いわき市久之浜 弁天島+etc

13日(日)、一昨年の秋、日の出前の海面を覆うような雲焼けを見た。その景観をもう一度‥と、昨年末より通っている相馬市岩子字宝迫だが、なかなか願いは叶いません。

薄っすらと広がる雲を期待するのだが、日の出前は快晴となり日が昇ってからの撮影に切り替えた。それにしても何です、一期一会という言葉は好きじゃないが、通うこともテクニックの内と思う私としては、その意気込みがちょっと足りないのかも知れない。


Blue Moment」~ F8・SS5・ISO160・C-PL+ND100+HALF ND8 ~


満潮が近付き徐々に海面がじわじわと足元に寄ってくる。太陽は雲の陰にあり、その雲を赤く染めているが、空や海面は既に明るさに支配されている。日の出後なので記載した各フィルターを使い露出を調整。話しは変わるがC-PLが経年劣化なのか、この画像だと右上に効果が偏るような感じになる。画像は補正したが、七年ほど使ったのでどうやら交換時期となったようだ。


延 竚」~ F8・SS1/320・ISO200 ~


字宝迫から松川浦に流れ込む宇多川沿いの相馬市岩子字大迫。震災後、この一帯は工事が続いていたが、現在は車の通行が可能になっている。河口には白鳥も飛来しており、日の出時の撮影も行ってみたいポイント。因みに右奥の建物は旅館晴風荘。また干潮時は川底が現れ舟を繋ぐ場所なども決まってはいない。


特徴のない空模様、色彩、且つ明るめに撮ったのでモノクロを選択した。毎度のことだが、モノクロは覆い焼きのイメージでコントラストや明暗を部分毎に調整している。


県道74号線を使い南下、途中の南相馬市鹿島区北右田北高屋釜にある風力発電。この辺りは太陽光発電のパネルが多数設置され、震災以前の景観を大きく様変わりした。

久し振りに双葉郡浪江町の請戸漁港付近に寄るが、こちらの景観は変わることがなく撤去されない建物が数軒点在する。

直線距離だと6kmほど先にある第一原発。町内の一部、国道六号線界隈の避難指示は解除されたが、この先何が起きるか分からない原発の近くに戻る人は極々僅かで、色々な意味で町としての形態を成していない。


それでも人が自由に立ち入ることが出来るけど、双葉町、大熊町、富岡町は現在も一般の立ち入りは出来ず、国道六号線沿いは震災当時のままとなっており、果たして海岸沿いなどはどのような景観になっているのだろうか。

今回の目的の一つでもあるいわき市久之浜町田之網字横内の弁天島へ向う。以前はよく撮影を行ったものの2015年10月の台風で鳥居が壊れ、翌年に再建したが元の位置と異なる、更に津波で壊れたままとなっていた桟橋の工事で立ち入り禁止となっていたなどなど暫く足が遠のいていたが、昨年末に工事がほぼ終わり立ち入り可となった。

歩道橋の上からの眺め。以前は白丸部に鳥居があり構図的にとても良かったのだが、現在は海岸側からのフレーミングが適していると思う。


神在ル島」~ F8・SS5・ISO160・C-PL ~


夕暮れ時の撮影。各NDフィルターを使いながらイメージする雲や波の形状を待つも、結局は日没30分後に撮った最後の一枚を選んだ。雲の形状はコントロール不可能だが、波は引き際を狙ってシャッターを切ることが多い。


東側の景観、及び山陰であり、日没後に海面が赤く染まることは難しく、寒々しい色合いとなるため全体の色調補正と明度を+補正する。


暗くなってしまったが、初日の出を撮影したいわき市平薄磯字北街の薄磯海岸でいつもの船舶の光跡撮影を行う。久々にこの浜にある岩礁を中心に置くが、上画像は初日の出撮影時に撮ったもので、こうして見ると結構大きな岩であります。


わたしは夜に海をみる op.11」~ F8・SS517.1・ISO400 ~


岩礁にピント合わせるが既に暗くAFが効かない。従ってほぼ同距離だと推測する街灯でピント合わせる。構図は撮っては確認で上下左右、画角の調整を行う。日曜だからか沖を行く船舶が少ない。加えて遠くなので光が弱い。更に三日月が出ており露出を悩む。この画像はISO400としたが、明るめになってしまい現像時にWB共々調整した。


撮影データはSS約8分30秒、書き込みも同時間を必要とするが、レンズの前を通過する船舶を待つ時間が長い。双眼鏡で沖を見ながら待機、何だかんだで一枚撮るのに今回は50分ほど掛かっている。これを三度行ったが海風の冷たさに根を上げ撤収しました。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。

いわき市小名浜 ”支那そば 一力”

今年初のラーメン専門店は ”支那そば 一力”となりました。開店のちょっと前に到着すると大将が暖簾を掛けていた。

メニューは醤油ラーメンをメインとし、4月~11月は塩ラーメン、12月~3月は味噌ラーメンが加わる。因みに壁メニューにない特ラーメン(チャーシュー、ワンタン、煮玉子の全部乗せ)やつけ麺、そして平日限定のミニチャーシュー丼は食券販売機に明記される。

入って左側にある食券販売機。上部には師である佐野実氏の写真などが貼られている。明るい店内は四人テーブル×ニ卓、六人BOX席×二卓、カウンター九席。

味噌ラーメン @750円+大盛り @100円


今まで醤油ラーメンしか食べなかったのだが、今回初めて味噌を頼んでみた。モヤシと刻みネギの上品なビジュアルにアメ色のシナチクが彩を加える。まずはスープを一口、すると甘くもなくしょっぱくもなくバランスの取れた味噌の風味が広がり、話しは前後するがほぼスープを飲んでしまいました。更にニンニクが適度に効いており、この絶妙な感覚が更に後を引きます。

麺は醤油ラーメンと変わらない中太ストレート。しっかりとした噛み応えは歯切れもよく、ストレートながらスープと絡みます。但し味噌の場合は味噌の味が強いのか、小麦の風味が感じられなくなる。とはいえ麺自体の食感は同じなので美味いです。


大盛りが150円や200円となる店舗が多い中、今でも100円というのが嬉しい。最後になるが味噌で食べるチャーシューが尚のこと美味かったです。


いわき市小名浜中町境4-11 月曜・第三火曜定休

郡山市熱海町 ”あたみ食堂”

人づてにカツ丼が美味しいとの話しを聞き、前々より行ってみようと思いつつ漸く初訪問。ちょうど正午となりカウンター以外は満席状態だった。

駐車場は店舗横にありそれ也に台数は置けるようだが、一台一台の個人のお客さんが多ければ直ぐに満車になるかも知れない。

メニューは各ラーメン類に定食、そして丼ものと種類が多い。更に各ミニ丼のハーフメニューもあり、カツ丼と決めてありながらも選択肢の多さに迷う。

店内は狭く八人席テーブル×一卓、小上がり四人席×四卓、カウンター四席。先に書いたように昼どきなので会社員や作業員、そして地元の人達と大賑わいだった。

カツ丼 @980円


画像だと分かり辛いが、小さめの丼を見て量が少ないと察知。肉は一口サイズにカットされスジっぽさもなく柔らかい。併し煮込みカツ特有の味の染み具合が希薄であり、それより何より肉の臭いが頂けない。


ご飯の盛りは一般男性からするとかなり少ない。漬け物の飾り付けや量も去ることながら、現在のカツ丼の価格は900円前後が多く、その観点からするとコスパが悪い。実際私は満腹感がなく帰りにコンビニに寄った。

もやしらーめん 690円


サマオクが注文したもやしらーめん。炒めたモヤシがとても美味しそうなビジュアルとなっているが、味にインパクトがありません。普段は薄味を好むサマオクだが、酢を入れたりと味変を試みながら食べていた。


初めて行った店で美味い不味いを評するのは良くないという文面を読んだことがある。確かに二度三度通い、色々と食べてみる必要はあるし私もそう思う。併し自分には合わない味だったり、不味いと感じた店に果たしてまた行くだろうか。という訳で、次回行く機会があればレバニラ定食を食べてみようと思っている。


郡山市熱海町熱海2-74 木曜定休

南会津郡南会津町 前沢曲家集落+etc

06日(日)、毎年一月に撮っている玉川村の乙字ヶ滝から南会津方面を回ってみる。この時期としては積雪は少なく、南会津町や只見町などなど車の走行に支障はない。

まずは日が昇る前の石川郡玉川村大字竜崎字滝山の乙字ヶ滝。個人的には滝見不動堂からの眺めが好きなのだが、下画像のように年々松の新枝や雑草が伸び、数年前に撮った構図のフレーミングが出来なくなってきた。従って雑木などが入り込むのを避け、縦構図で何とか撮影する。


厳 流」~ F10・SS1/10・ISO125・C-PL+ND8 ~


毎年今の時期に通う理由は厳しく荒々しい流れを撮る為だが、夏季は水質が悪いという理由もある。その厳しさの表現、及び先に書いたように雑木が写り込んでいることもあり、現像時にモノクロを選択した。


撮影時からモノクロをイメージしている際は明るめに撮るのだが、今回は後から気付いたので全体の明度を+補正する。C-PLの効果は半分ほどで岩々の照り返しを残し、コントラストをやや弱めに補正。


乙字ヶ滝から南会津へ向う。途中で南会津郡南会津町森戸の藁葺き小屋を眺める。正しく原風景といった様子をよく撮ったものの、以前にも増してビニールハウスが迫り出し、折角の景観が台無しとなっており、この先、被写体には成り得ないかも知れない。

南会津郡南会津町前沢の前沢曲家集落。12月~03月の冬季は入園料が不要だが、曲屋資料館は冬期間閉鎖となる。因みに駐車場は積雪で数台しか置けなくなっている。

前沢曲家集落といえば上画像のバッタリ小屋だが、毎度のことながら電柱の存在が邪魔なことこの上ない。私だけではなく全ての人がそう思っているようだが、何故に移動しないのだろう。下に七年前に撮った動画をupするが、その翌年だったか木製の水路などが新しくなりました。


篭 ル」~ F8・SS1/250・ISO200 ~


カメラのモニターでは空が一部白トビを起こしているが、この画像は当初よりモノクロを想定し明るめの露出で撮影した。全体的なコントラストを弱めに補正し明暗を調整、反面建物の板目のコントラストはやや+補正する。


畏れ多くもイメージは斎藤清の版画だが、屋根の積雪がもっと欲しかった‥などと、腕の無さを責任転嫁する。


朱色と灰色」~ F8・SS1/320・ISO200 ~


国道252号線、大沼郡金山町大字水沼字上田の上田ダム入り口にある柿の木。三日に通った際も気になり、車を停め手持ち撮影。柿の木以外の彩度を落とし全体の明度を+補正、及び中心部以外のボカシ加工を行う。


夏、田んぼと只見線を撮る大沼郡金山町大字中川字大田面、会津中川駅近くの田園風景。そんな雪景と只見線を撮ろうと待機するも、積雪はまだまだこれからで背景の杉林も民家の屋根もほぼ残っていない。


雪 野」~ F8・SS1/320・ISO400 ~


車両は会津中川駅15:05発、下り427D。最近何故かラッピング列車に遭遇すること多しだが、正面からの撮影以外は特に気にしないようになった。撮影時、雪の降り方が強くなりちょっと見通しが悪い内容となる。また手前の田んぼは単に白い平面となり、この辺りをどうするかが次回への課題。


雪が降っているもののそこそこの露出で撮影が可能となり、明暗の調整など後の補正はコントラストをやや+補正するに留まる。


大沼郡三島町大字名入字上居平、国道400号線から第二只見川橋梁を撮る。車両は先ほど撮った427Dの折り返し便となる16:13頃通過の上り430D。


驟雪烟ル」~ F8・SS1/200・ISO800 ~


降ったり止んだりの雪に見通しが悪い正に冬そのものといった夕刻。この時間帯は色温度が高く青色が強い。WBは5800kで撮ったがその色合いを払拭することは出来ず、色々と迷ったがモノクロを選択した。モノクロ化にあたりコントラスト、明暗の補正、及びぼかし加工などを行う。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


大沼郡金山町 ”民宿食堂 おふくろ”

昨年の九月以来となる”民宿食堂 おふくろ”。12:00頃にお邪魔したが、長かった年末年始の休みも最終日となり先客は三名ほどだった。

冬は画像左下の囲炉裏や奥のストーブがいい感じです。そんな店内はテーブル四人席×二卓、小上がり五人席×三卓、カウンター四席。

おふくろ食堂は各ラーメンとのセットメニューが豊富。実は未だセットメニューを食べたことが無いのだが次は注文してみようと思いつつ、今回は壁メニューに記載されているチャーシュー丼を久々に注文。

チャーシュー丼 @1.000円


上画像、以前食べた際のものです。というのも先に書いたように、そんなに忙しくなかったのでおかみさんと話し込んでしまい、撮ることを忘れて箸を付けてしまいました。

こちらが箸を付けた後のもの。こうして見るとチャーシューの形状がかなり違うが、これは仕入れによって異なってくるのだろう。何れにせよチャーシュー丼のご飯はかなり熱い。おそらく冷えているチャーシューを熱いご飯に乗せ温めるといった方法かと思うが、個人的には湯煎などで温めて欲しいところ。というのもそのご飯の熱さが半端ではなく、なかなか口に入らない。


隠れてしまったが丼の陰にタレの小瓶があり好みよって使用する。因みにおふくろ食堂のご飯ものには味噌汁ではなく中華スープが付くが、これが量があって美味いんです。


大沼郡金山町大字川口字下町601 不定休