にC11が展示され、その隣が駐車場になる。定刻通りにやってきた425Dはラッピング車両でした。でも今回は撮り鉄ではないのであまり気にならないような‥。

上画像、下り先頭になるラッピング車両内。向かい合わせ席の他、対面席がある。エアコン故障により扇風機が使用されている。下画像は旧国鉄カラー車両内。全て向かい合わせ席になりエアコンが効いている。因みに会津柳津駅は無人駅なので乗車後に車掌から切符を入手するが、その車掌はかなり若く親切だ。

時折り走行する先頭車両を撮ることがあるが、内部から運転席を見るのはとても新鮮だ。下画像は会津桧原駅。家族を見送りに来た家族が運転士と何かを話してるが、ローカル線ならではの光景かも知れない。傍らに奥会津には珍しく彼岸花が咲いていた。


乗ってみて初めて分かったのだが、只見川に近付くと第一から第四橋梁の案内があり、更に車掌が忙しくなければ橋梁が近付くごとにアナウンスがある。

第一橋梁を通過。上画像は下り方面左側になる第一只見川橋梁ビューポイント最上段の鉄塔部。下画像は川向からの撮影ポイント。「夏 爽」「静寂破りて静寂至る

上画像、第三橋梁から見る国道252号線のスノーシェッド。このシェッド内ないし天井から第三橋梁を俯瞰する。下画像、第四橋梁通過の際、周囲の景観を撮ろうとするが間に合わかった。「緑 峡」「川霧の穏流を渡る鉄の路

上画像、会津中川駅周辺。私も撮る場所だが撮り鉄が数人。ハセ掛けした稲と只見線のコラボを撮るのだろう。下画像は大志集落。車両内から大志集落を撮りながら、乗って撮るのは写真ではなく映像が適していると気付く。
併し撮り逃した箇所もあり機会があればまた乗りたい。その際は下りの始発となる会津柳津発07:04の423Dに乗ると会津川口に08:01に着く。そして30分経過後の上り426D会津川口発08:40で帰るという手段もある。「人と時と風の中へ op.3」「水色の旅 op.2

会津川口駅に着きました。このままこの車両は折り返し便の428Dになる。乗車時間は50分ほどだが、いつもの見慣れた景観でもちょっとした旅行者気分になれる。

会津川口駅は有人駅なので切符を窓口で買う。実は列車に乗るのは数年ぶりで、切符の形状がこんな風になっていることも知らなかった。さて初乗車の只見線、旧式のキハはちょっとした登坂でもエンジンが唸り、そのディーゼル音が響くトンネルやレールが軋む各橋梁、そして彼岸とはいえ暑い陽気の中に窓を開ければ爽風が入り込み、トンネルを通過すれば涼しさを通り越し寒さを感じる。こんな時代遅れのひとときがすごく良いです。


じーぜるにゆられて ①」~ F5.6・SS1/20・ISO1000 ~


じーぜるにゆられて ②」~ F8・SS1/100・ISO800 ~


今回の撮影は全て絞り優先、且つISOはAUTO設定。文中でも触れたように車窓からの眺めは難しいというのか、只見線の車両を含めた景色を撮っているとその良し悪しが分からない。従って車両内の人物ということになるが色々な意味でこれも面倒ながら、取り合えず二枚をupしてみる。


当初よりスナップに適したレンズのみの持参になり、①のように暗くて自分も揺れるような撮影はタイミングを見計らい、低速シャッターながらブレは生じなかった。②は女の子の顔に影が出来てしまい現像時にモノクロとしたが、却ってその方が趣きが出て良いかも知れない‥と、自己満足。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。

久慈郡大子町 奥久慈茶の里+etc

23日(日)、昨年始めて行った久慈郡大子町大字左貫の奥久慈茶の里へ早朝より向かう。この一帯はあちこちに彼岸花が咲く里山だ。

と、その前に早朝より出掛けた理由の一つに、久慈郡大子町大字袋田の袋田の滝撮影の目的があった。それはセコイ話しだが営業時間外は入場券が必要ではなく、更に観光客の少ない中で自由に撮影出来るからだ。

長さ270m程の観瀑トンネルを歩いて第一観瀑台へ向かう。当然ながら営業時間外は第二観瀑台は動いておらず、第一観瀑台及び吊り橋周辺から眺めるようになるが、個人的に第二観瀑台からの眺めは好みではない。

昨年も同時期に訪れたものの、水量が少なく撮影にはならなかった。併しこの数日の雨で良い感じかと想像し来てみたのだが、ご覧のようにバッチリとなっていた。上画像は第一観瀑台、下画像は吊り橋周辺の出入り口から。


袋田瀑布」~ F8・SS1/8・ISO100・C-PL ~


第一観瀑台からの定位置構図。最右欄干の下側に三脚の脚を二本乗せ、広角レンズで撮影。撮影時間は05:53、山間にはまだ暗さが残り、C-PLとND8を重ねたりと試してみたが、結果的にC-PLとISOの調整で撮った画像をupした。滝撮りの際、筋状の流れを残す露出を選択するのだが、SS1/8秒前後の露出では然程の差は無かった。


青味が残る水流の色合いを補正、暗部をやや明るく補正。更に全体のコントラストを-補正したことにより、自然な雰囲気になったかも知れない。


続いて今回の目的でもある大子町大字左貫、奥久慈茶の里へ。昨年撮影した場所の彼岸花は既に遅しといった感じで、殆どが色褪せていた。

従って場所を移動し稲刈りが始った田んぼ周辺を散策するが、どうも巧い構図が見当たらない。一部S字カーブの写真映えするような箇所もあるが、夕方の斜光線の下で撮りたい眺めであり、来年へのロケハンとした。


野辺ニ咲ク」~ F8・SS1/100・ISO200・C-PL ~


民家近くの田んぼの法面に咲く彼岸花。現在は観光目的として彼岸花を育てる場所を多く見かけるが、積雪で越冬が難しい東北の彼岸花のイメージは、以前も書いたように墓の周囲に僅かに咲く毒々しく不気味な花だ。
そんな先入観があるからか、一面に咲く彼岸花を見るとイメージが追い付かなくなる。つまり暗いイメージを払拭するまで暫し時間が掛かりそうだ。


現像は輝度差がある状況でコントラストが高い画像となり、微細にソフト加工を行う。また段階的に下側の明度を+補正している。


茨城県から栃木県へ向かい、那須郡那須町大字蓑沢の蓑沢彼岸花公園を散策する。此処は先程の暗いイメージを払拭するどころか、天候が良すぎるということもあるとは思うが、整然と並んだ姿に毎度毎度どうも写欲が起きず仕舞いとなってしまう。

福島県に戻った帰路、矢祭町大字中石井字戸津辺の戸津辺のサクラに寄る。此処は桜の根元に彼岸花が咲くのだが完全に時遅く、画像で分かり辛いが殆どがくすんだ色合いとなっていた。


という訳で彼岸花を見て歩いたのだが、返す返す群生地では自分のイメージを払拭しないと構図を見付けられない事に改めて気付く。とはいえこの個人のイメージのままで良いのか否かさえも分からない状態だが、そもそも花の撮影が苦手であることに変わりは無い。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。

大沼郡金山町 ”民宿食堂 おふくろ”

七月に訪問した際、お盆は只見線に乗って来ると話したのだが、彼岸になってサマオクを伴い要約実現できました。

11:00前には開店、列車の待ち時間中おふくろでの昼食も予定していたのだが、早目の開店は有り難い。この時期は撮り鉄の姿も疎らとなり、そして夏の暑さも収まり何となくひっそりとした金山町々内だ。

あざき大根の有無、時期によりあざき大根つけメンが載ったり載らなかったり。そしてよく見ると野菜炒め定食が消えていた。ラーメン類とのセットが迷ってしまうほど多種多彩。そして壁メニューのみのものもあり、なかなか奥深いです。

こちらがその中のチャーシュー丼。私は以前食べたことがあったが、ラーメンとミニ丼セットの存在は知らなかった。

店内はテーブル四人席×二卓、小上がり五人席×二卓、カウンター四席。他に個室というのか五人座敷が一部屋ある。

カツカレー @1.000円


私がオーダーしたカツカレー。今まで数度食べたが、おふくろのカレーは適度に辛くて美味いです。名物のカツカレーミックスラーメンがあるように、カツもサクサクして良好です。尚、カツは一般的なカットに加え、横にも切られ食べ易いサイズになっている。


ラーメンとチャーシューミニ丼セット @900円


サマオクオーダーの壁メニュー。ラーメンは塩、味噌が選べる。チャーシュー丼は熱々なので冷まし冷まし食べる。かなり前に食べたきりだが、その熱さと煮込まれた醤油ダレの味をまた食べたくなった。


大沼郡金山町大字川口字下町601 不定休


東白川郡塙町 ”手打中華 じゃずめん”

気が付くと前回の訪問からちょうど二年となる”手打中華 じゃずめん”。店舗前の駐車場は車が一台だけ停まっていたが、入店すると多くの人が座っていた。

一風変わった店名だが店主は以前ジャズ・シンガーであり、壁メニュー周辺には褪せた金管楽器が飾れており、BGMは勿論ジャズです。メニューは醤油ラーメンの種のみ、気が付けばメニューからライス・及び半ライスが消えていた。

店内は二人席テーブル×ニ卓、小上がり四人席×三卓、カウンター五席。テーブル側にはなぜか衝立があり、テーブルに座ってしまうと店内が見渡せず、目に入るのは厨房のみ。

サービスで提供される鶏ガラ。ネギと濃い目のラーメンスープがかけらている。その日によってしつこかったりあさっりしたりと味は様々だが、今回は後者で結構食べ尽くす。因みにガラなので食べるというよりしゃぶるといった感覚です。

手打中華(ラーメン) @660円+大盛り @150円


麺の少なさがネックだったので今回は手打中華の大盛りをオーダー、そしてスープを一口啜ると味が大きく変わっていることに気付く。以前は鶏ガラベースのあっさりしたスープに魚系の風味をふっと感じる味わいであったが、鶏の味が前面に出てくどさを感じる。もしかしたラーメンを食べる前の鶏ガラが影響しているのかと思ったが、それとは矢張り異なりスープ自体にトロッとした印象が残る。

麺も以前の白河ラーメン特有の柔らい食感と大きく異なり、モチモチした歯応えのあるものになっていた。太さやちぢれ具合は変わりないように見えるが、スープと相俟って陽気に因るものなのかそれとも進化なのか、後日食べてみないと分からないことだ。


チャーシューはチャーシューメン同様のモモ肉だが、小ぶりのものが三枚乗っている。ただ適度な歯応えなど昔ながらのチャーシューで良い感じなのだが、味が染み渡っていないというか、業務用に準じたものに思えてしまうのが残念だった。


東白川郡塙町大字塙字大町2-34-1 月曜 第二木曜定休

福島市飯野町 石畑の彼岸花

20日(木)、仕事前に福島市飯野町明治字石畑の彼岸花を撮影する。実は昨日、仕事で往来する途中に様子を見たのだが、満開になってる花やこれからの花と疎らであった。おそらく咲き揃うことはないので週末にでもまた来ようと判断したが、天気予報は今日を除いて降ったり曇ったりとすっきりせず、従って朝焼け期待で出向いてみた。

所が天気予報に反し、日の出時に一瞬だけ陽が射したのみで短時間の撮影となった。というのもこの場所での立ち位置は右側上部が空になる構図が好みであり、単なる青空や曇り空では面白味がない。

この画像がそうだが、ぽっかり開くスペースには朝焼けや夕焼け、またはドラマティックな雲がないと成立しない。先に書いたように今朝は日の出時だけ朝焼けとなり、来た甲斐はあったというところだ‥というか、近いので直ぐに来れる場所だったりする。

彼岸花の背景にある古い墓だが、これは真後ろにある飯野町明治字石塚の東光寺が管轄していると思う。撮影を終える頃、その東光寺からは鐘の音が響き、06:00になったことを知る。因みに一週間前にここを通った際、彼岸花が咲く土手は何も生えていなかった。毎年今頃になると刈るようだが、彼岸花の成長の早さは凄いものだと毎度思う。


彼 岸」~ F8・SS1/4・ISO200・HALF ND8 ~


毒々しく不気味、それが個人的な彼岸花のイメージ。なのでこの場所と朝夕の色彩はそんなイメージにピッタリであり毎年一度は撮影を行う。併し返す返す背景の空模様次第であり、ボツになることも多かったりする。


撮影にはHALF NDを使用、空の白トビと彼岸花周辺の輝度差を撮っては確認で露出を決めた。レタッチは朝焼けの色合いをやや+補正、全体のコントラストをやや+補正、明度をやや-補正する。他に縦構図などでも撮ったが、朝焼けはこの画像がBESTだった。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。