喜多方市熱塩加納町 日中線記念館

喜多方市熱塩加納町熱塩字前田丁にある日中線記念館。詳しくは「Wikipedia」を参照頂くとして、一年前に記念館内にある”オハフ61形2752号客車”の画像をupした後、日中線の記事を掲載しようと思いつつ文章がまとまらない状況だった訳だが、イメージする事柄もあり今回も撮影先行で行ってみる。

この佇まいが何とも言えません。桜の季節はライトアップが行われているようだが、毎年その頃になると忘れてしまい未だ見たことが無い。

記念館内部は自由に見学できる。数年前は淹れたてコーヒーが自由に飲めたが、現在は100円を缶に納めます。私は詳しくないので分からないが、様々な展示物があり記念切符も販売されている。因みに係員は居たり居なかったりだ。

キ287・キ100形貨車(単線用ラッセル式除雪車)とオハフ61形2752号客車。高校の頃はこの客車に乗って通学しており、初めて此処で見た時はとても懐かしかった。


Wish You Were Here ①」~ F8・SS1/30・ISO200 ~


Wish You Were Here ②」~ F8・SS1/30・ISO200 ~


①②とも結果として同露出。内部を明るく撮ると窓の外が真っ白になってしまう為、暗めの露出で撮影の後、内部を明るく補正するレタッチ前提の方法。昨年の作品と同様に客車内部だけだが、先に述べたイメージとは人物を配置することであり、モデルを心の中で秘かに応募したものの、結果として誰の名乗りも無く私もサマオクも嫌々ながらサマオクを使うことになった w


①のカラー画像を見て頂くと偶然ながら座席とモデルのシャツの色合いが同じで、何かしらの物語性が生まれたような気がする。また床に藁のようなものが落ちており、当初はレタッチで削除しようと試みるが、そのままの方が良いと判断した。言い換えると撮影の際に気付いて掃除するのが本当だと思う。構図として②はシンメトリー、①は目線が外にあり、カメラを左に傾け少しばかり窓を残してみた。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。