東茨城郡大洗町 神磯鳥居+etc

昨日は最後の正月休みとなり、ガラにもなく夏井川下流の白鳥を撮ってみようかと出かけてみたが、イメージする陽光が射し込む訳でもなし撮影は止めにした。
途中此処に来る前、いわき市川前町川前の磐越東線踏み切り付近でいつも気になる廃屋を撮影、地表には霜が降りてとても寒々しい光景だった。


春ハ未ダ」~ F8・SS1/3・ISO320 ~


先を急いでいたので手持ちによる撮影はSS1/3秒などなど、露出は目茶苦茶で等倍で見ると小屋脇の枯れ草にややブレが生じている。従ってBlogへのupを考慮していたのだが、ブレがある部分にハイパスを施し、全体にモノクロ加工を行い彩度を落とす。加えてコントラストと明暗の調整を行い良しとした。


白鳥の撮影を止めて海沿いに出たが、この時点で08:00。時間を持て余しつい最近知ったひたちなか市磯崎町と平磯町に渡る中生代白亜紀層からなる海岸に行ってみようと国道六号線を南下する。此処は12月27・30日と年末に行ったばかりの大洗の隣町になる。

干潮になると岩場がもっと露出するようになるとのこと、詳しくはひたちなか市の「HP」を参照して頂き、平磯町から磯崎町の沿岸に続く切り立った様は一般的に見ることが出来る岩々とは矢張り違う。

年末もそうであったが、子供たちは裸足で磯遊びをする程に今日もかなり暖かい。そして近所の方々だと思うが、自転車でやってきては岩場に降り、食用に岩に付いた茶色い海草を持って帰る。海草名を聞いたのだが失念。


初めての場所なので車を停める場所や立ち居地などのロケハンとなり、夕暮れの具合を見るためにウロウロしていたのだが、夕刻は完全な日陰となり色合いは芳しくない。従って次回撮影の機会があれば、早朝ないし月明かりの夜などが良いと思った。

夕暮れと共に大洗の神磯鳥居に移動。実は30日の夜、休憩で立ち寄った際、海沿いに建つ旅館の照明が海に反射し面白そうだったので、駐車場から遠景として撮影を行った。


さて年末から年始にかけ茨城に通った次第だが、敢えて書くけど茨城の人々のマナーには疑問が残る。この神磯鳥居周辺では見かけないが、平磯町から磯崎町沿岸のゴミの山には驚く。吸殻や空き缶などなど百歩譲っても、中生代白亜紀層を眺めるスポットには平然とテレビも放置されておりあまりにも酷過ぎる惨状だ。


「海鳴りが聴こえる」~ F8・SS8・ISO200 ~


いつもの大洗町”神磯鳥居”。以前、夜に立ち寄った際、海岸沿いにある旅館の照明が波間に反射する様をみて思い立った構図。駐車場からの遠景となり、明るい内に三脚をセットし構図とピントを調整しておく。当然ながら暗くなると波の表情は分からなくなり、数枚撮って海面に反射する照明の様の良いものを選択したのだが、その暗さによりとんでもないことが起こっていた。


それは撮影時にカメラのモニターで見る分には波としての認識しかなかったのだが、帰宅後PCで見ると鳥居と奥の赤い灯りの中央の岩の手前には人が乗った小舟があった。長露光による撮影なのでブレブレで原型は留めていないのだが、レタッチはその小舟を消去、他に鳥居下部の明度を+補正。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。



風に語りて - Talk to the Wind -

昨年の写真

今年も独断と偏見、そして自己満足で昨年撮った写真の中から五枚を選んでみたのだが、「これだ!」というものがない。いや、その時はあったのかも知れないが、時間の経過と共に撮った時の感覚が薄れてしまっており、言い換えれば時間を超越できない内容ばかりと云うことになる。



タイトルをクリックするとフォト蔵の大きな画像(別窓)に飛びます。


■07/04「ラピュタ」大沼郡金山町大字大志字乙越 大志集落


昨夏は川霧を追って大沼郡金山町や三島町に通った。「ラピュタ」は国道252号線から大志集落を望むポイントがあり、只見川から立ち込める川霧で集落が空に浮かぶよう見えた。横構図の画像はよく見るので敢えて縦構図でフレーミングしてみたのだが、一層浮遊感が強調されてたかも知れない。
左下の樹木、これは脚立などで高い位置から撮れば入らないかもだが、見る人によっては存在の有無に賛否両論があり、個人的にはあった方が単調にならず良いのでは‥と、思っている。


■07/25「今日の朝」大沼郡三島町大字川井字天屋原 只見線第一橋梁


七月に第一橋梁の撮影を三度行った。霧は一度目の発生量が多かったのだが、個人的には「今日の朝」のように山々の木々の間から立ち登る感じが好みだ。
時間は朝六時、この時間は上りの一本だけとなり遠くからガタンゴトンと聴こえてくると集中力が高まる。愚生は撮鉄ではないが、おそらくこの緊張感がある意味快感なんだろうと思う一瞬だ。
因みに鉄橋上の車両位置が好みで分かれる所でもあるが、いつも鉄橋中央と右側車両の中央が重なる位置を連写で捉えている。


■08/16「夏、終わりだね・・」いわき市平薄磯字宿崎 塩屋崎灯台


撮影には適さない夏の昼下がり。併しながらタイトルのように秋を思わせる雲が太陽を遮り影が出来ない。遠くには波打ち際で遊ぶ人々がいて、ND400を使った長露光で雲と波、そして人の動き(残像)を考慮しながらシャッターを切った。
要はタイミングの問題なのだが、その瞬間を待つというか捉えることが自分にとっては写真の面白さであり、デジカメの利点を大いに活用しイメージする内容になるまで撮っては確認を繰り返す。


■08/30「秋空は鈍色にして」南会津郡南会津町高杖原


南会津町高杖原の蕎麦畑、二週に渡り訪れたのだが二週とも雨模様となった。九月の関東・東北豪雨では南会津町も被害を受けたのだが、夏から秋へと雨が多く、もしかしてこの頃よりその予兆があったのかも。
撮影した日は重々しい雨雲が垂れ込んでいた。そのままの有り様では単に天候が悪い蕎麦畑となってしまうので、ND400使用で雲の表情を変えてみた。風が無かったので樹木や蕎麦に動きが出ずに助かった。
こうして見ると何等変哲のない写真なのだが、正に自己満足というのか何故か惹かれるものがあり、2015の写真には欠かせない一枚。因みに鈍色とはネズミ色なのだが、個人的イメージによるタイトルです。


■10/04「月を撃つ」いわき市小名浜字渚


九月の中秋の名月と煙突の合成画像。煙突は十月になってから撮ったものだが、撮影中から脳内で月を使った構図を考えていた。蛍の合成などで使用する”SiriusComp”を用いて作画。当初はイマイチ感が先立っていたものの、見慣れたというのか徐々に非日常的光景が良い意味で日常的感覚になってきた。


選択を終えてみれば「月を撃つ」以外は夏に撮ったものとなり、総じて緑色系の光景だ。例年と異なり紅葉シーズンの撮影が多かったのだが、どうもイマイチというかそれらを選ぶことはなかった。
そして今回であれば「ラピュタ」と「今日の朝」を除き、毎年共通していることは長露光による画像が多く、その撮影方法が矢張り好きだということになる。という訳で今年はどんな光景に出会えるか、期待と共に上手く撮影できるか否か技術及び行動力不足による不安が募る。


風に語りて - Talk to the Wind -

謹賀新年

歳の初めにあって今年の抱負なんぞをとよく云われる。昔々、若かりし頃はあちこちの店でおね~ちゃんの手を握り、そしてじっと目を見つめ「君とのふれあい」などと宣ったものだが、その度に「今年も同じこと言ってるぅ~」なんてことが多々ありました w


この年になると対人間の”ふれあい”は面倒なので無理に行う気は無いが、現在のところ写真が趣味なので自然との”ふれあい”は大事であります。でも”ふれあい”というイメージは悪く取ると”馴れ合い”といった趣もあり、自然との”対峙”といった方が厳しさがあって良いかも知れない。


さて抱負とは異なるが、毎年のことながら”誠”の一文字について考えさせられる。戯言のように捉えられるかも知れないが、”誠”とは客観的理法の存在から逸脱して捉えられたとき、”誠実に嘘をつく”、”誠実に人を殺す”という結論にも成り得る。


実は幕末にあって日本中がこの”誠”の意を模索していたとも云える。吉田松陰は自書”将及私言”に、そして儒学者伊藤仁斎は中国の朱子学や陽明学と異なる我が国独自の価値観を見出した。更に明治、哲学者西田幾太郎が著書”善の研究”に於いて、至誠とは真に精神全体(真善美)の最深の要求と述べ、愚生のような俗物には全く馬の耳に念仏状態。


併しながら”自他を欺かない誠実”という”誠”は、先述した如く在らぬ方向へ傾く危険性も顕著であり、理=真の意を追求し加担しなければ、本当の至誠とは未だ彼方に存在するのみである。


風に語りて - Talk to the Wind -

2015/12 撮影記

●12日 いわき市小名浜 三崎公園

「Earth」~ F8・SS1/1600・ISO200・C-PL・Double Exposure ~


三崎公園、潮見台で昼に撮った画像。天候が良すぎある意味撮影には向かない状況であったため、何か面白い方法はないものかと煌く海を二重露出で作画してみた。内容は通常の風景画とMFで撮った玉ボケになる。当然のことながら波と玉ボケの表情がイメージに合致するまでシャッターを切った。


レタッチは歪修正を利用し水平線に丸みを加えた。更に海の青を強調し波間の明度を上げた。個人的に地球儀の一部を切り取ったような画像に見え、そこからタイトルを決めた。


●20日 相馬市岩子+etc

「Blue Sunrise」~ F8・SS1/30-1/80・ISO100・C-PL+HALF ND4・Double Exposure ~


今朝の相馬の空には雲が少なく、太陽の照り返しが無いためか赤味が少ない様相であった。反面空や海はライトブルーの清々しい色合いとなり、先に書いたように新たな景観を見ているようだった。
日の出などの撮影の際、明るめに撮ると太陽が肥大、反対に暗めの露出だと太陽の輪郭ははっきりするが全体が暗くなる。従って実験的にSS1/30秒と1/80秒の二重露出で撮影してみたのだが、太陽の輪郭は甘いが周囲はイメージする明るさになった。レタッチは先週同様に沖合いの重機を除去、空と海の青、そして太陽周辺の赤の色合いと明暗を調整。


「ぬぐい朝」~ F8・SS1/400・ISO100・C-PL ~


撮影地を岩子字坂脇から文字島のある字宝迫に移動、太陽を背に船をスナップ撮影。構図を色々と悩む場面だが、良くも悪くも日の丸構図で撮ってみる。
船のスピードが遅いのでピント合わせは直前でも大丈夫だが、船が目の前を通り過ぎる迄に露出を決めておく必要がある。レタッチは海の色を強調、空の青味を残し全体的にトーンダウンを弱めに行う。


「黄昏と色彩」~ F10・SS1/13・ISO200・C-PL ~


いわき市小名浜へ南下、途中で四倉町八茎字片倉”八茎不動滝”に周るが、撮影は上手く行かず。薄暮時より工場を撮り始める。最近は夜景を撮ることが少なくなり、夕焼け時の空を背景にとイメージしているのだが、なかなか思うように行かない状態。
今回も結局は夕闇が降りた頃の画像をupしたが、特に難しいことは行っていない。周辺とのバランスを考慮しながらレタッチは建物を明るめに調整。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。


風に語りて - Talk to the Wind -

年末年始の休みに入る

昨年は忙しく年末年始とも休みが無かったけど、今年は今日から一月四日までの一週間休める。という訳で今日は自分の部屋と仕事場にある神棚の掃除と正月の準備を行った。

年神様は毎年二本松神社で買うのだが、バイトの巫女さんが可愛いのであります。昨年などは乃木坂46の白石麻衣の如きJKであり今年はカメラ持参で行ったのだが、期待は大きく外れ禰宜様の愛想の無い息子だけで巫女の姿は何処にも無かった。
つまり邪まな気持ちがあると何事もロクなことが無いという、とても有り難い教えを年も押し迫った今頃になって改めて身を持って体験しました w

そして神棚の飾り付けも終わり、明日は日曜にロケハンした鹿島臨海工業地帯へ行ってみるか‥と、考えているがやっぱ片道230kmは遠いよなぁ。


風に語りて - Talk to the Wind -