西置賜郡飯豊町 白川ダム湖岸公園

七日の日曜になるが、04:00出発で山形県西置賜郡飯豊町大字数馬の白川ダム湖岸公園へ行ってきた。同地はほぼ一年前に続き二回目になる。

以前も書いたが、日が長くなると暗い内に家を出ても遠い所は日の出前に着くことは難しい季節となった。

雪解け水でダム湖が満水になり、浸水する芽吹いた木々がこの季節の風物詩。既に多くの方々が撮影に訪れている。上画像、北西側の湖岸はキャンプ場になっており、彼方の尾根は福島県と新潟県そして山形県に跨る飯豊山。

撮影を終え、県道四号線を北上すると猿の集団が多数出没していた。ある程度距離を詰めるとサッと逃げてしまう‥というか、絶対食料などを与えてはいけません。


時こそ今は新樹萌ゆ ①」~ F8・SS1/25・ISO100・C-PL ~


時こそ今は新樹萌ゆ ②」~ F5.6・SS1/80・ISO200・C-PL ~


昨年は曇り空だったため、色彩が優れずBlogには一時upし後に削除していた。と言いつつ、到着時は朝の斜光線が射し込む訳でもなく、なかなか難しい被写体だと改めて実感。今回の二枚は何れもC-PLを使用、反射を抑えるのではなく加算する側の効果としている。撮影は湖岸道路から、①は光が横、②は太陽が60°位の角度になる。


レタッチは水面に写る木々のコントラストを+補正、①の水面の色合いのブルーを+補正。全体に明暗調整を行い、加えてボカシ、彩度などを適度に+補正する。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。