いわき市小名浜 ”支那そば 一力”

今回は一ヶ月強ぶりの再訪。いつもは一人だが今回はサマオクと同伴。というか、最近サマオクとの外食が良い所に当たらず、間違いない店を選んだ。

入店すると食券販売機があり、師である佐野実氏の写真が飾られている。度々食券購入システムに意義を唱える私であるるが、メニュー数やトッピングの種類が少なければ迷うこともなく特に面倒だとは思わない。

明るい店内。客席は四人及び六人席テーブルが二卓ずつ、他は十席のカウンターになる。入店した11:30頃はこんな感じだったが直ぐに満席、美味い店には客が来ます。

メニューは醤油ラーメンがメインとなり、4月~11月は塩ラーメン(画像上)、12月~3月は味噌ラーメン(画像下)が加わる。今回はメニューと別表示されている特ラーメンをサマオク共々オーダーする。


特ラーメン @1.000円


特ラーメンの内容はチャーシューとワンタン、そしてトッピングである煮玉子が乗る。因みにチャーシューメンはチャーシュー三枚で950円、特ラーメンも三枚で1.000円なら断然こちらの方がお得だと思う。


琥珀色に輝くスープを一口、煮干、鶏、豚からなるあっさりしながらも深みのある上品な味は毎度ブレがなく、優しくスウッと胃袋に流れます。始めて食べるワンタンは生地や肉に癖がなく、その大きさなど食べやすく美味かったです。

麺はいつもの中太ストレート。しっかりとした噛み応えは歯切れもよく、ストレートながらスープと絡みます。食べログなどでは開店時と異なり、例えば小麦粉などコスト面から海外の食材に変わったと記されている。併し私は支那そばやの味を知らず、これでも十分美味しいと思う。
煮玉子も今回初めてだが、煮詰まり過ぎない適度な味わいと黄身がトロトロのビジュアルはとても良く、先述したように暫し外れ続きの外食だが、サマオクは久々に美味しいラーメンだと言いながら食べておりました。


いわき市小名浜中町境4-11 月曜・第三火曜定休