福島市飯野町 石畑地区の彼岸花

仕事でいつも通る県道307号線沿い、飯野町明治字石畑地区に咲く彼岸花。この場所は旧い墓石とのコラボがフォトジェニックであり毎年撮影を行っているが、いざ撮るとなると構図がとても難しい。

毎年花の量や咲く位置が異なる、そして背景の大きな柿の木の捉え方などが構図を難しくする一因になっている。数年は上画像の構図による撮影が続き、些か飽きてきた感もあり、従って今回は正面からのフレーミングを行い夕暮れを待つことにした。

撮影地から見る県道307号線。いよいよ稲刈りが始まりました。週末は多くの田んぼでこのような光景が見られるだろう。
さてこの墓地の彼岸花は檀家の方か近所の方かは不明だが、茎につぼみを持つ前の彼岸花も含め一帯の草刈りを行っている。つまり花が咲く時期は周囲より若干遅いものの、雑草の少ない景観が尚のこと目を惹く。


今日ハ我ヲ野辺送リ」~ F10・SS1・ISO200・HALF ND8 ~


撮影は21日の17:50頃、夕暮れを待つ理由は彼岸花の持つ妖艶さの表現だが、毎年ここでは思い描く夕景に出会えない。それでも空には赤味があり後のレタッチを想定し撮影する。空と彼岸花の輝度差はHALF NDを使用し解消、空が白トビを起こすギリギリの露出としたが、風があり柿の葉にブレが生じるため、数枚撮ってブレの無いものを選んだ。


先に書いたようにレタッチは空のグラデーションを補正から始めた。明度を下側から段階的にやや+補正、彼岸花の花、茎の明度、色合いを整える。個人的に彼岸花には毒々しいイメージがあり、そんな感覚で捉える・表現した内容です。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


風に語りて - Talk to the Wind -

久慈郡大子町 ”屋台ラーメン 醤家”

個人経営のコンビニKONISIYA内にある屋台ラーメン 醤家大子店、五ヶ月ぶり三度目の訪問。その名の通りコンビニの片隅にある屋台風の店作りが面白い。

ちょうど昼時となり10席ほどのカウンターは半分が埋まっていた。

醤油ラーメンがメインとなるメニュー、今回は期間限定のカレーラーメンがあった。

毎回楽しみはガルパンの戦車、並びに大戦機のプラモデル。子供の頃から二十歳代は戦車模型を作り、そしてサバゲーをやっていたのでかなり興味があります。

醤家チャーシュー三枚のせ+大盛り @650円+120円。


竹岡式と云われるチャーシュー煮汁を麺の茹で汁で割るスープは色濃く、醤油の香りが漂う。そして見た目同様、一口目はしょっぱさが口内に広がるが、次第にスープに浮かぶ玉ねぎの甘さが上手く調和する。チャーシューは厚みがあり次第に染み出す煮汁が◎です。

麺に関しては以前の二回とも、舌の上に乗せるとちぢれ具合が確認でき噛めばプツっと切れスープがよく絡む‥であったのだが、今回は然程ちぢれておらず、プツっと噛み切れる食感もなかった(赤く写っているのは提灯の反射です)。
これらは湯で加減の問題か否かは分からないが、先に書いたように醤油によるとてもシンプルなスープ故、時として飽きることがあるかも知れない。三回目となり些かそんな感想を持った次第だが、ストレートな味わいは忘れた頃に再び食べたくなるだろう。


久慈郡大子町下野宮1589-2 月曜/第2・4火曜定休



風に語りて - Talk to the Wind -



久慈郡大子町 奥久慈茶の里+etc

台風がやって来そうな三連休、私は雨が降り出す前の16日土曜だけが休みなので、何気に見たくなった久慈郡大子町袋田の袋田の滝へ行ってみる。

気付けば四年ぶりの訪問、セコイ話しだが08:00前の入場は無料なので毎回そうしている。当然ながらエレベータを使用する第二観瀑台には行けないが、個人的に第二観瀑台からの眺めはあまり好みではない。

下流への流れが少なく懸念した通り水量は通常の1/3程度だった。取り合えず広角レンズを持参したので撮るには撮ったに留まり、日を改めてまた来てみたい。

続いて「04/05」以来になる常陸大宮市岩崎の道の駅”常陸大宮~かわプラザ~”へ向かう。此処は整備された竹林があり、今頃はどんなものかと行ってみたのだが、手入れがされており雑草は少ないものの色合いや景観は芳しくない。加えてやぶ蚊の襲来で長居できず、従って04/05に撮影したものをupする。


まほろば」~ F8・SS1/125・ISO200・C-PL ~


まほろばとは「素晴らしい場所」「住みやすい場所」といった意味となり、私の知る限り福島県内に整備された竹林は見当たらず、此処では「素晴らしい場所」ということになる。


春の陽射しは柔らかくて良いです。竹林や歩道に強烈に主張する色合いもなく、穏やかな光景をずっと眺めていたような気持ちになった。レタッチはそんな色合いの彩度を-補正、日当り部分の明るさを補正し、全体的にコントラストを調整した。
上部の白い空が気になりそれが今までupしなかった理由だが、彩度を控えめにしたことで解消されたように思う。


この日は袋田の滝のほか特に何処を撮るといった予定がなかったが、道の駅で久慈郡大子町大字左貫の彼岸花の情報を得た。因みに左貫は奥久慈茶の産地で此処を通り栃木に抜けたことがある。

県道205号線沿い、ないし横道に入った田んぼの脇々に咲いている。地元の方曰く今年は雨が多かったのか開花が早かったようで、既に色褪せた花も見受けられる。それにしても茶畑と彼岸花のコラボは初めて見ました。

さて彼岸花の撮影、実は苦手であります。というのもS字に並ぶような動きのある形状なら良いのだが、一直線に並んだ形状はどう捉えて良いものか毎度悩む。左貫の彼岸花は直線または随所に植えられた形状が多く、従って反するように部分的に捉えてみた。


」~ F8・SS1/320・ISO200 ~


偉そうなことを言わせて貰えば、数多く並んだ彼岸花の中から自分也にフォトジェニックな一部分を見つけました。畦道に無造作に置かれたハゼの杭、そして稲穂と彼岸花からなる構成は他に何も要らないと感じた。レタッチは稲穂の色合いをやや+補正、雑草の緑を抑える。彼岸花に関しての補正はない。


帰りは唐突に国道289号線でいわき市へ向かう。台風による暗雲を長露光で捉えようという計画だが、いわき市平薄磯字小塚の塩屋崎灯台へ着いた頃には表情のない雲へと変化してしまい、夜の撮影へと切り替える。時折り砂浜を歩く人達がいるが、歌の通り誰もいない海の季節になってきた。


わたしは夜に海をみる op.6」~ F8・SS555.7・ISO200 ~


人の手によって作られ、今は既に朽ちた防波堤を取り込んだ”わたしは夜に海をみる”の六作目、六作目とはいえ失敗作が多くupした画像は二点だけだったりする。この位置での長露光撮影は初めてとなり、右側からやって来る小名浜港を出港した船舶は灯台から次第に外洋へと舵を取り、光跡がどんどん小さくなってしまうことに気付く。暗い中でのピントや構図の変更は面倒、且つ難しいので小さい光を追うことにする。


露出は約九分、真っ暗であればISOを上げるが、灯台の光が海面を照らすのでイチかバチかISO200で撮影。WBは撮影時4200k、レタッチで更なる青さ表現のため3600kに変更、同時に色合いを整え、長露光によるノイズを除去する。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


風に語りて - Talk to the Wind -

河沼郡柳津町 ”つきみが丘町民センター”

会津B級グルメである柳津ソースカツ丼。キャベツとカツの間に玉子焼きが挟まれ、町内には提供する店舗が数店ある。これまで寺家町甲のすゞや食堂で二回食べたことがあり、今回は公営となるつきみが丘町民センターに行ってみた。

小高い山の上にあるつきみが丘町民センターは宿泊及び日帰りの天然温泉があり、食堂も完備している。遠くには桜風景と只見線で有名な下荒町甲の月光寺が見える。

スリッパに履き替え食堂は入って右側、四人用テーブル十席と奥には座敷があるようだ。メニューは定食、丼もの、ソバ、ラーメン類に加え、各ラーメンとのセットメニューもある。営業時間が一般的食堂としては短い11:30~14:00(ラストオーダー13:30)。

会津柳津ソースカツ丼 810円。


厚みのある肉は準じて脂部もあるが筋っぽさはない。先に書いたすゞや食堂のソースカツ丼と大きく異なるのは玉子焼きの形状。こちらはトロトロの玉子焼きになりソースと相俟り一部が液状化、それが丼の下部に浸透しキャベツがふやけてしまっている。ご飯も同様に汁気が多く、ソースカツ丼でありながら煮込みカツ丼のような感触は各々好き嫌いがはっきりしそうだ。


しょっぱいソースが多い会津ソースカツ丼だが、ここでは玉子焼きの甘味と調和しているのかそれ程のしょっぱさは感じない。個人的意見として玉子焼きはすゞや食堂のしっかり焼いたタイプ、加えてカツとソースはつきみが丘町民センターの合体丼を希望したい。


河沼郡柳津町字諏訪町甲61-2 無休


風に語りて - Talk to the Wind -

河沼郡会津坂下町 会津坂下駅+etc

目は覚めるが早朝より出掛ける気力が湧かない今日この頃、只見川の川霧も終わりなので早朝から出掛ける用もないのだが、そんな訳で昨日の土曜は06:30に家を出た。

まずは国道252号線沿い、河沼郡柳津町大字細八字大巻のソバ畑に向う。小規模なソバ畑ながら背後には只見線が通っている。予定では会津坂本駅上り09:41発の426Dを撮るつもりであったが、到着すると踏み切りの警報音が鳴り出し下り08:40発の425Dを手持ちで撮影する。因みに下の動画は426D。


新涼爽花」~ F8・SS1/250・ISO200 ~


先述したように到着間も無く車両が近付き手持ちによる撮影であった為、構図や露出を即座に決定した内容。装着しいていたレンズが標準ズームであり、本来は中望遠域が適していたかも知れない。


天候が良すぎで車両に輝度差が生じレタッチにてその差を解消、また全体的に刺々しさがあり弱めにソフト加工する。WBは4600kに変更、加えてソバの花の彩度を-補正し白味を出す。


続いて今日の目的の一つである大沼郡会津美里町八木沢字七窪の蓋沼森林公園へ向う。いつもは田植え間もない景観を撮っているのだが、秋の稲が色付く頃を待っていた。毎度の立ち位置ではススキが邪魔になりちょっと左側に寄る。


秋ヲ見下ロシテ」~ F8・SS1/400・ISO400・C-PL ~


車両は会津高田駅下り13:30発の427D。毎度悩むのが構図、何処まで取り込むかで時間が過ぎる。約30分後の上り14:07発の428Dでは寄ってみたが、個人的には全体を広々と収めた画の方が好きだ。


色付いてはいるもののまだまだ緑色を残す田園、従って稲の色合い補正を行う。空気にクスミがありC-PLを使用、加えてコントラストをやや+補正し見通し感を改善する。


田園地帯となる会津美里町の只見線沿いをロケハンの後、河沼郡会津坂下町字五反田の会津坂下駅へ向う。幾度となく訪れてはいるが、車両の撮影は初めてのこととなる。

近くには堀部安兵衛誕生の地や中野竹子殉難地がある。駅の左側には春日八郎像が立っており、春日八郎&会津坂下駅といえば”赤いランプの終列車”であります。注:下の画像は春先に撮ったものです。

単線である只見線だが、会津坂下駅では以前上下線のタブレット交換が行われていた。また高校が二校あり通学などの乗降客が多い。画像は上り16:36発の430D。前々より冬季の撮影を行うつもりでいたが、今回はロケハンも兼ねた内容。


下 ル」~ F8・SS1/200・ISO400 ~


線路上の歩道橋から撮影。個人的には下り方面の風景が好みであり、その進行方向の車両となる下り17:36発の431Dを撮る。農家の方が焚き火を行っているのか、良い感じで煙が漂っていたが車両通過時にはだいぶ薄くなってしまった。


夕刻なのでセピア色っぽい画作りを行うが、WBを色々変えてみても思うような色合いにならず、レタッチでオレンジ色のフィルターを使用。もしかすると先の焚き火による青い煙が影響していたのかも知れない。後になって絞りをもうちょい開け、背景をもっとぼかした方が良かったかもと気付く。


夕闇が迫り、前々より稲が実る頃と思っていた場所に向う。それは帰路の途中になる会津若松市河東町八田字漆沢、国道49号線沿いから眺める会津村。田んぼの奥に会津村の旧家を模った家々があり、「新涼爽花」同様ロケハンなしのぶっつけ本番。


ぢいつと黄昏の中」~ F8・SS1/3・ISO200・HALF ND4 ~


初めからHALF NDを装着しての撮影。当初は田んぼと家々を撮っていたが、どうしても会津慈母大観音像のインパクトが強く構図に取り込む。立ち位置の直ぐ後ろは大型トラックなどが次々と通る国道であり、かなりのブレ写真を量産した。


全体の輝度差を補正、夕空の状況がイマイチであり、グラデーションによる明暗を施す。ここからでは観音像の顔の表情が分からず田んぼに降りて行く選択肢もあるが、そうなると全く別の構図となり、田んぼと家々を無視した内容となってしまうようだ。



@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


風に語りて - Talk to the Wind -