大沼郡金山町 霧幻峡+etc

14日(土)、三日続けて03:00起き、そして行き先は変わらず大沼郡金山町へ向かう。木・金は仕事前の撮影だったので一箇所に絞ったが、この日は先週と同様に三島町の第一只見川橋梁から金山町の大志集落とまずは足早に眺めてみる。


結果として第四只見川橋梁から霧幻峡に霧は立つものの、大志集落や第一只見川橋梁はどうも芳しくない。特に大志集落に関しては霧が登る様を今シーズン一度も見ていない。

という訳で数週間続けてとなるが、大沼郡金山町大字水沼字沢西の第四只見川橋梁俯瞰から撮影を始めた。川霧は然程ではないものの、流れてくる山霧で一時ホワイトアウトになるなど霧だけにキリキリと気が揉める。


車両は05:40頃通過の上り422D。通過10分ほど前には全く見えない状況となり、その時やってきたカメラマンはホワイトアウトで撮れないと判断したのか直ぐに立ち去る。


風死す」~ F8・SS1/200・ISO250 ~


毎度書いてるが霧は刻一刻とその表情を変える。10分あればその景観は大きく変わり果たして良くなるのか悪くなるのかは不明だが、何れにせよ急いで違う撮影ポイントに行くよりその場を離れず運を天に任せるしかない。


通過する頃には見通しが利くようになり撮影可能となる。併しながら霧の出方は薄く普通の露出で撮れるような明るさであり、それが毎度同じ構図で撮っても飽きない要因なのかな‥と、勝手に思ったりする。更に今回のようにラッピング列車が来たりすると、再度撮り直しの気持ちが尚のこと高まる。


この日、東北南部が梅雨明けとなった。霧があると当然ながら不快指数は高く、暑さが肌に重々しくまとわり付く。俯瞰ポイントも風がなくタイトル通りの状況だった。


大沼郡金山町大字大栗山字雨沼の霧幻峡周辺の霧が立っていることを確認しており、第四只見川橋梁の撮影後に向かう。運良くというのか偶々というのか一艘の渡し舟が見えた。上画像は撤収が始まった所だが、関東の人が舟をチャーターし撮影をしていたようだ。私はすっかりとご相伴に与った次第だが、チャーターは人が乗るだけではなく、このように撮影目的であっても可能。


但し川霧が出るか否かは運任せとなり、この日は良い感じで流れておりました。聴けば渡しを行う際は河川事務所に連絡し、ダム放流の有無や水位を毎回確認するようです。


霧幻峡の渡し ①」~ F6.3・SS1/500・ISO320 ~


霧幻峡の渡し ②」~ F8・SS1/640・ISO200 ~


二枚とも手持ちで撮影。自然とは素晴らしいもので、状況が上手くマッチすればこういった画像がいとも容易く撮れてしまう。霧は刻々と表情を変えると先述したが、この二画像が良い例で撮影の時間差は50秒ほどだ。因みに②はアンダー露出で撮ったところ、暗すぎたので明るさと色合いを補正した。


先週も撮った下りの一番列車を川沿いから撮る。いつもの立ち位置よりはちょっと奥になり、邪魔になる雑草を持参した鉈で伐採する。車両は07:58頃通過の下り423D、この頃になると更に気温と不快指数が上昇、長靴の中が蒸してかなり暑い。


水色の旅 op.2」~ F8・SS1/250・ISO250 ~


暑くてこんなタイトルしか思い浮かびません。モニターで画像を確認して気付いたのだが、会津川口駅への下り便でありながら、車両の行き先表示が会津若松となっていた。もしかしてこの画像ってレア?‥と、思ったりしたが、果たしてどうなのだろうか。


露出はSS決定後、背景の空が白トビを起こさないISOを選択。先の第四橋梁共々、下に動画があります。


・・・追記・・・
「炎陽の朝」からタイトルを変更しました。昨年ほぼ同じ位置・時期に撮った画像のop.2としました。


前回と今回はやや手抜き感が多いにありながら、「あしたぼくはどこかへいきたい」シリーズも最終回となりました。最後の駅は南会津郡只見町大字蒲生字久保の会津蒲生駅。先の五駅同様に電源開発専用線を急ごしらえした駅はとても簡素だ。特に会津蒲生駅は車で行くとUターンするスペースもなく、民家の庭先を拝借することになる。


あしたぼくはどこかへいきたい op.6」~ F8・SS1/200・ISO100・C-PL ~


あまりの暑さにじっくり撮ることをせず手持ち撮影。駅の真後ろのは民家、前は畑とレールを意識すると構図が難しく近々撮り直しをするかも知れない。


昨年から現在不通となっている会津川口駅から只見駅間の六駅を撮ってきたが、度々書くようにの電源開発専用線にある各駅‥いや、待合室といった方がよさそうな家屋、朽ちていく様が尚のこと寂しさ募る。併し不通区間の復旧が決まり、あちこちでそれに関した工事が始まっている。


会津蒲生駅撮影後、金山町に戻り下りの二便目などを撮影したが、三日続いた03:00起きと暑さで気力は減退し撮影意欲も急降下。従って無理せず滝谷駅などを回り岐路に着くが、何故か会津坂下町から裏磐梯方面へ舵を切る。


裏磐梯の気温もそんなに変わりがないが、湖沼沿いは風があって体感温度は低いように感じる。そんな木陰の涼しい場所に車を停め暫し休息。そして上画像の耶麻郡北塩原村大字桧原字曽原山の曽原湖畔を日没時に撮影をした。


夏の空には何かある」~ F8・SS6・ISO200・C-PL ~


夏になると思い出したように撮る場所。折からの三連休で裏磐梯はキャンプ客で賑わっている。この画像の右側もキャンプ場で子供達のはしゃぐ声が聞こえ、バーベキューの匂いが漂う‥と、画像とは不釣合いな状況だったりする。


明暗差がある場合HALFNDを使うが、この構成では使えない。よって完全に陽が落ち周囲の明暗が落ち着く時間帯を待つ。背景の夕空が白トビを起こさない露出を選択、どうしても暗くなる手前側の桟橋や樹木の明度を補正する。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


大沼郡金山町 ”民宿食堂 おふくろ”

ここのところ店の前を通りながら昼のタイミングが合わずだったが、久々にカツカレーミックスラーメンが食べたくなり半年振りの訪問となった”民宿食堂 おふくろ”。

店舗前の駐車場が狭いのが難点だが、開店30分後に到着してみると上手い具合にちょうど一台分が空いていた。

メニューは各種ラーメンと定食、カレー、カツ丼になり、各種ラーメンとのセットが豊富に揃う。併しながらこのセットものは今まで食べたことがなくその内容は不明。

店内は小上がり四~五人席×三卓、テーブル四人席×二卓、カウンター四席。テーブル席の一つには囲炉裏があり冬季はスミが焼べられております。

カツカレーミックスラーメン @1.000円


初めて見る人は意味不明でさっぱり分からないと思うが、丼底からご飯→ラーメン→カレー→カツと重なる。特筆すべきはスパイシーでコクがあるカレーの美味しさで、カレー単体並びにカツカレーなどもかなりイケマス。
カレーが餡の役目となりなかなか冷めないラーメンスープ、そしてその熱さがカレーの辛さと相俟って、暑い夏にも寒い冬にも食べたくなるB級グルメの逸品であります。

麺は食べ応えのある中太ストレート。ご飯はスープ及びカレーと共にレンゲで食べるようになるが、予ねてよりご飯は別茶碗で‥と、思っていながらいつも忘れてしまう。でもそうなるとカツカレーラーメン @950円+ライス @250円=@1.200円と、ご飯の量が多くなり価格もお高くなってしまうのかなぁ‥。


大沼郡金山町大字川口字下町601 不定休


大沼郡三島町 第一只見川橋梁

03:00起きで出勤前に大沼郡三島町大字川井字天屋原、”道の駅 尾瀬街道みしま宿”脇の只見川ビューポイントへ行ってきた。実は先月の29日(金)と昨日も行ったのだが、川霧が全く立たず今季三度目となる。

上画像は29日の状況。全体的に霞みがかった下画像は昨日のもの。なぜ平日に行くかと問われれば、平日の上り始発である422Dは四両編成になるからです。

今朝は柳津町の瑞光寺橋に霧が掛かり期待が高まるが、三島町に入ると霧は無くなる。それでもビューポイントに登って見渡せばそこそこの常態であった。

上流の第二橋梁側から流れて来る霧も良い感じであったが、車両通過時刻が近づくと次第に薄くなり、結果として今回も思い描くような画像とはならなかったものの、取り合えず暫定的にupすることにした。因みに下の動画は07/12のものです。


夏 爽」~ F8・SS1/200・ISO400 ~


山々を覆うほどの川霧の場合、大抵の天候は曇りで暗い環境となる。その際はISOや絞りで露出を調整するが、今朝はISOをやや上げての撮影で間に合った。思い起こすと昨年一昨年と相性が悪いのか、第一橋梁では目を見張るような川霧に出会えない。


おそらく県内の各高校は来週末辺りから夏休みになり、そうなると約一ヶ月ほど四両編成の車両は姿を消す。従って来週中にまた行きたいのだが、ビューポイント最上段までの登りが毎度きついです。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


大沼郡三島町 第三只見川橋梁+etc

14日(土)、03:00起きで大沼郡金山町方面へ向かう。今回は何処を撮るといった計画は立てず、行った先の霧の出方で決めることにした。

取り合えず国道252号線で大沼郡三島町から金山町の大志集落まで行ってみるが、山霧は出ているものの川霧となると第四只見川橋梁付近に僅かといったところであり、その山霧を構図に撮り込むべく俯瞰ポイントへ登る。

白 雨」~ F6.3・SS1/160・ISO400 ~


いつもの大沼郡金山町大字水沼字沢東からの眺めだが、どうもイメージする川霧に恵まれません。これで川面を這う霧があれば言うことなしなのだが、自然は思ったようには行かないものです。車両は上りの始発となる422D、橋梁通過は05:40頃。やや強い雨が降っているのでカッパを着用し傘も使用する。


続いて大沼郡三島町大字早戸字湯ノ平の霧幻峡はどんなものだろうと向かってみるが、川霧は皆無だった。従って霧幻峡から県道237号線で沼沢湖へ向かい、途中の登坂で早戸温泉郷を俯瞰で撮影。


早戸郷」~ F8・SS1/60・ISO200 ~


雨は止まず傘を差しながら山間を流れて来る霧を待つ。早戸温泉は二件の宿があり、宿前の道路はいつも往来している国道252号線。五分ほどで霧が山々を覆い、如何にも奥会津といった景観になる。因みに宿の左裏側は只見川となり、この一帯を霧幻峡と称する。


県道237号線から下った大志集落も一度目と同様に霧は出ておらず、大志集落を通り抜ける下り始発列車の撮影に切り替える。


一番列車がやって来る」~ F8・SS1/250・ISO500 ~


会津中川駅07:57発の下り423Dを国道252号線上から撮影。通過前は具合良く背景の山々を霧が覆っていたが、結果はご覧のようになってしまった。霧と何かしらの両方を撮るとなると運の良さが大きなウェイトを占め、それこそ最後は神頼みとなるが、いつもいつも上手く行かないので何度も通うことになる。


山の彼方の空遠く」~ F8・SS1/50・ISO200・C-PL ~


先週も撮影した「あしたぼくはどこかへいきたい」の五駅目を撮るため只見町へ向かう。その途中、第六只見川橋梁近くの只見川で撮影。紅葉時に撮る予定であってが、昨秋はすっかりと忘れておりました。Main Blogでの住所の記載を大沼郡金山町大塩大字田沢としたが、これはちょっと不明。位置的には会津大塩駅の真裏になる只見川沿い。


時折り川霧が立つが、中途半端なのでそれらはボツとした。言い換えれば岩々が隠れるほどの立ち方じゃないと面白くないといえる。


こんな所に駅があるのか‥と、民家脇の細い道先にある会津塩沢駅。住所は第八只見川橋梁すぐ傍の南会津郡只見町大字塩沢字上田。先週も書いたが会津三島駅と只見駅間は電源開発専用線を旧国鉄が買い取り、区間内の六駅は簡素な作りでホームは一両分のみとなりトイレもない。


あしたぼくはどこかへいきたい op.5」~ F8・SS1/200・ISO200 ~


会津大塩駅は線路が夏草に隠れてしまっていたが、当駅は今季刈られたのだろうか、ご覧のような状況だった。ホームにある駅名標、他駅では錆びてしまったものが多いが、当駅は旧国鉄時代のものと異なるまだまだ新しいものだ。


今回は小雨模様につき手持ちでの撮影。様々な方向から撮ったが、レールと駅名標が一番良く確認できる本画像を選んだ。


只見町から金山町へ戻る。先週の夕方に撮った大沼郡金山町大字水沼字沢西、国道252号線水沼橋からの第四只見川橋梁。上り428Dが通過する12:41前頃から川霧が流れ、此処で待機することにした。


川霧の穏流を渡る鉄の路」~ F8・SS1/250・ISO250 ~


午前中の撮影では霧のタイミングが合わなかったが、最近になくイメージに近い内容となり、更に明るい時間帯なので見晴らし感も良いように感じる。従って先週upした画像は削除するが、毎回毎回稚拙で暫定的な内容であり、この「深 遠」も先はどうなるか不明。


続いて428Dを追い掛け上画像の第一只見川橋梁や会津西方駅、そしてまた第四橋梁に戻り俯瞰ポイントから14:00~15:00代の上下車両を撮ったりと、この日は第一橋梁と大志集落を三往復するものの、川霧の出現は再度寄った霧幻峡でも弱かった。


併しながら帰路の途中、大沼郡三島町大字早戸字下ノ原の第三只見川橋梁付近にて山を覆うほどの霧が出ていることを確認、直ぐに車を停める。第三橋梁付近での霧の発生はあまり見ることが無く、ラッキーなことかも知れない。車両は18:27頃通過の下り431D、通過の30分ほど前はご覧のようになかなか良い感じの光景だったが、通過10分前になると完全にホワイトアウトとなりかなり気を揉む。


夕 帳」~ F5.6・SS1/160・ISO1000 ~


結果的に霧は流れて少なくなったが、ホワイトアウトで撮れないよりは断然良い。暗いのでISOと絞りで露出を調節、その暗さにより川面には車内の灯りも写っている。レタッチで明るめに補正も可能だが、敢えてアンダーのままとした。


立ち位置は国道252号線の高清水スノーシェッド内から。今迄はこのスノーシェッドに登り撮影していたが、今春景観を遮る雑木が伐採され手軽に眺めることができる。


さて今回は一挙に七画像をup。通常は多くても四画像だが、これは夏季シーズンの奥会津の景観の良さと懐の深さだと思う。とはいえ先に書いたように常に暫定的な画像ばかりであり、後に削除することが大いに有り得る。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。

南会津郡只見町 ”美好食堂”

二ヶ月ぶりの美好食堂、次回はチャーシューメンを‥と、書きながらまたもやソースカツ丼をオーダー。というのもピリ辛の食感をまた食べてみたいと思った次第。

前回も書いたようにやや高いと感じる価格設定。特にラーメン専門店でも900円前後となるチャーシューメンが1.000円だったり、ヤキソバの900円も内容が気になる。

店内はテーブル二人席×四卓、四人席×一卓、小上がり二人席×ニ卓、六人席×ニ卓。火災により再建された店舗なので新しく綺麗です。

ソースカツ丼 @1.000円


先に書いたようにピリ辛のソースだが、それを知らずに勢いよく食べ始めるとご飯の熱さと相俟って咽るようになる。いや、知っていても時折り咽て咳き込むことがあるが、これが後を引くというのかクセになる味わいだ。またネギのみの味噌汁は個人的に好きな味わいで浅漬けの漬け物がまた良い。

柳津町”つきみが丘町民センター” のソースカツ丼のようなトロッとした玉子焼きではなく、薄く硬めに焼かれた玉子焼きが乗っており、艶やかなソースと肉厚なカツに合います。カツの厚みは1.5cmほどで肉質は脂身や筋っぽさがなく柔らかい。


尚、各食事にはサービスでコーヒーが付いてきます。が、老夫婦二人で切り盛りする店であり、忙しい時は食事を終えてもなかなかコーヒーが出てきません。そんな時はコーヒーを待たずに退店した方が良さそうです。


南会津郡只見町大字只見字宮前1329 月曜定休