大沼郡金山町 大志集落俯瞰+etc

三日(日)、03:30に出発し耶麻郡北塩原村大字桧原字細野へ向かう。六月になって間もない今時分、山の上に顔を出す太陽の撮影を数年ぶりに行う。

以前の撮影時、桧原湖の水面はこの画像手前の雑草が生えてる箇所にもあったのだが、この数年この時期の水量が少ないような気がする。取り合えず撮るには撮ったが、構図からなにから賛嘆たる内容になってしまった。

続いて先週、悪天候で撮影にならなかった大沼郡金山町尻吹峠からの大志集落俯瞰場所へ向かう。07:00頃到着してみれば、上画像のように下界が全く見えない状況だったが、次第に雲が流れ始めた。この日は先客が二名ほどおり、次々と人が訪れ気付けば数多くの三脚が立ち並ぶ。因みに私以外は全て県外Noで特に関東からの車が多かった。


風渡ル ①」~ F8・SS1/640・ISO200・C-PL ~


風渡ル ②」~ F8・SS1/200・ISO320・C-PL ~


雲が流れ明るい環境となり、ニ画像とも川面及び屋根の照り返し除去でC-PLを使用。特に②は完全に雲が無くなり、コントラストの高い光具合だった。WBは5000kで撮影、結果として抜けの悪い色合いとなり、①上部の雲が白色になるよう現像時にグレーポイント抽出で色調を変更。


②の車両は08:00頃通過の下り423D。この時間帯はレール沿いの杉木立に影が出来るため、車両が上部を通過する画像を選択した。


尻吹峠から大沼郡金山町大字中川字上田面の中川集落俯瞰場所へ降りて来る。車両は先程の423Dの折り返しとなる426D。昨年も同じ場所で撮ったがどうも上手く行かず、再度チャレンジするも田んぼの色合いが悪く再び撃沈する。下に動画をupするが、向かい側の国道252号線から撮った方が画作りし易いかも知れない。


さて前の日は相馬市で夜の撮影、そして翌日は早朝からと三時間ほどしか寝ておらず、暑さも加わり撮影意欲が失せる。従ってかなり早い13:00には帰宅した。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。