写真はプリントして写真となる

私というものがこの世に存在しなくなった時、果たして何が残るのだろうか。財産の類は元々ないのでそれらはさて置き、生きてきた軌跡とでもいうのか見送った人々にはどんな記憶が残るのだろうか。


などとふと思ったのだが、大概は個々の記憶の中にその人の生き様や物事の考え方になるのだろうか、芸術性や感性の所在というものは何かしらの形として残さない限り何れ風化すると察する。幸い私は今のところ写真を趣味とし、それらは芸術や感性と掛け離れた稚拙な内容ではあるが、後々に残る何かしらの形のひとつかも知れない。


併しデジカメが主流である現在に於いて、PCの中に保存したままでは残る形のひとつにならないと思う。というのもそのPCのオーナーが亡くなった際、残された家族や親戚などなどPCを必要とする人だけしか電源をONにすることはないだろう。更には写真を見るのは写真が好きな人間くらいで、容量の多い画像データは削除される、ないしもっと云えばPC自体が廃棄処分になる可能性も高い。


個人的な考え方としてカメラで撮ったPC内のデータは画像であり、プリントして初めて写真になると思っている。つまり芸術性や感性の所在を何かしらの形として残そうとする場合、老若男女、誰もが手にすることが出来る写真という形に置き換える必要がある。


これらは死後云々のことだけではなく、3.11の際、停電で電気が無ければ何も見ることが出来ないデジタル機器の無能さを改めて気付き、もしかして焦燥した中で昔々撮った風景でも眺めればちょっとは気持ちが変わっていたかも知れない。また話しの流れがやや異なるが、以前の記事で二重三重のバックアップが必要と記したように、プリントもバックアップの一つと云える。

この数年、毎月三枚程を選び四切りでプリントしている。裏には撮影月日と場所、そして露出データを貼り付け一枚一枚をビニール袋に入れ保管する。発表や展示などなど特にそういったことには興味が無く、会社のホワイトボードに磁石で数枚張っておく位だが、来社する人の中には今月はどんな写真かと楽しみにしている人もおられるようだ。


然るに私にとっての写真とは、何時でも誰でも直ぐに手にとって見れる状態にあるものであり、データ=画像以上の写真と成り得るものを撮り、プリント=選択の目を肥やそうと心掛ける。

大沼郡会津美里町 蓋沼森林公園+etc

今日は03:00起床、且つ奥方同伴で出掛ける。最初の行き先は耶麻郡磐梯町”磐梯吾妻レークライン”、三湖パラダイス周辺から見下ろす秋元湖。

期待する霧は湖面から立ち昇っているものの、山々を覆い隠すような状況になるにはまだ季節が早いといった感じであり、早々と山を下り桧原湖の細野地区へ向かう。

細野地区には多くのカメラマンがおり、特に県外Noの車や遠くからの宿泊客が多いように見えた。併しながら例年だと今頃はもっと水位があり景観的に良いのだが、今年はイマイチといった感じだ。従って山頂から登る太陽を撮るには撮ったがMain Blogへupする程の内容とはならなかった。

先に書いたように今日は奥方も一緒なので、撮影とロケハンの両方を兼ねる予定を組んだのだが、次は磐梯山ゴールドラインを通り耶麻郡磐梯町大字磐梯字寺西”慧日寺”へ行く。場所はいつも通っている県道7号線、道の駅ばんだいの近くとなり始めての訪問となる。
とはいえ時間は早朝06:20、当然のことながら開園している訳も無く、柵越しに復元された金堂を眺め、周囲の寺院や仁王門を見て歩く。

猪苗代湖へ戻り、郡山市湖南町中野字向町地内の梅花藻を見る。私は数年前に来たことがあるが、今回奥方が付いてきたのは此処が目的でもある。例年なら六月から咲き始めるのだが、今年は四月頃から咲いたようだ。景観としては水量が少なく葉が綺麗に流動せず塊のようになってしまい、思い描くイメージとは異なった。


奥方は話し好きの老女や小川沿いにある家の方と話し込み、発泡スチロール箱一杯の山野草を頂いたようだ。傍らで撮影中の私は蛇を踏んづけてしまったりと、日曜の朝の集落はとても長閑であります。

私の今日の目的は先週と同様、大沼郡会津美里町八木沢字七窪”蓋沼森林公園”から見下ろす只見線であり、その時間まで近くの会津美里町雀林三番山下”法用寺三重塔”へ回る。
今年の冬以来であるが、何とトイレが新しくなり休憩所も設置されていた。休憩所は施錠されているがトイレは使用可能となっており、近くにはコンビニがないためとても便利となりました。


蓋沼森林公園で列車の通行時刻である下り13:30、上り14:07まで休んでいると、次々と車がやってくる。私は知らなかったのだが、今日はSL走行の最終日だったようだ。多くの人は朝の走行を国道252号線の只見川沿いで撮影の後、此処で夕方の便を待つようだ。


特にSLに興味はなく次の予定もあり、撮影場所を仙台から来た初老の方に譲り山を降りる。先週も書いたが公園への曲がりくねった細い山道には多数の車が列を成して停められ、かなりの迷惑且つ通行妨害となっていた。詰まるところ世間で云われるように撮鉄のマナーはあまり宜しくないと思う。


「田 園」~ F10・SS1/160・ISO200 ~


公園にて食事をしていたご婦人方曰く、スッキリとした天候なら凡そ直線距離で15km離れた会津若松市河東町”会津村”の観音像がハッキリ見えるようだが、先週も今日も霞がかった光景は眼下の田んぼや線路でさえコントラストの映えない状況だ。


撮影はC-PLを使い田んぼの水面の表情をコントロール、照り返し除去でなく反射する効果とした。最初の下り車輌撮影の直前、急にシャッターが切れなくなった。電源もOFFにならず電池を取り出した後に復活したものの、下り列車には間に合わなかった。おそらく何らかのエラーが発生したと思うが、上り車輌撮影の際は何事もなかった。


レタッチは先に述べたように低コントラスト状況のため全体のコントラストを+補正。更に歪みと傾き補正の後に田んぼの色調をやや+補正の後、中央部分のみアンシャープネスを僅かに施す。

夕景目的で会津若松市湊町大字平潟字東田面の猪苗代湖畔へ向かう。此処はあまり知られていないというか、個人的My湖畔といった場所であるが、予報通り夕方から天候が悪くなり、厚雲が空全体を覆い全くダメでした。


結果として今回Main BlogにUpする画像は、蓋沼森林公園から撮った田園と只見線の一枚だけとなりました。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。

今更のIDE接続HD

現在PCのバックアップは↓画像のようになっている。

仕事で使う一号機とプライベートの二号機はNASのHDで共有、文章データやちょっとしたJPEGなどが主となる一号機のデータはそのNASへのバックアップの他、二号機を通してAとBの外付けHDにも行っている。

反対にブログへupした記事やJPEG、そして動画など二号機のデータもNASとAとBの外付けHDに行う。また写真で一番重要なRAWデータは青色の三箇所に保管している訳だが、様々な各種データは二重三重にバックアップを行い、最悪二つが壊れても何とかなるといった構成だ。

さてUSBより電源を供給する2.5inchの外付けHDはあるのだが、大きいデータは電圧不足で満足に動かなくなり、動画・映像・音楽など編集中のデータの保管場所としてもう一つ外付けHDを増設することにした。

という訳でジャンク箱を物色するとIDE接続の外付けHDケースが二つあり、HD本体の単価をネットで調べてみると容量によっては結構なお値段。
そんな時はヤフオクといことで、早速HITACHIの500G(中古)を2.200円で落札、マスターやスレーブ設定のジャンバピンを久々に見たというか、その存在がとても懐かしい。

まずは起動を確認しフォーマットを行う。結果、特に問題なく使えそうだ。

一般的にHDは55℃以上の環境で使うと寿命が極端に短くなると云われる。単にバックアップだけなら短時間の稼動で済むが、何等かの作業の間ずっと動いているとなると特にこれからの季節はかなり熱くなる。
PCケース内のHDはファンを設置し冷却を行っているが、取り合えず↑画像のように外側のカバーを装着しないで使うことにした。因みに手前の2.5inch HDに電力を供給、PCを介して増設したHDにデータを送っている様子。


所でバックアップのソフトは昔からシンプルで使い易い「BunBackup」を使っている。64bit用verもあるが、私の64bit環境では以前からのverでも問題なく動作している。

大沼郡昭和村 ”村の駅 味楽”

三月以来となる味楽、その際にも書いた通りサッパリした味わいは個人的にストライクゾーンというか、○○系とかこってり系とか拘り過ぎて空回りした味とは一線を画する。

店頭と店内。惣菜や各食品を販売する店舗となっており、テーブルは下画像の右側に大きな卓、左側には四人卓とカウンターがある。

味が素朴ならメニューも素朴であります。前回・前々回とも品切れとなっていた”でっけ~!田舎おにぎり”目的で今日は一番乗りする。

上、サッパリ田舎ラーメン、下がそのおにぎり。大きくて食べ切れない際は持ち帰るかと思っていたが、普通茶碗に一杯半くらいの大きさだろうか、コンビニのおにぎりなら二個分といった感じだ。メニューでは味噌やしょう油もあり、しょう油は焼きおにぎりになるのだろうか、次回確認したい。


さておにぎりの脇にある味噌漬、これが好きなんだなぁ‥。キュウリや大根なら尚のことだが、田舎の消防団を経験したことがある方なら分かるか否か、火災の際の炊き出しと味噌漬けの味が忘れられない。急いで炊いた米には芯があり、塩をまぶしたかどうか分からないようなご飯の塊は火事の燻したような匂いが混ざり合い、そして自家製の味噌漬けのマッチングが夜を徹した空腹には何ともいえない満足感があったものだ。


話しが脱線してしまったが昨今の塩分を遠慮する風潮に於いて、血圧が上がろうが肉体疲労時のしょっぱい味噌漬けは最高に美味い!


大沼郡昭和村大字下中津川字沖966 木曜定休

耶麻郡北塩原村 桧原湖+etc

03:30に目を覚まし、30分ほどああだこうだとしている内に二度寝、予定していた磐梯吾妻レークラインは取り止め、急きょ大沼郡会津美里町八木沢字七窪の蓋沼森林公園へ06:30頃より出かける。


蓋沼森林公園は初めての場所であり、眼下に田園地帯を走る只見線を見ることが出来る。凡その場所としては三重塔の撮影で時折り行く大沼郡会津美里町雀林三番山下”法用寺”の近くであり、その法用寺を目安に行くと蓋沼森林公園の案内が各所にあるが、山崩れで通行止めとなっており旧道を登るようになる。因みにこの旧道、細いので車輌等の交互通行には注意が必要。

到着して初めて分かることだが、只見線の線路がどれだかさっぱり分からない。双眼鏡で眺めてもダメであり、たまたま居た地元の若い夫婦に聴いて要約理解、画像上部の車輌が停まっている箇所が会津高田駅になる。望遠を使っても被写体までの距離があるため画質は芳しくない。よって適度な焦点距離と構図が大事であると次回への布石にする。


国道401号線で大沼郡昭和村へ行く。昼食後、国道400号線から国道252号線にて大沼郡金山町大塩字上ノ山の天然炭酸水と大塩の滝沢川にある甌穴に寄る。

一昨年は水量があって美味しかったのだが、昨年は何度行ってもちょうど今頃から渇水状態が続き飲むことが出来なかった。今日も水位は低く鉄分の味が強かった。

滝沢川の甌穴、何度か撮影を試みるが水量や陽射しの具合などなど度々うまく行かない。今日も雲ひとつ無い空模様に輝度差が生じ撮影は諦めたのだが、此処はほぼ国道252号線沿いでもあり何れ機会があればまた来てみたい。

南会津郡只見町から国道289号線、国道401号線を使い、南会津郡南郷町より国道352号線で南会津郡南会津町伊与戸へ向かう。春と秋、道沿いにある旧い物置を撮影しているのだが、横構図ないし縦構図にしても狭い画角で撮るのは上画像のように向かって左側にビニールハウスがあるからだ。
このビニールハウス、2014年には無かったのだが、この年の冬以降、広々とした構図による撮影が出来なくなってしまった。


「風渡ル」~ F10・SS1/60・ISO200・C-PL ~


今回は道路を挟んだ位置から撮影した。先に書いたように構図が限定されるために縦構図でフレーミングを行う。あまりにも天候が良すぎるため雲の出現を待ち、背景の山々に陽が射す位置やタイミングを見計らいながらの撮影となった。


レタッチは全体的に明度を+補正、色調と彩度はやや-補正、その分中央部分のコントラストをやや+補正。また中央部を除き僅かにソフトフォーカス化を施す。


会津若松市内、猪苗代湖、桧原湖の何れかで夕景を撮ろうと国道121号線、国道118号線で若松市内に戻る。雲が全くない空を見て期待するような夕景は見れないと判断し、磐梯山ゴールドラインを使い耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯の桧原湖東岸へ向かう。


会津若松市内、猪苗代湖、桧原湖の何れかで夕景を撮ろうと国道121号線、国道118号線で若松市内に戻る。雲が全くない空を見て期待するような夕景は見れないと判断し、磐梯山ゴールドラインを使い耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯の桧原湖東岸へ向かう。


水量はだいぶ増えてきたのか、艀が湖岸に上がった状態になっていた。これから水量が少なくなるに連れ、艀は徐々に沖の方へと移動して行く。夕陽は予想通り雲が無いので期待するような内容にはならなかった。それでも色々と撮影方法を変え暗くなるまで居たのだが、蚊がかなり飛び交いもう夏なんだと感じた。


「もう夏だと思ふ ①」~ F10・SS25・ISO100・C-PL+ND400+HALF ND4 ~


「もう夏だと思ふ ②」~ F10・SS8・ISO200・C-PL+ND400 ~


レイクランドヒバラがある桧原湖東岸での撮影。日没前より撮影を始めたが、upした各画像の撮影時間は18:30以降となる。夕焼けは雲の反射が重要であるが、その雲の出現が期待できず夕刻ではあるもののND400を使用し暗い露出で赤を色濃く表現する。尚①は手持ちでHALF ND4を使用する。


①②とも全体的に赤を+補正の後、水平線の周囲を除き青を段階的に+補正。①は下から上にかけて明度を段階的に-補正。また②は撮影時の露出では追い付かず暗くなってしまった枝上部の明度を+補正、更にアンシャープネスを施す。


@タイトル付きの画像はMain Blogをご覧下さい。