耶麻郡北塩原村 桜峠

週明けの雨で既に散っているのでは‥と、期待半分で耶麻郡北塩原村大字大塩字桜峠へ行く。結果的に駐車場からの通路は葉桜状態となり、最下段が半分ほど残っていた。

それにしても風が冷たく、ジャンバーなどを一枚多く着込まないと長居できそうにないほど寒い。一昨年の動画を下にupするが、昨年に続き見頃のタイミングが合わない。

花が半分ほど残る最下段の俯瞰。なるべくボリューム感がある箇所をフレーミングするが、何よりも天候が悪く色合いが映えない。

以上のことから視点をちょっと変えてみようと思い、桜主体ではなく桜峠の峠を連想するような構図を探したところ、上画像の立ち位置を見付ける。


桜 峠 ①」~ F10・SS1/40・ISO200・C-PL ~


桜 峠 ②」~ F8・SS1/50・ISO200・C-PL ~


①を同構図で数枚撮ったが、その中から桜と背景の杉林に一瞬だけ陽が射した画像を選ぶ。②はよくある構図というか記録写真的内容だが、組写真の一部としてupする。その②は先に書いたように色彩感が芳しくなく、明度及びコントラストを+補正すると共に色合いを整える。


昨日の下郷の山桜、そして今日の桜峠と個人的に今年の桜撮影は終わりになった。例年の十日から二週間早く咲き始めた桜に最初は戸惑ったが、何だかんだでいつもより撮影の機会が多かったように思う。特に今年は只見線と桜を撮ったのだが、奥会津や南会津にはまだまだ知らない桜が数多くあり、その景観などなど興味が尽きない。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。