大沼郡金山町 第四只見川橋梁

大沼郡金山町大字水沼字沢東からの第四只見川橋梁俯瞰、イメージ通りに行かず今秋は懲りずに五度目の撮影となり。ワンシーズンにこれだけ同じ場所に通うことは最近なかった。四回目の縦構図を除いて全てボツとしたが、その原因を色々と探ってみたい。


まず最初にこれだけ通う理由は見晴らしの良さということになる。春は新緑、夏は川霧、秋は紅葉だが、夏は早朝だけの自然現象なので逆に諦めが肝心とも云える。

ニ画像とも12:40頃通過の上り428D。今年の紅葉は早いと云われたが、奥会津の紅葉は例年通りとなり一気に色付かない様子はタイミングが難しい。
10/27の上画像は左右の山に輝度差が生じ、最初から諦めムードの撮影だった。翌28日は曇り空でフラットな光線であったが、淀みというかくすみに全体が冴えず、車両の存在さえ気付かないような空気感。このくすみに今秋はずっと悩まされる。

11月になり陽が高い時間帯となる428Dを避け、14:45頃通過する下り427Dを撮る。併しながら前々より書いてるように、夏の暑さからか色付く前に落葉する木々が多く山々の景観が良くない。
11/02の上画像、陽射しはフラットだが先に書いたくすみ感が残り、レタッチで除去するも山々の彩りはまだまだ少ない。一週間後の8日となる下画像では落葉が始り、山々に凹凸感が生じて好みの表情になってきた。但し肉眼ではそこそこフラットな光具合であるが、撮ってみると左右の山々に輝度差が生じていた。


この日は15:35頃通過の上り430Dも撮ってみる。この時間になると陽は傾きくすみ感もなくなってきた。縦構図で撮影、現在もMain Blogにupしてある。


秋ヲ見送ル op.2」~ F9・SS1/160・ISO500 ~


という訳で五度目の画像。撮影は11/14、車両は最初の二回と同じ上り428D。まだ陽が高い時間帯であるが、天気予報によると会津地方は曇りのち雨の絶好の機会。現場に着くと時折りポツリポツリと雨が落ちてくるものの、陽射しを遮る雲はフラットな環境を作り空気のくすみ感も少なかった。紅葉はほぼ終わりといった景観だが、冴えない色合いよりこの趣きが好みだ。


実は昨年の11/15にも同じような環境で撮影を行った。つまり個人的な好みとして秋の第四橋梁は11月中旬の落葉した景観と曇り空、及び空気感が良いということになり、早々と晴れた日に撮影しても気に入らないということかも知れない。
因みに四度目までは紅葉の色合い、輝度差、空気のくすみ感などレタッチをそれ也に行ったが、五度目の今回は明暗と彩度のやや+補正のみであり、撮影時の環境が重要だと改めて気付く。またタイトルは昨年同様とした。


第四橋梁の左手前には水沼集落がある。この画像は11/15に撮ったもので落葉しだいぶ見晴らしが良くなった。紅葉がまだまだ鮮やかであった11/02に撮影した画像があり、追加画像でupする。


小さな小さな秋」~ F2.8・SS1/80・ISO200・C-PL ~


色付く山から見下ろした民家、郷愁感に惹かれ撮ってみた。風景ばかりだと絞り解放で撮る機会はなかなか無いのだが、言い換えると私的にはあまりない内容かも知れない。民家の屋根の照り返し除去でC-PLを使用、絞りやピント位置を色々変えて撮ってみるが、絵画的な印象となった本作をupした。


民家の周囲にはビニールシートや生活雑貨がありそれらは除去。全体の明度を+補正し民家周辺のコントラストをやや+補正する。


雪が積もると撮影場所が限られる只見線。その時は国道252号線新宮下橋から見下ろす会津宮下駅近くの橋梁を撮ろうかと思いつつ、今秋最後であろう只見線撮影を終える。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


二本松市郭内 霞ケ城公園

13日の月曜は自宅周辺にも霜が降り、週中を予定していた二本松市郭内三丁目の霞ケ城公園へ落葉の様子を見に行く。

公園内では現在二本松の菊人形が開催されている。風が些か冷たいものの、今朝の寒さは解消され青空が広がった。お目当ては毎年恒例の洗心亭裏手からの撮影。数日前に訪れた際はまだまだであったが、霜が降って一気に落葉が進んだようだ。併しながらこの陽射しでは撮影にならず、近所ということもあり午後から出直すことにした。


因みに洗心亭とは茶室であります。


・・・二本松城(霞ヶ城)城内の庭園内に複数もうけられた茶室の一つ。城郭由来の建造物、県指定文化財の茶亭として明治時代に再移築されています。元は城内の庭園にあった茶室の一つ「墨絵の茶屋」です。
天保8年(1837年)の山崩れで、墨絵の茶屋がこわれたため、これを阿武隈川河畔に移設し、藩主の釣茶屋とした利用されました。藩主の釣茶屋となっていたのを後に現在地に移し「洗心亭」と名づけられました・・・


15:00頃に再訪、朝と異なり多くの人が訪れていた。そして陽は西に傾き良い感じとなっていた。個人的に紅葉は日陰が好みであり、ちょい暗い環境下の濃い色味を求める。
霞ケ城公園の紅葉が終わると中通りはほぼ終了となり、いよいよ浜通りへ移行する。今週末はいわき市八茎にある滝を予定しているのだが、果たしてどんな塩梅だろうか‥。


暮 秋」~ F8・SS1/30・ISO200 ~


毎年同じ時期にほぼ同じ構図で撮った画像を眺めると、枝が伸びたとか何かが無くなったとか色々なことに気付く。この数年では萱葺きの状態が劣化し、一昨年は一部がビニールで覆われ撮影が出来なかった。


画像右下には建物に取り付けられた火災報知機や消化設備があり、構図内に入らないようフレーミングするが、加えて暗めの露出で隠している。その暗めの露出により紅葉の色合いが映え、更には全体的に夕暮れ特有の空気感、湿潤性が表現されたように思う。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。

会津若松市河東町 ”十文字屋”

国道49号線、会津村入り口にある十文字屋。以前はJR磐越西線堂島駅、県道33号線沿いの店舗であったが一昨年だったか現在の場所に移転した。

撮影や会津に行った際は旧店舗ともどもその前は通っているのだが、時間が合わず今まで入店したことはなかった。現在の店舗は会津村の飲食ブースであった建物。

メニューはソースカツ丼をメインに各ラーメンと三種類のセットになる。店内は飲食ブースであった為、小上がりや座敷など団体客にも対応出来る作りでかなり広いです。
私は名物の磐梯カツ丼、サマオクはラーメンとミニヒレカツ丼のAセットを注文。厚いカツは出来上がるのにそれ也の時間が掛かります。

磐梯ソースカツ丼 @1.200円


かなり大きく厚いロースカツが四枚、正に磐梯山を連想させるビジュアル。併しながらこの種のカツは筋っぽさや固さが一番気になるところでもある。という訳でかぶり付くと固かったです。柔らかい部分もあるのでスジ切りが足りないのかちょっと食べ辛い。更にコロモが簡単に外れてしまい、肉とコロモを別々に食べるようになってしまう。


ソースは甘めの食欲が進むタイプだが、煮込みが足りないからかソース自体の味が残り、更に何らかの香辛料の風味が気になった。

店内各所には持ち帰り用のパックや袋が置かれ、それらは無料であることに好感が持てる。私は二枚を食べ二枚を持ち帰った。

サマオクが注文したAセット@950円のラーメン、ミニヒレカツ丼は写真を撮り忘れました。さてそのラーメンだが、丼にスープの灰汁らしきものが付着しているなど見た目からして悪印象。喜多方ラーメンと称されるように醤油ながら塩をベースにしたスープははっきりいって不味い。
例えるなら劣化したやる気の無い喜多方ラーメンといった感じだ。十文字ラーメンなどはまた別なのかも知れないが、セットのラーメンとしてもちょっと酷い。


因みにミニヒレカツ丼のカツは柔らかかったようです。また磐梯ソースカツ丼に付くスープもこの不味いラーメンスープとなり飲む気が失せました。再訪するのであれば、量も食べられないので柔らかいヒレカツ丼 @1.100円が良いかもだが、個人的な意見として無理に行く内容ではないと思った。


会津若松市河東町浅山字堂ヶ入丙1602 不定休

いわき市小名浜 ”ラーメン・ノア”

小名浜町内の狭い路地にあるラーメン・ノア、前々より二郎系ラーメン風を提供すると聞いてはいたが、今回初めて食べてみた。

古い建物を使用した店舗、看板は小さく見逃してしまいそうです。車は店舗前に三台、裏に数台置けるスペースがある。

何故か小名浜のラーメン店は食券方式が多いけど何でだろ。中華そばと味噌、そしてつけ麺とまぜそばがあるが、お勧めは二郎ならぬ詩郎ラーメンであります‥とかいいつつ、未だ二郎系ラーメンを食べたことがありません。


小が一般的ラーメンの量ということなので、並盛りをオーダー。トッピングが色々あるようだが、毎度書いているように食券方式だとゆっくり眺める余裕がないので今回はパス。

店内はカウンター三席、二人席×三卓、六人席×ニ卓。床のカゴは服や手荷物を置くためのものだろうか。カウンター席に座ったので調理具合を見ることができた。厨房には男性が二人、モヤシは一袋毎になっており野菜倍盛りの際は二袋使う。開店直後、男性二人の動きが噛み合わなかったが、増え始めた客足に比例しスムーズになってきた。

詩郎ラーメン 並 @830円


ビジュアル的に量が多く見えるが、それは野菜‥と、いってもほぼモヤシになる。その野菜はボイルされたものであり、塩気がないためスープと絡んで食べるようになる。つまりコッテリ系と記されたスープは野菜と相俟ってだいぶ中和された味わいになる。

麺は極太であります。加水率が低いのか私からするとバリカタでなかなか喉を通らない。かといって低加水麺特有のスープを吸収しやすいといった感じもない。チャーシューは昨今流行りのとろけるタイプとなり、味付けはちょうど良かったです。


ニンニクが利いておりこれが最後まで後を引き、気が付くとスープをだいぶ飲んでおりました。後から知ったのだが細麺も選べるようなので次回は細麺、ないし麺柔らかめにチャーシューをトッピングしたい。


いわき市小名浜横町9 水曜日・毎月最終火曜日定休

新蕎麦、堪能しました

私の住む町内では数年前より休耕田を利用、蕎麦を栽培するようになった。そして秋には蕎麦祭り、冬には年越し蕎麦の予約販売をする。

という訳で昨日の蕎麦祭りへ行ってきました。町内に住む人には一軒一枚の食券が配られる。因みに食券は前売り 大人1.000円、当日 大人1.200円 子供500円で食べ放題だ。

会場の住民センター。11:30頃に行ったがそんなに混んではいなかった。

住民センターには座敷席とテーブル席があり、腰痛持ちの私でもOK。蕎麦は右側の壁際テーブルに置かれてあり、各自自由に取りに行く。冷たい蕎麦は常時置かれてあるが、温かい蕎麦が無いときは厨房に声を掛けると直ぐに出てくる。

一枚及び一杯は店で食べる量の半分ほど。温かい蕎麦は山菜と揚げ玉が乗っている。ツユは毎年創味のつゆが使われており、素人が下手に作るより高価な分だけ美味いです。蕎麦は喉越しの良いニ八、たまに十割が食べたいと思う時があるが普段はこれでいいです。


8日にupした南会津町”そば処 曲家”の蕎麦もそうであったが、新蕎麦特有の香りを何故か感じない。併しながら仄かな緑色の新蕎麦は美味いです。私は冷たい蕎麦を六枚、温かい蕎麦を二杯頂きました。