いわき市好間町 ”麺屋 海山”

旧国道49号線沿いにある海山、桜エビが乗ったラーメンは如何なものかと初訪問。同じ敷地内の接骨院と共用の駐車場はとても狭いのだが他に二箇所ある。

一見するとこじんまりした店構えだが、中に入ると画像の右奥の方にもスペースがあった。客席は確認に至らず仕舞いだがカウンター15席、四人テーブル五卓、ちょっとしたカフェのようにお洒落な空間です。

開店前に並んだ際、常連客から個人的に醤油、そして炒飯が美味しいとの情報を得、醤油海山ラーメンと半チャーハンを注文する。

醤油海山ラーメン 715円、半チャーハン スープなし380円。

カイワレの緑と桜エビの赤が映え、ビジュアルは良好です。スープは見た目通りエビの味わいが口内に広がり、続いて二番手を期待するがこれといった変化がない。エビの味をカイワレが抑えてしまうので尚更だが、肩透かしを食ったような感覚。
早い話しあさっりしていてコクが感じられない。メニュー表に味の濃さなども調整できると書かれているが、次回はそれらを大いに活用したい。


チャーシューは程よく煮込まれややとろける形状、併しながらスープと同様といってよいのか味が染みておらずイマイチ感が募る。ストレート中太麺は適度にスープに絡み、これで味がもうちょい濃かったら言うことなしだ。
半チャーハンとはいえご飯茶碗くらいの量はあり、一般的チャーハンのイメージ通りで美味かったです。この味ならチャーハンと餃子といったオーダーも良いなと思いつつ、味濃い目の塩海山ラーメンも気になるところだ。


いわき市好間町下好間字鬼越89-3 月曜定休


風に語りて - Talk to the Wind -