伊佐須美神社 あやめ祭り

大沼郡会津美里町宮林甲の伊佐須美神社外苑「あやめ苑」では毎年06/15~07/05にあやめ祭りが行われる。150種10万株と云われるが、その辺りのことはさっぱり分かりません。昨年も訪れたが様々な催し物や露天などなど結構な賑わいとなり、昨日の土曜日、実家の義父母などなど総勢七名、車二台で出かけた。

数年前、伊佐須美神社は火災があり本殿が消失してしまった。左画像は仮本殿となり右画像が再建予想図となるのだが、再建寄付金を募る行為がかなりしつこくこれじゃウカウカお参りも出来ず、町の観光協会に苦情を申し出ることにした。

祭りの初日でもある為か各ローカル局の取材が多く、カメラを持つ私を撮らせて欲しいと云われたが残念ながら番組ではカットされてました。そして咲いているあやめの数はまだまだこれからであった。

昼食は下調べをしておいた近くの生江食堂へ。行ってみれば行列となっていたので味の方に期待する。私が注文したのはソースカツ丼であるが、特に美味い訳でもなく家人が頼んだラーメン系は煮干の味が強く期待外れであった。

美里町より下郷へ向かう予定の途中、左下観音と芦ノ枚温泉駅に立ち寄る。芦ノ枚温泉駅には「ばす」という名の名誉猫駅長がいる。行った際は勤務を終えた後で触れても起きぬほど完全に熟睡しておりました。電車が停まりその停車時間は10分、つまり乗車客に猫駅長を見せるための長い停車時間なのだが、流石は第三セクターというか粋なはからいの会津鉄道だと思った。


風に語りて - Talk to the Wind -