朝夕の光に恵まれず

13日の日曜、先週も行った磐梯吾妻スカイラインへ早朝より向かう。今日は野地温泉側から登ったが、浄土平近辺の紅葉は散り始めといった雰囲気なのでそのままつばくろ谷へと向かう。

不動沢橋の上から谷間を望む。眼下には落差15m程の不動沢の滝が流れ、100%の色付きとまでは行かないが緑とのコントラストが美しい。因みに晴れたり曇ったり、そして雨が降ったり止んだりと全く安定しない天候で撮影は早々と中止、気が付くと周辺は渋滞が起きる程に混み始めていた。

帰宅後、家人と二本松の鈴石屋に行く。蕎麦が売り物であるが、数十年前に食べたカツ丼を思い出したからだ。

併しコロモは一部焦げていたりと昔の面影は全くない代物だった。視覚的に美味そうに見えないように味も特に特徴がない。冷たい蕎麦が付いているが、この蕎麦も蕎麦の味がせず何を食べているのか分からないものであった。次から次と客が来る有名店であるが、個人的に再訪は無いです。

14日は朝三時に起き出し秋元湖へ向かう。朝陽と朝靄の撮影でお日柄も良くといった感じだったが、予想に反し全く焼けません。因みに着いた時は暗闇に一人であったが、何時の間にか多くの人達が三脚を並べていた。

続いて前々より目を付けていた県道376線 湖南~湊線沿いから望む猪苗代湖と磐梯山であるが、夕景を予定しておりかなりの長時間をあちこちで潰すものの、結局夕暮れの空は染まらず状態であった。


思うにここ暫く朝夕の光に恵まれず、消化不良の色合いばかりになっている。今日は暗い内からの撮影となったが、世の中そんなもんかも知れないなぁ。




風に語りて - Talk to the Wind -